浮遊式石油生産システムの計画設計の研究

この論文をさがす

著者

    • 宮川, 典久 ミヤガワ, ミチヒサ

書誌事項

タイトル

浮遊式石油生産システムの計画設計の研究

著者名

宮川, 典久

著者別名

ミヤガワ, ミチヒサ

学位授与大学

東京大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

乙第10405号

学位授与年月日

1991-11-14

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 第1部 浮遊式石油生産システムの計画設計の背景 / p1 (0005.jp2)
  3. 第1章 序論 / p1 (0005.jp2)
  4. 1.1 研究の背景と目的 / p1 (0005.jp2)
  5. 1.2 本論文に於ける浮遊式石油生産システムの定義 / p4 (0007.jp2)
  6. 1.3 本論文の概要 / p5 (0007.jp2)
  7. 第2章 海洋油田開発の現状 / p8 (0009.jp2)
  8. 2.1 概況 / p8 (0009.jp2)
  9. 2.2 海洋油田の埋蔵量と分布 / p9 (0010.jp2)
  10. 2.3 浮遊式石油生産システムの特徴 / p12 (0011.jp2)
  11. 2.4 浮遊式石油生産システムの種類と機能 / p14 (0012.jp2)
  12. 2.5 浮遊式石油生産システムの現状 / p20 (0015.jp2)
  13. 2.6 まとめ / p26 (0018.jp2)
  14. 第1部 参考文献 / p27 (0019.jp2)
  15. 第2部 浮遊式船型石油生産システムの計画設計手法 / p28 (0019.jp2)
  16. 第1章 序論 / p28 (0019.jp2)
  17. 1.1 FPSO/FSO設計上の特殊性と問題点 / p28 (0019.jp2)
  18. 1.2 FPSO/FSO特有の設計検討項目と設計手順 / p32 (0021.jp2)
  19. 1.3 設計上の問題点と研究項目 / p32 (0021.jp2)
  20. 第2章 計画設計に係わる諸因子 / p35 (0023.jp2)
  21. 2.1 一点係留システムに関する計画設計 / p35 (0023.jp2)
  22. 2.2 石油生産設備の動揺限界 / p103 (0057.jp2)
  23. 2.3 長期間non-docking設計 / p112 (0061.jp2)
  24. 2.4 構造設計上のその他検討事項 / p127 (0069.jp2)
  25. 第2部 参考文献 / p130 (0070.jp2)
  26. 第3部 低動揺型浮体の研究と石油生産システムへの応用 / p133 (0072.jp2)
  27. 第1章 序論 / p133 (0072.jp2)
  28. 第2章 低動揺型浮体形状の研究 / p134 (0072.jp2)
  29. 2.1 低動揺型浮体の理論計算による波浪中動揺性能の検討 / p134 (0072.jp2)
  30. 2.2 低動揺型浮体の模型実験による動揺性能 / p138 (0074.jp2)
  31. 2.3 まとめ / p140 (0075.jp2)
  32. 第3章 Mono-column型浮体の石油生産システムへの応用 / p141 (0076.jp2)
  33. 3.1 まえがき / p141 (0076.jp2)
  34. 3.2 設計条件 / p142 (0076.jp2)
  35. 3.3 試設計 / p143 (0077.jp2)
  36. 3.4 水槽試験 / p159 (0085.jp2)
  37. 3.5 実海域に於ける動揺性能と稼動率 / p170 (0090.jp2)
  38. 3.6 まとめ / p172 (0091.jp2)
  39. 第3部 参考文献 / p174 (0092.jp2)
  40. 結論 / p175 (0093.jp2)
  41. 謝辞 / p179 (0095.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000098049
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000098278
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000262363
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ