ラット視交叉上核の移植によるサーカディアンリズムの再現 : 移植形態による再現の条件と機能の持続について

この論文をさがす

著者

    • 黒岩, 明彦 クロイワ, アキヒコ

書誌事項

タイトル

ラット視交叉上核の移植によるサーカディアンリズムの再現 : 移植形態による再現の条件と機能の持続について

著者名

黒岩, 明彦

著者別名

クロイワ, アキヒコ

学位授与大学

東京大学

取得学位

博士 (医学)

学位授与番号

乙第10430号

学位授与年月日

1991-12-04

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 緒言 / p1 (0005.jp2)
  3. 1.視交叉上核の生体内機能の概説 / p1 (0005.jp2)
  4. 2.視交叉上核のサーカディアン発振器としての機能 / p1 (0005.jp2)
  5. 3.移植によるサーカディアンリズム再現の条件 / p2 (0006.jp2)
  6. 4.本研究の目的 / p3 (0007.jp2)
  7. 方法 / p4 (0008.jp2)
  8. 1.サーカディアンリズムの計測 / p4 (0008.jp2)
  9. 2.視交叉上核の破壊手術 / p4 (0008.jp2)
  10. 3.視交叉上核の移植手術 / p5 (0009.jp2)
  11. 3-1.組織片移植 / p5 (0009.jp2)
  12. 3-2.CELL SUSPENSION移植 / p6 (0010.jp2)
  13. 4.組織学的分析 / p7 (0011.jp2)
  14. 結果 / p8 (0012.jp2)
  15. 1.移植による機能再現の総括 / p8 (0012.jp2)
  16. 表.1 / p8 (0012.jp2)
  17. 2.組織片移植によるサーカディアンリズムの再現 / p9 (0013.jp2)
  18. 2-1.組織学的検索 / p9 (0013.jp2)
  19. 3.cell suspensionの第三脳室内移植によるサーカディアンリズムの不再現 / p10 (0014.jp2)
  20. 4.cell suspensionの大脳実質内移植によるサーカディアンリズムの不再現 / p10 (0014.jp2)
  21. 5.組織片移植による,再現したサーカディアンリズムの長期持続 / p11 (0015.jp2)
  22. 図1~図15 / p12 (0016.jp2)
  23. 考察 / p30 (0034.jp2)
  24. 1.視交叉上核の移植によるサーカディアンリズムの再現の概説 / p30 (0034.jp2)
  25. 2.免疫組織化学的検討 / p30 (0034.jp2)
  26. 3.生着部位 / p32 (0036.jp2)
  27. 4.cell suspension法とtissue block法による相違 / p32 (0036.jp2)
  28. 5.サーカディアンリズム伝達の機構 / p34 (0038.jp2)
  29. 6.視交叉上核細胞のサーカディアンリズム発振器としての役割 / p34 (0038.jp2)
  30. 7.cell suspensionを用いた移植組織のdonorとしての機能 / p35 (0039.jp2)
  31. 8.donorの胎齢 / p36 (0040.jp2)
  32. 9.ローダミンビーズ使用上の問題点 / p37 (0041.jp2)
  33. 10.移植組織に対する神経栄養因子 / p37 (0041.jp2)
  34. 11.サーカディアンリズムを評価する際の振動系と表現系の問題 / p38 (0042.jp2)
  35. 12.移植組織の生存と機能持続期間 / p39 (0043.jp2)
  36. 結論 / p40 (0044.jp2)
  37. 結語 / p41 (0045.jp2)
  38. 謝辞 / p42 (0046.jp2)
  39. 文献 / p43 (0047.jp2)
2アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000098074
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000098303
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000262388
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ