染料転写型記録における記録機構の研究

この論文をさがす

著者

    • 江頭, 典孝 エガシラ, ノリタカ

書誌事項

タイトル

染料転写型記録における記録機構の研究

著者名

江頭, 典孝

著者別名

エガシラ, ノリタカ

学位授与大学

東京農工大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

甲第44号

学位授与年月日

1993-03-25

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 〈目次〉 / p1 (0003.jp2)
  2. 記号の説明 / p5 (0005.jp2)
  3. 第1章 序論 / p1 (0007.jp2)
  4. 1.1 本研究の背景 / p1 (0007.jp2)
  5. 1.2 本研究の目的、意義 / p4 (0009.jp2)
  6. 1.3 本論文の概要 / p5 (0009.jp2)
  7. 第2章 染料転写型記録方式の基本特性 / p7 (0010.jp2)
  8. 2.1 まえがき / p7 (0010.jp2)
  9. 2.2 染料転写型記録方式の原理と特徴 / p7 (0010.jp2)
  10. 2.3 印画媒体、実験装置及び測定方法 / p9 (0011.jp2)
  11. 2.4 サーマルヘッド染料転写型記録実験 / p16 (0015.jp2)
  12. 2.5 各種感熱記録方式の比較 / p22 (0018.jp2)
  13. 2.6 要約 / p25 (0019.jp2)
  14. 第3章 染料転写型記録における記録機構 / p26 (0020.jp2)
  15. 3.1 まえがき / p26 (0020.jp2)
  16. 3.2 実験装置及び測定方法 / p27 (0020.jp2)
  17. 3.3 染料転写開始温度と染料層、受容層樹脂のガラス転移温度との関係 / p32 (0023.jp2)
  18. 3.4 染料転写量と染料層、受容層樹脂のガラス転移温度との関係 / p34 (0024.jp2)
  19. 3.5 染料リボンと受像紙界面接触状況と染料転写挙動の関係 / p42 (0028.jp2)
  20. 3.6 熱分析(DSC、TG測定)によ染料転写機構の検討 / p45 (0029.jp2)
  21. 3.7 樹脂中での染料拡散性の評価 / p48 (0031.jp2)
  22. 3.8 印画媒体基材と染料転写量の関係 / p50 (0032.jp2)
  23. 3.9 要約 / p54 (0034.jp2)
  24. 第4章 数値計算によ染料転写型記録システムの解析 / p56 (0035.jp2)
  25. 4.1 まえがき / p56 (0035.jp2)
  26. 4.2 定温圧着試験機における数値計算 / p56 (0035.jp2)
  27. 4.3 サーマルヘッドでの通電条件と発熱の関係 / p64 (0039.jp2)
  28. 4.4 レーザー系での熱、及び染料転写の解析 / p83 (0048.jp2)
  29. 4.5 要約 / p122 (0068.jp2)
  30. 第5章 高速・高解像性染料転写型記録法 / p123 (0068.jp2)
  31. 5.1 まえがき / p123 (0068.jp2)
  32. 5.2 サーマルヘッド染料転写での通電方法の検討 / p123 (0068.jp2)
  33. 5.3 抵抗体リボンによる通電発熱記録の検討 / p145 (0079.jp2)
  34. 5.4 半導体レーザーによる記録検討 / p152 (0083.jp2)
  35. 5.5 要約 / p161 (0087.jp2)
  36. 第6章 結論 / p162 (0088.jp2)
  37. 参考文献 / p165 (0089.jp2)
  38. ABSTRACT / p168 (0091.jp2)
  39. 謝辞 / p169 (0091.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000097486
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000097715
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000261800
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ