1930年代日本における国際様式住宅の研究 : 建築形態の「表層からの変化」に関する考察

この論文をさがす

著者

    • 越後島, 研一, 1950- エチゴジマ, ケンイチ

書誌事項

タイトル

1930年代日本における国際様式住宅の研究 : 建築形態の「表層からの変化」に関する考察

著者名

越後島, 研一, 1950-

著者別名

エチゴジマ, ケンイチ

学位授与大学

東京大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

乙第10239号

学位授与年月日

1991-06-13

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 1930年代日本における国際様式住宅の研究・目次 / p2 (0003.jp2)
  2. まえがき / (0002.jp2)
  3. 本文)193O年代日本における国際様式住宅の研究 / p1 (0004.jp2)
  4. 序章 前提事項 / p2 (0005.jp2)
  5. (1)研究対象の概要 / p2 (0005.jp2)
  6. (2)視点と方法 / p8 (0008.jp2)
  7. (3)これまでの計価 / p12 (0010.jp2)
  8. (4)形態的判断基準の設定 / p15 (0012.jp2)
  9. (5)要素の設定と全体像 / p20 (0019.jp2)
  10. 第1章 形態的特徴 / p24 (0021.jp2)
  11. 前提事項 / p24 (0021.jp2)
  12. (1)上部平面 / p25 (0021.jp2)
  13. (2)垂直面(A.壁と開口部 B.外部付加物) / p37 (0033.jp2)
  14. (3)下部平面 / p47 (0043.jp2)
  15. 第2章 全体像の変遷 / p51 (0046.jp2)
  16. 前段階 「妥協的全体像」 / p51 (0046.jp2)
  17. 第一段階 「ヴォリューム」 / p58 (0053.jp2)
  18. 第二段階 「二重輪郭」 / p65 (0061.jp2)
  19. 第三段階 「挟み込み」 / p71 (0071.jp2)
  20. 第2章のまとめ / p81 (0084.jp2)
  21. 第3章 後の展開からの考察 / p83 (0085.jp2)
  22. (1)堀口捨巳 / p83 (0085.jp2)
  23. (2)アンドニン・レーモンド / p85 (0089.jp2)
  24. (3)1940年代 / p88 (0094.jp2)
  25. (4)戦後住宅 / p94 (0102.jp2)
  26. 結論「日本における国際様式住宅の独自性」―「日本的様式化」と「水平面の自立」― / p98 (0105.jp2)
  27. 展開部分)建築形態の体系化 / p102 (0107.jp2)
  28. 序 / p103 (0107.jp2)
  29. 第1章 垂直面の自立 / p104 (0108.jp2)
  30. (1)オットー・ワグナー / p104 (0108.jp2)
  31. (2)ヨーゼフ・ホフマン他 / p112 (0114.jp2)
  32. (3)ルイス・サリヴァン / p117 (0119.jp2)
  33. (4)ル・コルビュジエ / p125 (0126.jp2)
  34. 第1章のまとめ / p128 (0128.jp2)
  35. 第2章 建築形態の体系化 / p129 (0129.jp2)
  36. (1)「水平面の自立と「垂直面の自立」 / p129 (0129.jp2)
  37. (2)「膨張」と「抽象」 / p130 (0129.jp2)
  38. (3)建築形態の体系化 / p131 (0130.jp2)
  39. あとがき / p134 (0131.jp2)
  40. 注 / p136 (0132.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000097883
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000965382
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000262197
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ