自動車用ヘッドアップディスプレイにおける視覚情報受容に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 岡林, 繁 オカバヤシ, シゲル

書誌事項

タイトル

自動車用ヘッドアップディスプレイにおける視覚情報受容に関する研究

著者名

岡林, 繁

著者別名

オカバヤシ, シゲル

学位授与大学

名古屋大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

乙第4392号

学位授与年月日

1993-05-14

注記・抄録

博士論文

名古屋大学博士学位論文 学位の種類:博士(工学) (論文) 学位授与年月日:平成5年5月14日

目次

  1. 目次 / p2 (0004.jp2)
  2. 表目次 / p10 (0008.jp2)
  3. 図目次 / p12 (0009.jp2)
  4. 第1章 序論 / p1 (0012.jp2)
  5. 1.1 はじめに / p1 (0012.jp2)
  6. 1.2 航空機用ヘッドアップディスプレイ / p6 (0015.jp2)
  7. 1.3 研究の背景 / p8 (0016.jp2)
  8. 1.4 用語の定義 / p10 (0017.jp2)
  9. 1.5 従来までの研究 / p13 (0018.jp2)
  10. 1.6 本研究の考え方 / p21 (0022.jp2)
  11. 2章 評価装置の開発 / p27 (0025.jp2)
  12. 2.1 はじめに / p27 (0025.jp2)
  13. 2.2 評価装置開発の考え方 / p28 (0026.jp2)
  14. 2.3 前景視標の呈示領域 / p28 (0026.jp2)
  15. 2.4 前景背景地の明るさ / p33 (0028.jp2)
  16. 2.5 前景視標と表示像視標 / p35 (0029.jp2)
  17. 2.6 視標の呈示時間 / p36 (0030.jp2)
  18. 2.7 評価装置の構成 / p37 (0030.jp2)
  19. 2.8 正答率の定義 / p42 (0033.jp2)
  20. 2.9 実験手順 / p45 (0034.jp2)
  21. 2.10 評価尺度の精度 / p47 (0035.jp2)
  22. 2.11 実験車の試作 / p49 (0036.jp2)
  23. 2.12 まとめ / p52 (0038.jp2)
  24. 第3章 表示像距離変数の効果 / p53 (0038.jp2)
  25. 3.1 はじめに / p53 (0038.jp2)
  26. 3.2 実験の目的 / p54 (0039.jp2)
  27. 3.3 実験条件 / p54 (0039.jp2)
  28. 3.4 実験と結果 / p55 (0039.jp2)
  29. 3.5 考察 / p63 (0043.jp2)
  30. 3.6 まとめ / p68 (0046.jp2)
  31. 第4章 表示像俯角の最適領域 / p71 (0047.jp2)
  32. 4.1 はじめに / p71 (0047.jp2)
  33. 4.2 実験の項目 / p72 (0048.jp2)
  34. 4.3 実験条件 / p73 (0048.jp2)
  35. 4.4 実験Iと結果 / p75 (0049.jp2)
  36. 4.5 実験IIと結果 / p83 (0053.jp2)
  37. 4.6 考察 / p87 (0055.jp2)
  38. 4.7 まとめ / p92 (0058.jp2)
  39. 第5章 マイナプロセスでのヘッドアップディスプレイ / p95 (0059.jp2)
  40. 5.1 はじめに / p95 (0059.jp2)
  41. 5.2 実験の構成 / p96 (0060.jp2)
  42. 5.3 実験条件 / p98 (0061.jp2)
  43. 5.4 実験手順 / p100 (0062.jp2)
  44. 5.5 実験結果 / p101 (0062.jp2)
  45. 5.6 考察 / p111 (0067.jp2)
  46. 5.7 まとめ / p115 (0069.jp2)
  47. 第6章 前景と表示像の重畳の効果 / p117 (0070.jp2)
  48. 6.1 はじめに / p117 (0070.jp2)
  49. 6.2 実験条件の設定 / p119 (0071.jp2)
  50. 6.3 評価実験装置 / p125 (0074.jp2)
  51. 6.4 中心視による視標認識実験(ケース1) / p125 (0074.jp2)
  52. 6.5 周辺視による知覚実験(ケース2) / p129 (0076.jp2)
  53. 6.6 考察 / p134 (0079.jp2)
  54. 6.7 まとめ / p140 (0082.jp2)
  55. 第7章 実車走行実験による検証と評価 / p141 (0082.jp2)
  56. 7.1 はじめに / p141 (0082.jp2)
  57. 7.2 実験1 / p143 (0083.jp2)
  58. 7.3 実験2 / p158 (0091.jp2)
  59. 7.4 考察 / p161 (0092.jp2)
  60. 7.5 まとめ / p164 (0094.jp2)
  61. 第8章 視覚光学モデル / p167 (0095.jp2)
  62. 8.1 はじめに / p167 (0095.jp2)
  63. 8.2 従来仮説による解釈 / p169 (0096.jp2)
  64. 8.3 焦点調節量と視線移動量の定量的な把握 / p169 (0096.jp2)
  65. 8.4 従来仮説の問題点 / p173 (0098.jp2)
  66. 8.5 視覚光学モデル / p178 (0101.jp2)
  67. 8.6 実験1 / p182 (0103.jp2)
  68. 8.7 実験2 / p183 (0103.jp2)
  69. 8.8 考察 / p192 (0108.jp2)
  70. 8.9 まとめ / p195 (0109.jp2)
  71. 第9章 優位性のメカニズム / p197 (0110.jp2)
  72. 9.1 はじめに / p197 (0110.jp2)
  73. 9.2 実験系設定の考え方 / p199 (0111.jp2)
  74. 9.3 実験装置と手順 / p199 (0111.jp2)
  75. 9.4 実験結果 / p201 (0112.jp2)
  76. 9.5 考察 / p210 (0117.jp2)
  77. 9.6 まとめ / p219 (0121.jp2)
  78. 第10章 自動車用ヘッドアップディスプレイの開発 / p221 (0122.jp2)
  79. 10.1 はじめに / p221 (0122.jp2)
  80. 10.2 開発課題 / p222 (0123.jp2)
  81. 10.3 構成と構造 / p225 (0124.jp2)
  82. 10.4 搭載ヘッドアップデイスレイ / p240 (0132.jp2)
  83. 10.5 まとめ / p240 (0132.jp2)
  84. 第11章 結論 / p243 (0133.jp2)
  85. 謝辞 / p249 (0136.jp2)
  86. 参考文献 / p251 (0137.jp2)
  87. 著者論文等目録 / p269 (0146.jp2)
4アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000097754
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000097983
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000262068
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ