ビワマスの形態ならびに生理・生態に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 藤岡, 康弘 フジオカ, ヤスヒロ

書誌事項

タイトル

ビワマスの形態ならびに生理・生態に関する研究

著者名

藤岡, 康弘

著者別名

フジオカ, ヤスヒロ

学位授与大学

東京大学

取得学位

博士 (農学)

学位授与番号

乙第10257号

学位授与年月日

1991-06-24

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 緒言 / p1 (0006.jp2)
  3. 研究史 / p4 (0009.jp2)
  4. 第1章 ビワマスの初期生活期における生態ならびに形態変化 / p6 (0011.jp2)
  5. 第1節 ビワマス幼魚の成長と生息域 / p7 (0012.jp2)
  6. 第2節 ビワマスの降河生態 / p16 (0021.jp2)
  7. 第3節 天然水域におけるビワマス幼魚の生態と外部形態の発達 / p20 (0025.jp2)
  8. 第2章 ビワマスの銀化変態ならびに性成熟 / p27 (0032.jp2)
  9. 第1節 池産ビワマスとアマゴの銀化変態ならびに性成熟 / p28 (0033.jp2)
  10. 第2節 池産ビワマスの銀化変態および性成熟に及ぼす成長ならびに日長の影響 / p38 (0043.jp2)
  11. 第3節 池産ビワマスとアマゴの銀化変態および性成熟に伴う外部形態の変化 / p47 (0052.jp2)
  12. 第3章 ビワマスの海水適応能の発達 / p56 (0061.jp2)
  13. 第1節 ビワマスとアマゴの発眼胚および稚魚期における海水耐性の比較 / p57 (0062.jp2)
  14. 第2節 ビワマスとアマゴの成長・成熟ならびに季節変化にともなう海水適応能の変化 / p63 (0068.jp2)
  15. 第4章 ビワマスの銀化変態期および降河期における血中甲状腺ホルモン濃度ならびに甲状腺濾胞細胞の変化 / p71 (0076.jp2)
  16. 第1節 池産ビワマスとアマゴの銀化変態・成熟ならびに季節変化に伴う血中チロキシン濃度の変化 / p72 (0077.jp2)
  17. 第2節 天然ビワマスの降河期における血中チロキシン濃度ならびに甲状腺濾胞細胞の変化 / p79 (0084.jp2)
  18. 第3節 ビワマスの銀化変態に及ぼすチロキシン・テストステロンおよびチオウレアの影響 / p86 (0091.jp2)
  19. 第5章 ビワマスとアマゴの銀化変態に伴う脂質含量および脂肪酸組成の変化 / p93 (0098.jp2)
  20. 第6章 ビワマスの成熟と産卵 / p101 (0106.jp2)
  21. 第1節 池産ビワマスとアマゴ早熟雄の性成熟と血中ステロイドホルモン量の変化 / p102 (0107.jp2)
  22. 第2節 天然ビワマスの成熟と産卵 / p107 (0112.jp2)
  23. 第7章 雄ビワマスと雌アマゴ間の交雑魚F₁における銀化変態 / p112 (0117.jp2)
  24. 総合考察 / p119 (0124.jp2)
  25. 要約 / p128 (0133.jp2)
  26. 謝辞 / p136 (0141.jp2)
  27. 文献 / p137 (0142.jp2)
  28. 図表および図版 / p161 (0166.jp2)
7アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000097901
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000098130
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000262215
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ