乳牛ふん尿の処理・利用に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 塩谷, 哲夫, 1940- シオヤ, テツオ

書誌事項

タイトル

乳牛ふん尿の処理・利用に関する研究

著者名

塩谷, 哲夫, 1940-

著者別名

シオヤ, テツオ

学位授与大学

東京大学

取得学位

博士 (農学)

学位授与番号

乙第10316号

学位授与年月日

1991-09-11

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. まえがき / p1 (0011.jp2)
  3. 第1章 研究の背景と課題 / p5 (0015.jp2)
  4. 第1節 課題設定の背景‐何故家畜ふん尿を問題とするか / p5 (0015.jp2)
  5. 1.畜産経営存続の条件としてのふん尿処理 / p5 (0015.jp2)
  6. 2.有機物資源としての家畜ふん尿 / p8 (0018.jp2)
  7. 第2節 乳牛ふんの処理・利用研究の方向・課題・方法 / p11 (0021.jp2)
  8. 1.酪農経営における乳牛ふんハンドリングの実態と問題点 / p11 (0021.jp2)
  9. 2.課題の構成と研究の方法 / p13 (0023.jp2)
  10. 第2章 乳牛ふんの物理的特性とハンドリングのための類型区分 / p16 (0026.jp2)
  11. 緒言 / p16 (0026.jp2)
  12. 第1節 乳牛ふんのコンシステンシー / p19 (0029.jp2)
  13. 1.試験方法 / p19 (0029.jp2)
  14. 2.試験結果 / p20 (0030.jp2)
  15. 3.考察 / p24 (0034.jp2)
  16. 第2節 乳牛ふんの時間経過に伴う物性変化 / p28 (0038.jp2)
  17. 1.試験方法及び結果 / p28 (0038.jp2)
  18. 第3節 乳牛ふんの水分保持力 / p33 (0043.jp2)
  19. 1.試験方法 / p34 (0044.jp2)
  20. 2.結果と考察 / p34 (0044.jp2)
  21. 第4節 加水希釈した乳牛ふんの流体としての特性 / p36 (0046.jp2)
  22. 1.試験方法 / p36 (0046.jp2)
  23. 2.結果と考察 / p37 (0047.jp2)
  24. 第5節 清掃・搬出の過程における乳牛ふんの物性変化 / p41 (0051.jp2)
  25. 1.調査方法 / p43 (0053.jp2)
  26. 2.調査結果 / p43 (0053.jp2)
  27. 3.考察 / p51 (0061.jp2)
  28. 第6節 小括:乳牛ふん尿の性状区分と機械的取り扱いの基準(試案) / p53 (0063.jp2)
  29. 第3章 液状乳牛ふん尿のくみ上げ搬送におけるポンプ性能 / p57 (0067.jp2)
  30. 緒言 / p57 (0067.jp2)
  31. 第1節 うず巻ポンプの性能 / p57 (0067.jp2)
  32. 1.試験方法 / p57 (0067.jp2)
  33. 2.試験結果 / p64 (0074.jp2)
  34. 3.考察 / p69 (0079.jp2)
  35. 第2節 ロータポンプの性能 / p74 (0084.jp2)
  36. 1.試験方法 / p75 (0085.jp2)
  37. 2.試験結果 / p75 (0085.jp2)
  38. 3.考察 / p81 (0091.jp2)
  39. 第3節 ピストンポンプの性能 / p87 (0097.jp2)
  40. 1.試験方法 / p87 (0097.jp2)
  41. 2.試験結果 / p87 (0097.jp2)
  42. 3.考察 / p92 (0102.jp2)
  43. 第4節 小括 / p92 (0102.jp2)
  44. 第4章 液状乳牛ふん尿の運搬・施用におけるタンカの利用性能 / p97 (0107.jp2)
  45. 緒言 / p97 (0107.jp2)
  46. 第1節 スラリスプレッダの性能 / p98 (0108.jp2)
  47. 1.試験方法 / p98 (0108.jp2)
  48. 2.試験結果 / p100 (0110.jp2)
  49. 第2節 スラリインジェクタの開発と利用性能 / p105 (0115.jp2)
  50. 1.試験1:サブソイラ型スラリインジェクタ / p106 (0116.jp2)
  51. 2.試験2:ロータリ型スラリインジェクタ / p109 (0119.jp2)
  52. 3.試験3:シュー型スラリインジェクタ / p115 (0125.jp2)
  53. 第3節 小括 / p120 (0130.jp2)
  54. 1.ポンプタンカ型スラリスプレッダの高能率と利用性について / p120 (0130.jp2)
  55. 2.スラリインジェクタの利用性について / p122 (0132.jp2)
  56. 第5章 液状乳牛ふん尿の作物栽培への利用 / p124 (0134.jp2)
  57. 緒言 / p124 (0134.jp2)
  58. 第1節 スラリー施用に伴う土壌条件の変化と施用法の検討 / p124 (0134.jp2)
  59. 1.試験I:ラッカセイに対する表面施用の影響 / p124 (0134.jp2)
  60. 2.試験II:スラリー注入の位置・時期などが土壌硬度、スラリー拡散範囲、ならびにハクサイ生育に与える影響 / p130 (0140.jp2)
  61. 第2節 作物の生育・収量に対する影響 / p144 (0154.jp2)
  62. 1.試験III:スラリー注入がナスの生育・収量に与える影響 / p144 (0154.jp2)
  63. 2.試験IV:ナスの増収のためのスラリー2回注入法の開発 / p148 (0158.jp2)
  64. 3.試験V:スラリー注入がハクサイの生育・収量に与える影響 / p150 (0160.jp2)
  65. 第3節 小括 / p155 (0165.jp2)
  66. 1)スラリーの利用拡大のために / p155 (0165.jp2)
  67. 2)有機物施用の考え方とスラリーの評価 / p155 (0165.jp2)
  68. 3)スラリーの施用量 / p156 (0166.jp2)
  69. 4)スラリーの施用位置について / p157 (0167.jp2)
  70. 5)スラリー施用に対する作物の反応について / p157 (0167.jp2)
  71. 第6章 乳牛ふんの乾燥技術 / p160 (0170.jp2)
  72. 緒言 / p160 (0170.jp2)
  73. 第1節 牛ふんの簡易乾燥施設と牛ふんの乾燥・発酵の経過 / p161 (0171.jp2)
  74. 1.試験方法 / p161 (0171.jp2)
  75. 2.試験結果及び考察 / p163 (0173.jp2)
  76. 第2節 牛ふん乾燥施設の運営法 / p168 (0178.jp2)
  77. 1.試験方法 / p169 (0179.jp2)
  78. 2.試験結果及び考察 / p170 (0180.jp2)
  79. 第3節 小括 / p197 (0207.jp2)
  80. 第7章 乾燥牛ふんの利用技術‐育苗床土材としての利用 / p201 (0211.jp2)
  81. 緒言 / p201 (0211.jp2)
  82. 第1節 ペーパーポットへの土詰・播種・覆土作業の装置化 / p205 (0215.jp2)
  83. 1.試験方法 / p205 (0215.jp2)
  84. 2.試験結果 / p208 (0218.jp2)
  85. 第2節 発酵牛ふんを床土材とした育苗管理法 / p211 (0221.jp2)
  86. 1.土と混和して用いる場合の管理法と苗の特性 / p213 (0223.jp2)
  87. 2.発酵牛ふんのみで育苗する場合の管理法と苗の特性 / p213 (0223.jp2)
  88. 第3節 定植作業の機械化とキャベツの生育・収量 / p219 (0229.jp2)
  89. 1.ペーパーポット移植の作業性能 / p219 (0229.jp2)
  90. 2.発酵牛ふんで育苗したキャベツの定植後の生育・収量 / p228 (0238.jp2)
  91. 第4節 小括 / p229 (0239.jp2)
  92. 第8章 乳牛ふんの流通・利用 / p231 (0241.jp2)
  93. 緒言 / p231 (0241.jp2)
  94. 第1節 流通・利用の成立条件と流通圏の形成に関する事例調査 / p232 (0242.jp2)
  95. 1.調査の目的と方法 / p232 (0242.jp2)
  96. 2.調査結果 / p232 (0242.jp2)
  97. 3.考察 / p242 (0252.jp2)
  98. 第2節 乳牛ふん尿の利用に伴う雑草種子の伝播‐流通乳牛ふん利用農家における雑草発生と対策 / p252 (0262.jp2)
  99. 1.調査の方法 / p253 (0263.jp2)
  100. 2.調査の結果 / p255 (0265.jp2)
  101. 3.考察 / p263 (0273.jp2)
  102. 第3節 小括:家畜ふん尿の流通・利用の計画化について / p265 (0275.jp2)
  103. 1.新開発システムの生産現場への導入に当たって関与する諸要因 / p265 (0275.jp2)
  104. 2.地域複合農業の展開過程におけるテクノロジー・アセスメントの必要性 / p266 (0276.jp2)
  105. 3.流通・利用方式の地域農業構造に基づく多様性 / p268 (0278.jp2)
  106. 第9章 総括 / p271 (0281.jp2)
  107. 1.何故家畜ふん尿を問題とするか / p271 (0281.jp2)
  108. 2.マテリアルハンドリングの問題としてのふん尿処理 / p272 (0282.jp2)
  109. 3.酪農におけるふん尿問題の解決の方向 / p274 (0284.jp2)
  110. 4.おわりに / p277 (0287.jp2)
  111. 論文の内容の要旨 / p278 (0288.jp2)
  112. 謝辞 / p283 (0293.jp2)
  113. 引用文献 / p284 (0294.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000097960
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000965397
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000262274
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ