プロペラ起振力軽減に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 山野, 惟夫 ヤマノ, タダオ

書誌事項

タイトル

プロペラ起振力軽減に関する研究

著者名

山野, 惟夫

著者別名

ヤマノ, タダオ

学位授与大学

東京大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

乙第10221号

学位授与年月日

1991-05-30

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 第1章 緒論 / p1 (0006.jp2)
  3. 1.1 まえがき / p1 (0006.jp2)
  4. 1.2 プロペラ起振力および関連船型設計要素 / p6 (0009.jp2)
  5. 1.3 プロペラ起振力軽減と船型設計との関係 / p11 (0011.jp2)
  6. 1.4 プロペラ起振力軽減に関する従来の研究 / p13 (0012.jp2)
  7. 1.5 本研究の特徴と内容 / p20 (0016.jp2)
  8. 1.6 本研究の成果 / p25 (0018.jp2)
  9. 第2章 肥型船型 / p27 (0020.jp2)
  10. 2.1 緒言 / p27 (0020.jp2)
  11. 2.2 伴流分布に関する従来の研究 / p30 (0022.jp2)
  12. 2.3 伴流分布と船型および推進性能との関係 / p57 (0035.jp2)
  13. 2.4 伴流分布の実用的推定法 / p92 (0053.jp2)
  14. 2.5 望ましい伴流分布形状および船尾形状 / p103 (0058.jp2)
  15. 2.6 上下方向船型可分原理 / p116 (0065.jp2)
  16. 2.7 新船尾形状 / p130 (0072.jp2)
  17. 2.8 新船尾形状の実船への採用 / p150 (0082.jp2)
  18. 2.9 結言 / p167 (0090.jp2)
  19. 第3章 痩型船型 / p174 (0095.jp2)
  20. 3.1 緒言 / p174 (0095.jp2)
  21. 3.2 痩型船型のプロペラ起振力とその軽減技術 / p176 (0096.jp2)
  22. 3.3 プロペラ起振力軽減装置の型の選定 / p185 (0101.jp2)
  23. 3.4「ダンプ・ダンク」 / p195 (0106.jp2)
  24. 3.5「ダンプ・タンク」の実船への採用 / p214 (0115.jp2)
  25. 3.6 結言 / p225 (0121.jp2)
  26. 第4章 結論 / p229 (0124.jp2)
  27. 謝辞 / p236 (0129.jp2)
  28. 参考文献 / p237 (0130.jp2)
  29. 付表 / p244 (0134.jp2)
  30. 付図 / p291 (0159.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000097865
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000098094
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000262179
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ