シールドトンネルの擬似三次元構造解析手法に関する研究 shirudo ton'neru no giji sanjigen kozo kaiseki shuho ni kansuru kenkyu

この論文をさがす

著者

    • 堀地, 紀行 ホリチ, ノリユキ

書誌事項

タイトル

シールドトンネルの擬似三次元構造解析手法に関する研究

タイトル別名

shirudo ton'neru no giji sanjigen kozo kaiseki shuho ni kansuru kenkyu

著者名

堀地, 紀行

著者別名

ホリチ, ノリユキ

学位授与大学

早稲田大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

乙第962号

学位授与年月日

1993-03-04

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文目次 / (0003.jp2)
  2. 第一章 序論 / p1 (0005.jp2)
  3. 1.1 はじめに / p1 (0005.jp2)
  4. 1.2 既往の研究 / p3 (0007.jp2)
  5. 1.3 本研究の目的と論文の構成 / p7 (0011.jp2)
  6. 第二章 擬似三次元構造モデルとその適用 / p9 (0013.jp2)
  7. 2.1 擬似三次元構造モデルと等価弾性ばね定数 / p9 (0013.jp2)
  8. 2.2 はり理論による等価弾性ばね定数 / p11 (0015.jp2)
  9. 2.3 シェル理論による断面変形を支配する等価弾性ばね定数 / p13 (0017.jp2)
  10. 2.4 はり理論を拡張した、断面変形考慮の等価弾性ばね定数 / p23 (0027.jp2)
  11. 2.5 実際に適用できる事例 / p27 (0031.jp2)
  12. 第三章 併設シールドトンネルの現場計測による先行トンネルに及ぼす局所偏荷重の評価 / p33 (0037.jp2)
  13. 3.1 現場計測の概要と目的 / p33 (0037.jp2)
  14. 3.2 後続シールド機掘進にともなう地中応力の変化 / p39 (0043.jp2)
  15. 3.3 先行トンネルに作用する負荷応力 / p41 (0045.jp2)
  16. 3.4 先行トンネルの周方向曲げモーメントの変化 / p45 (0049.jp2)
  17. 3.5 先行トンネルに作用する局所偏荷重のモデル化 / p51 (0055.jp2)
  18. 3.6 室内継手性能試験と継手のばね定数の評価 / p54 (0058.jp2)
  19. 第四章 併設シールドトンネルの現場計測結果と解析結果との比較と考察 / p62 (0066.jp2)
  20. 4.1 検証の過程 / p62 (0066.jp2)
  21. 4.2 施工直後単線状態にある先行トンネルの周方向曲げモーメント / p63 (0067.jp2)
  22. 4.3 後続シールド通過時における先行トンネルの周方向曲げモーメント / p65 (0069.jp2)
  23. 4.4 解析に用いる諸定数 / p70 (0074.jp2)
  24. 第五章 結論 / p73 (0077.jp2)
  25. 付録 擬似三次元構造モデルの地震応答解析への適用 / p79 (0083.jp2)
  26. A.1 シールドトンネルの地震応答解析の現況 / p79 (0083.jp2)
  27. A.2 シールドトンネルの地震時挙動 / p80 (0084.jp2)
  28. A.3 シールドトンネルの擬似三次元地震応答解析モデル / p82 (0086.jp2)
3アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000097465
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000097694
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000261779
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ