電力用遮断器・開閉器に用いられる真空バルブの信頼性向上に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 大川, 幹夫 オオカワ, ミキオ

書誌事項

タイトル

電力用遮断器・開閉器に用いられる真空バルブの信頼性向上に関する研究

著者名

大川, 幹夫

著者別名

オオカワ, ミキオ

学位授与大学

名古屋大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

乙第4412号

学位授与年月日

1993-06-01

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 第1章 緒論 / p1 (0005.jp2)
  3. 1.1 まえがき / p1 (0005.jp2)
  4. 1.2 真空遮断器、真空開閉器ならびに真空バルブ / p2 (0006.jp2)
  5. 1.3 真空バルブの変遷 / p9 (0009.jp2)
  6. 1.4 真空バルブの技術的課題 / p14 (0012.jp2)
  7. 1.5 本研究の内容 / p22 (0016.jp2)
  8. 第1章の文献 / p24 (0017.jp2)
  9. 第2章 面積効果仮説による真空絶縁耐力の推定 / p28 (0019.jp2)
  10. 2.1 まえがき / p28 (0019.jp2)
  11. 2.2 本章に用いる記号と用語 / p32 (0021.jp2)
  12. 2.3 絶縁破壊電圧の測定 / p33 (0021.jp2)
  13. 2.4 電界放出電流と電界増大係数 / p39 (0024.jp2)
  14. 2.5 局部破壊電界強度 / p49 (0029.jp2)
  15. 2.6 真空バルブの絶縁設計に対する応用 / p53 (0031.jp2)
  16. 2.7 結論 / p53 (0031.jp2)
  17. 第2章の文献 / p55 (0032.jp2)
  18. 第3章 真空ギャップの絶縁特性に及ぼす真空中加熱処理の効果 / p57 (0033.jp2)
  19. 3.1 まえがき / p57 (0033.jp2)
  20. 3.2 大気との接触による電界放出電流および絶縁破壊電圧の変化 / p58 (0034.jp2)
  21. 3.3 真空中の加熱処理が絶縁破壊電圧に及ぼす効果 / p67 (0038.jp2)
  22. 3.4 真空中の加熱処理による電極表面の変化 / p67 (0038.jp2)
  23. 3.5 結論 / p71 (0040.jp2)
  24. 第3章の文献 / p73 (0041.jp2)
  25. 第4章 真空遮断器用CuCr接触子のコンディショニング効果 / p74 (0042.jp2)
  26. 4.1 まえがき / p74 (0042.jp2)
  27. 4.2 極間絶縁破壊電圧に対するコンディショニングの効果 / p76 (0043.jp2)
  28. 4.3 表面が平滑な電極による極間絶縁破壊電圧 / p79 (0044.jp2)
  29. 4.4 電界放出電流の測定 / p81 (0045.jp2)
  30. 4.5 表面粗さの測定 / p83 (0046.jp2)
  31. 4.6 接触面の観察 / p85 (0047.jp2)
  32. 4.7 接触面微細層の解析 / p86 (0048.jp2)
  33. 4.8 考察 / p91 (0051.jp2)
  34. 4.9 結論 / p94 (0053.jp2)
  35. 第4章の文献 / p96 (0054.jp2)
  36. 第5章 CuCrを使用した縦磁界型接触子のアーク特性と遮断性能 / p97 (0054.jp2)
  37. 5.1 まえがき / p97 (0054.jp2)
  38. 5.2 アーク電圧の測定 / p99 (0055.jp2)
  39. 5.3 残留電流の測定 / p103 (0057.jp2)
  40. 5.4 遮断試験 / p111 (0061.jp2)
  41. 5.5 コンデンサ開閉試験 / p112 (0062.jp2)
  42. 5.6 研究結果の応用 / p114 (0063.jp2)
  43. 5.7 結論 / p116 (0064.jp2)
  44. 第5章の文献 / p118 (0065.jp2)
  45. 第6章 真空バルブの内部圧力測定技術 / p120 (0066.jp2)
  46. 6.1 まえがき / p120 (0066.jp2)
  47. 6.2 真空バルブの内部圧力上昇原因 / p121 (0066.jp2)
  48. 6.3 真空バルブ内部圧力の測定 / p127 (0069.jp2)
  49. 6.4 真空バルブにおけるマグネトロン放電 / p131 (0071.jp2)
  50. 6.5 測定時の排気作用による圧力の変化 / p144 (0078.jp2)
  51. 6.6 真空バルブ内部圧力測定装置の開発 / p148 (0080.jp2)
  52. 6.7 経年品の品質調査 / p152 (0082.jp2)
  53. 6.8 結論 / p154 (0083.jp2)
  54. 第6章の文献 / p156 (0084.jp2)
  55. 第7章 真空遮断器による多重再発弧の解析とその抑制対策 / p157 (0084.jp2)
  56. 7.1 まえがき / p157 (0084.jp2)
  57. 7.2 多重再発弧サージの発生機構 / p159 (0085.jp2)
  58. 7.3 再発弧サージ / p167 (0089.jp2)
  59. 7.4 多重再発弧サージの三相シミュレーション / p169 (0090.jp2)
  60. 7.5 電動機巻線の再発弧サージ耐圧 / p181 (0096.jp2)
  61. 7.6 CRサージ・サプレッサ / p188 (0100.jp2)
  62. 7.7 CRサージ・サプレッサの定数の決定 / p190 (0101.jp2)
  63. 7.8 CRサージ・サプレッサの効果 / p195 (0103.jp2)
  64. 7.9 結論 / p198 (0105.jp2)
  65. 第7章の文献 / p200 (0106.jp2)
  66. 第8章 総括 / p202 (0107.jp2)
  67. 8.1 まえがき / p202 (0107.jp2)
  68. 8.2 面積効果仮説による真空絶縁耐力の推定 / p203 (0107.jp2)
  69. 8.3 真空ギャップの絶縁特性に及ぼす真空中加熱処理の効果 / p205 (0108.jp2)
  70. 8.4 真空遮断器用CuCr接触子の電流コンディショニングの効果 / p206 (0109.jp2)
  71. 8.5 CuCrを使用した縦磁界型接触子のアーク特性と遮断性能 / p207 (0109.jp2)
  72. 8.6 真空バルブ内部圧力の非接触型測定技術 / p208 (0110.jp2)
  73. 8.7 真空遮断器による多重再発弧の解析とその抑制対策 / p209 (0110.jp2)
  74. 8.8 今後の課題 / p210 (0111.jp2)
  75. 謝辞 / p213 (0112.jp2)
  76. 付録 CRサージ・サプレッサを設けた回路の非振動条件 / p214 (0113.jp2)
  77. 付録の文献 / p217 (0114.jp2)
  78. 本研究に関して発表した論文 / p218 (0115.jp2)
2アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000097774
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000098003
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000262088
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ