荷電膜による電解質の逆浸透分離

この論文をさがす

著者

    • 都留, 稔了 ツル, トシノリ

書誌事項

タイトル

荷電膜による電解質の逆浸透分離

著者名

都留, 稔了

著者別名

ツル, トシノリ

学位授与大学

東京大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

乙第10344号

学位授与年月日

1991-09-18

注記・抄録

博士論文

報告番号: 乙10344 ; 学位授与年月日: 1991-09-18 ; 学位の種別: 論文博士 ; 学位の種類: 博士(工学) ; 学位記番号: 第10344号 ; 研究科・専攻: 工学系研究科化学工学専攻

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 第一章 研究の背景と目的 / p1 (0004.jp2)
  3. 第二章 荷電膜の立体構造と荷電特性 / p5 (0006.jp2)
  4. 2.1 序論 / p5 (0006.jp2)
  5. 2.2 既往の研究 / p6 (0007.jp2)
  6. 2.3 理論 / p12 (0010.jp2)
  7. 2.4 実験 / p14 (0011.jp2)
  8. 2.5 結果と考察 / p15 (0011.jp2)
  9. 2.6 結言 / p17 (0012.jp2)
  10. 第三章 荷電膜の逆浸透特性-単成分系- / p25 (0016.jp2)
  11. 3.1 序論 / p25 (0016.jp2)
  12. 3.2 既往の研究 / p25 (0016.jp2)
  13. 3.3 透過理論 / p26 (0017.jp2)
  14. 3.4 他の透過モデルとの比較 / p33 (0020.jp2)
  15. 3.5 実験 / p43 (0025.jp2)
  16. 3.6 考察 / p43 (0025.jp2)
  17. 3.7 結言 / p47 (0027.jp2)
  18. 第四章 荷電膜の逆浸透特性-混合成分系- / p57 (0032.jp2)
  19. 4.1 序論 / p57 (0032.jp2)
  20. 4.2 既往の研究 / p57 (0032.jp2)
  21. 4.3 透過理論 / p60 (0034.jp2)
  22. 4.4 実験 / p66 (0037.jp2)
  23. 4.5 結果と考察 / p67 (0037.jp2)
  24. 4.6 結言 / p72 (0040.jp2)
  25. 第五章 一定電位勾配の仮定の有効性 / p89 (0048.jp2)
  26. 5.1 序論 / p89 (0048.jp2)
  27. 5.2 既往の研究 / p89 (0048.jp2)
  28. 5.3 理論 / p97 (0052.jp2)
  29. 5.4 結果と考察 / p101 (0054.jp2)
  30. 5.5 結言 / p104 (0056.jp2)
  31. 第六章 荷電構造を制御した荷電型逆浸透膜の開発-バイポーラ逆浸透膜- / p113 (0060.jp2)
  32. 6.1 序論 / p113 (0060.jp2)
  33. 6.2 既往の研究 / p113 (0060.jp2)
  34. 6.3 透過理論 / p121 (0064.jp2)
  35. 6.4 実験 / p124 (0066.jp2)
  36. 6.5 結果と考察 / p126 (0067.jp2)
  37. 6.6 結言 / p130 (0069.jp2)
  38. 第七章 本研究の総括 / p153 (0080.jp2)
  39. 使用記号 / p155 (0081.jp2)
  40. 引用文献 / p157 (0082.jp2)
  41. 参考 / p164 (0086.jp2)
  42. 謝辞 / p166 (0087.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000097988
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000098217
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000262302
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ