林分成長モデルに関する理論的研究

この論文をさがす

著者

    • 内藤, 健司 ナイトウ, ケンジ

書誌事項

タイトル

林分成長モデルに関する理論的研究

著者名

内藤, 健司

著者別名

ナイトウ, ケンジ

学位授与大学

東京大学

取得学位

博士 (農学)

学位授与番号

乙第10172号

学位授与年月日

1991-04-11

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 序章 / p1 (0004.jp2)
  3. 第1章 極値統計学からみた林分成長関数 / p4 (0007.jp2)
  4. 1.1 はじめに / p4 (0007.jp2)
  5. 1.2 Gompertz関数、 Weibull関数、 Richards関数の起源 / p5 (0008.jp2)
  6. 1.3 Weibull関数の拡張 / p8 (0011.jp2)
  7. 1.4 システムの寿命分布 / p15 (0018.jp2)
  8. 1.5 Fisher & Tippettによる極値分布の極限形の誘導 / p17 (0020.jp2)
  9. 1.6 Gumbelによる標本極値の漸近分布関数の誘導 / p19 (0022.jp2)
  10. 1.7 内藤による極値の漸近分布関数の誘導 / p22 (0025.jp2)
  11. 1.8 Richards関数,Weibull関数,Gompertz関数と漸近分布関数 / p28 (0031.jp2)
  12. 1.9 林分成長のシステム論的考察 / p30 (0033.jp2)
  13. 第2章 林分密度管理とロジスティック理論 / p32 (0035.jp2)
  14. 2.1 はじめに / p32 (0035.jp2)
  15. 2.2 植物成長のロジスティック理論 / p34 (0037.jp2)
  16. 2.3 Reineke式と3/2乗則、 V-n線の比較 / p39 (0042.jp2)
  17. 2.4 林学における林分密度管理図の展開とその間題点 / p41 (0044.jp2)
  18. 第3章 Richards関数に基づく林分成長モデルとw-N trajectory / p50 (0053.jp2)
  19. 3.1 はじめに / p50 (0053.jp2)
  20. 3.2 Richards関数の型分類とその特徴 / p51 (0054.jp2)
  21. 3.3 Richards関数に基づく林分成長モデル / p69 (0072.jp2)
  22. 3.4 減少型Richards関数と逆数式 / p74 (0077.jp2)
  23. 3.5 w-N trajectoryの曲線形と型分類 / p77 (0080.jp2)
  24. 3.6 w-N trajectoryの適用例 / p85 (0088.jp2)
  25. 第4章 最多密度曲線 / p91 (0094.jp2)
  26. 4.1 はじめに / p91 (0094.jp2)
  27. 4.2 林分成長モデルの改良 / p92 (0095.jp2)
  28. 4.3 w-N trajectoryと只木の式 / p96 (0099.jp2)
  29. 4.4 w-N trajectoryと最多密度曲線 / p98 (0101.jp2)
  30. 4.5 林分成長モデルのパラメータ推定法 / p101 (0104.jp2)
  31. 第5章 w-N曲線 / p107 (0110.jp2)
  32. 5.1 はじめに / p107 (0110.jp2)
  33. 5.2 w-N曲線に関する既往の研究 / p108 (0111.jp2)
  34. 5.3 w-N曲線式とその傾き / p111 (0114.jp2)
  35. 5.4 w-N曲線の曲線形 / p113 (0116.jp2)
  36. 5.5 生育時間の経過に伴ったw-N曲線の傾き / p119 (0122.jp2)
  37. 終章 / p121 (0124.jp2)
  38. 引用文献 / p127 (0130.jp2)
  39. 付表 / p133 (0136.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000097816
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000098045
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000262130
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ