放電点検出による放電加工現象の解明

この論文をさがす

著者

    • 小島, 弘之 コジマ, ヒロユキ

書誌事項

タイトル

放電点検出による放電加工現象の解明

著者名

小島, 弘之

著者別名

コジマ, ヒロユキ

学位授与大学

東京農工大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

甲第46号

学位授与年月日

1993-03-25

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p2 (0004.jp2)
  2. 1 序論 / p1 (0012.jp2)
  3. 1.1 放電加工 / p1 (0012.jp2)
  4. 1.2 放電加工の加工原理 / p2 (0013.jp2)
  5. 1.3 放電加工機 / p6 (0017.jp2)
  6. 1.4 現在の放電加工が抱える問題と放電点検出の必要性 / p11 (0022.jp2)
  7. 1.5 本研究の目的および本論文の構成 / p12 (0023.jp2)
  8. 2 分割給電法による放電点位置検出 / p16 (0027.jp2)
  9. 2.1 従来の放電点検出法とその問題点 / p16 (0027.jp2)
  10. 2.2 分割給電法による放電点検出の原理 / p18 (0029.jp2)
  11. 2.3 放電点検出における電位差法および電流法の検出特性 / p22 (0033.jp2)
  12. 2.4 放電初期での測定 / p23 (0034.jp2)
  13. 2.5 銅電極を用いた測定 / p23 (0034.jp2)
  14. 2.6 給電線の長さの影響 / p28 (0039.jp2)
  15. 2.7 パルス立上がり時の測定による電位差法と電流法の比較 / p30 (0041.jp2)
  16. 2.8 分割給電法による放電点検出システム / p33 (0044.jp2)
  17. 2.9 本システムによる放電点の一次元的分布の検出 / p41 (0052.jp2)
  18. 2.10 本システムを用いた放電点の二次元的分布の検出 / p47 (0058.jp2)
  19. 2.11 第2章のまとめ / p55 (0066.jp2)
  20. 3 放電加工における複数放電の検出 / p57 (0068.jp2)
  21. 3.1 複数放電の分類と検出 / p57 (0068.jp2)
  22. 3.2 実験方法 / p58 (0069.jp2)
  23. 3.3 放電点移動の出現頻度 / p60 (0071.jp2)
  24. 3.4 放電点移動の時期 / p63 (0074.jp2)
  25. 3.5 第3章のまとめ / p65 (0076.jp2)
  26. 4 放電点検出による放電偏在現象の解明 / p67 (0078.jp2)
  27. 4.1 異常放電と放電偏在現象 / p67 (0078.jp2)
  28. 4.2 放電偏在現象の観察 / p71 (0082.jp2)
  29. 4.3 放電偏在状態から異常放電状態への推移 / p87 (0098.jp2)
  30. 4.4 第4章のまとめ / p110 (0121.jp2)
  31. 5 様々な加工形態における放電点推移 / p112 (0123.jp2)
  32. 5.1 観察を行った加工形態および加工条件 / p112 (0123.jp2)
  33. 5.2 極間に噴流を与えた加工 / p114 (0125.jp2)
  34. 5.3 分割された加工面をもつ場合 / p117 (0128.jp2)
  35. 5.4 横加工の場合 / p119 (0130.jp2)
  36. 5.5 第5章のまとめ / p123 (0134.jp2)
  37. 6 結論 / p126 (0137.jp2)
  38. 謝辞 / p131 (0142.jp2)
  39. 本論文に関連して発表した論文リスト / p137 (0148.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000097488
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000097717
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000261802
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ