カンキツかいよう病の生態と防除に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 芹澤, 拙夫 セリザワ, セツオ

書誌事項

タイトル

カンキツかいよう病の生態と防除に関する研究

著者名

芹澤, 拙夫

著者別名

セリザワ, セツオ

学位授与大学

東京大学

取得学位

博士 (農学)

学位授与番号

乙第10317号

学位授与年月日

1991-09-11

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. I 緒言 / p1 (0006.jp2)
  3. II 発生生態 / p6 (0011.jp2)
  4. 1.材料及び方法 / p8 (0013.jp2)
  5. 2.第1次伝染源 / p9 (0014.jp2)
  6. 3.病班内細菌密度に及ぼす冬季の環境要因 / p61 (0066.jp2)
  7. 4.越冬病班の春季における進展の開始 / p71 (0076.jp2)
  8. 5.第2次伝染源 / p79 (0084.jp2)
  9. 6.発病の時期的推移 / p98 (0103.jp2)
  10. 7.病原細菌の歯型の分布および病原性 / p103 (0108.jp2)
  11. 8.考察 / p111 (0116.jp2)
  12. III 伝染機構 / p118 (0123.jp2)
  13. 1.材料及び方法 / p119 (0124.jp2)
  14. 2.病班における降水開始後の細菌の溢出 / p120 (0125.jp2)
  15. 3.細菌の飛散と伝染に及ぼす風の作用 / p126 (0131.jp2)
  16. 4.降水量と細菌の飛散および感染との関係 / p153 (0158.jp2)
  17. 5.自然条件下のおける細菌の飛散と伝染 / p155 (0160.jp2)
  18. 6.台風通過後の葉の発病 / p166 (0171.jp2)
  19. 7.発生助長要因 / p166 (0171.jp2)
  20. 8.罹病穂木の接木のよる伝染 / p177 (0182.jp2)
  21. 9.考察 / p177 (0182.jp2)
  22. IV 発生予察 / p185 (0190.jp2)
  23. 1.発生予察調査基準 / p186 (0191.jp2)
  24. 2.翌春の伝染源の確定 / p197 (0202.jp2)
  25. 3.春梢と果実の発生度の予測 / p201 (0206.jp2)
  26. 4.考察 / p209 (0214.jp2)
  27. V 薬剤防除敵期 / p215 (0220.jp2)
  28. 1.薬剤散布時期と防除効果 / p215 (0220.jp2)
  29. 2.伝染源密度と防除効果 / p218 (0223.jp2)
  30. 3.考察 / p224 (0229.jp2)
  31. VI 銅剤の特性とかいよう病防除剤としての使川方法 / p229 (0234.jp2)
  32. 1.材料及び方法 / p230 (0235.jp2)
  33. 2.銅剤の残効性 / p231 (0236.jp2)
  34. 3.銅剤の薬害 / p251 (0256.jp2)
  35. 4.考察 / p287 (0292.jp2)
  36. VII 総合考察 / p295 (0300.jp2)
  37. VIII 摘要 / p309 (0314.jp2)
  38. IX 引用文献 / p317 (0322.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000097961
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000098190
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000262275
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ