Quasi-irreversible inactivation of the sarcoplasmic reticulum Ca[2+]-ATPase by simultaneous tight binding of magnesium and fluoride to the catalytic site 筋小胞体Ca[2+]-ATPaseの触媒部位へのマグネシウムとフッ素の強固な同時結合による準非可逆的不活性化

この論文をさがす

著者

    • 久保田, 達也 クボタ, タツヤ

書誌事項

タイトル

Quasi-irreversible inactivation of the sarcoplasmic reticulum Ca[2+]-ATPase by simultaneous tight binding of magnesium and fluoride to the catalytic site

タイトル別名

筋小胞体Ca[2+]-ATPaseの触媒部位へのマグネシウムとフッ素の強固な同時結合による準非可逆的不活性化

著者名

久保田, 達也

著者別名

クボタ, タツヤ

学位授与大学

旭川医科大学

取得学位

博士 (医学)

学位授与番号

甲第124号

学位授与年月日

1993-03-25

注記・抄録

博士論文

2アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000097679
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000097908
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000261993
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ