古代インド社会の研究 : 社会の構造と庶民・下層民

この論文をさがす

著者

    • 山崎, 元一, 1935- ヤマザキ, ゲンイチ

書誌事項

タイトル

古代インド社会の研究 : 社会の構造と庶民・下層民

著者名

山崎, 元一, 1935-

著者別名

ヤマザキ, ゲンイチ

学位授与大学

東京大学

取得学位

博士 (文学)

学位授与番号

乙第10393号

学位授与年月日

1991-11-11

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 序章 / p3 (0009.jp2)
  2. 一、古代インド社会史概観 / p3 (0009.jp2)
  3. 二、目的・史料・研究方法 / p18 (0017.jp2)
  4. 第一章 奴隷制の性格 / p27 (0021.jp2)
  5. はじめに / p27 (0021.jp2)
  6. 一、仏典の奴隷記述 / p30 (0023.jp2)
  7. 二、『実利論』の奴隷法規 / p38 (0027.jp2)
  8. 三、ヒンドゥー法典の奴隷法規 / p45 (0030.jp2)
  9. おわりに / p55 (0035.jp2)
  10. 第二章 雇傭労働者とその生活 / p63 (0039.jp2)
  11. はじめに / p63 (0039.jp2)
  12. 一、karmakaraとbhrtaka / p66 (0041.jp2)
  13. 二、仏典の雇傭労働者 / p71 (0043.jp2)
  14. 三、『実利論』の雇傭労働者 / p79 (0047.jp2)
  15. 四、ヒンドゥー法典の雇傭労働者 / p88 (0052.jp2)
  16. おわりに / p95 (0055.jp2)
  17. 第三章 賤民制‐チャンダーラを中心に‐ / p101 (0058.jp2)
  18. はじめに / p101 (0058.jp2)
  19. 一、不可触民制の成立 / p103 (0059.jp2)
  20. 二、チャンダーラおよびその他の賤民 / p112 (0064.jp2)
  21. 三、チャンダーラの生活 / p124 (0070.jp2)
  22. 四、チャンダーラとヴァルナ社会の成員 / p130 (0073.jp2)
  23. おわりに / p140 (0078.jp2)
  24. 付節一、後代の諸史料 / p142 (0079.jp2)
  25. 付節二、不可触民制の発達 / p148 (0082.jp2)
  26. 第四章 都市とその生活‐パーリ語仏典を史料として‐ / p155 (0085.jp2)
  27. はじめに / p155 (0085.jp2)
  28. 一、村・町・都市 / p157 (0086.jp2)
  29. 二、都市の構造 / p159 (0087.jp2)
  30. 三、都市の生活(一) / p167 (0091.jp2)
  31. 四、都市の生活(二) / p173 (0094.jp2)
  32. おわりに / p178 (0097.jp2)
  33. 第五章 都市の商人‐ガハパティ、サッタヴァーハ、セッティ‐ / p181 (0098.jp2)
  34. 一、ガハパティ / p181 (0098.jp2)
  35. 二、ヴァーニジャとサッタヴァーハ / p188 (0102.jp2)
  36. 三、セッティ / p197 (0106.jp2)
  37. おわりに / p208 (0112.jp2)
  38. 第六章 村落とその生活‐パーリ語仏典を史料として‐ / p211 (0113.jp2)
  39. 第七章 村落と土地所有‐『マヌ法典』『実利論』を史料として‐ / p237 (0126.jp2)
  40. 一、「土地所有」をめぐる論争 / p237 (0126.jp2)
  41. 二、『マヌ法典』の村落と土地所有 / p247 (0131.jp2)
  42. 三、『実利論』の村落と土地所有 / p253 (0134.jp2)
  43. おわりに / p263 (0139.jp2)
  44. 第八章 森林と林住族 / p269 (0142.jp2)
  45. はじめに / p269 (0142.jp2)
  46. 一、仏典中の森林 / p270 (0143.jp2)
  47. 二、森林と国家 / p281 (0148.jp2)
  48. 三、林住族と国家 / p290 (0153.jp2)
  49. おわりに / p296 (0156.jp2)
  50. 第九章 シュードラ(一)‐律法経、仏典、『実利論』を史料として‐ / p299 (0157.jp2)
  51. はじめに / p299 (0157.jp2)
  52. 一、シュードラの義務と生活 / p302 (0159.jp2)
  53. 二、シュードラの儀礼的地位 / p306 (0161.jp2)
  54. 三、シュードラと結婚 / p311 (0163.jp2)
  55. 四、シュードラと犯罪 / p315 (0165.jp2)
  56. 五、シュードラへの転落と窮迫時の法 / p320 (0168.jp2)
  57. 六、仏典の社会とシュードラ / p324 (0170.jp2)
  58. 七、『実利論』のシュードラ / p331 (0173.jp2)
  59. おわりに / p337 (0176.jp2)
  60. 第十章 シュードラ(二)‐ヒンドゥー法典を史料として‐ / p339 (0177.jp2)
  61. 一、シュードラの義務と生活 / p340 (0178.jp2)
  62. 二、シュードラの儀礼的地位 / p347 (0181.jp2)
  63. 三、シュードラと結婚 / p357 (0186.jp2)
  64. 四、シュードラと犯罪 / p362 (0189.jp2)
  65. 五、シュードラへの転落と窮迫時の法 / p371 (0193.jp2)
  66. おわりに / p376 (0196.jp2)
  67. 第十一章 ヴァルナ間混血の理論について / p379 (0197.jp2)
  68. 一、律法経の混血理論 / p380 (0198.jp2)
  69. 二、『マヌ法典』の混血理論 / p391 (0203.jp2)
  70. 三、後期ヒンドゥー法典の混血理論 / p398 (0207.jp2)
  71. おわりに / p405 (0210.jp2)
  72. 第十二章 カースト起源論‐学説の回顧を中心に‐ / p413 (0214.jp2)
  73. はじめに / p413 (0214.jp2)
  74. 一、ヴァルナ間混血説 / p416 (0216.jp2)
  75. 二、職業重視説 / p418 (0217.jp2)
  76. 三、人種重視説 / p423 (0219.jp2)
  77. 四、アーリヤ人家族制度重視説 / p427 (0221.jp2)
  78. 五、先住民起源説 / p430 (0223.jp2)
  79. 六、宗教重視説 / p432 (0224.jp2)
  80. 七、折衷説 / p439 (0227.jp2)
  81. 八、古代社会とカースト制度 / p442 (0229.jp2)
  82. あとがき / p451 (0233.jp2)
  83. 研究者索引 / p17 (0238.jp2)
  84. 事項索引 / p7 (0243.jp2)
  85. 英文目次 / p3 (0245.jp2)
  86. 古代インドのバラモンと王権 / p29 (0251.jp2)
  87. 古代インドの武士階級クシャトリヤについて / p1 (0265.jp2)
  88. バラモンとヴァルナ制度-インド社会史の一側面- / p1 (0296.jp2)
4アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000098037
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000965413
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000262351
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ