ポリマー含浸コンクリートを用いた鉄筋コンクリート部材の初期応力と曲げ性状に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 来海, 豊 キマチ, ユタカ

書誌事項

タイトル

ポリマー含浸コンクリートを用いた鉄筋コンクリート部材の初期応力と曲げ性状に関する研究

著者名

来海, 豊

著者別名

キマチ, ユタカ

学位授与大学

東京大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

乙第10437号

学位授与年月日

1991-12-12

注記・抄録

博士論文

目次

  1. [論文の内容の要旨] / p1 (0003.jp2)
  2. 目次 / (0005.jp2)
  3. 第1章 序論 / p1 (0007.jp2)
  4. 第2章 既往の研究 / p3 (0008.jp2)
  5. 2.1 概説 / p3 (0008.jp2)
  6. 2.2 鉄筋コンクリート部材の初期応力に関する研究 / p5 (0009.jp2)
  7. 2.3 高強度特殊コンクリートを用いた鉄筋コンクリート部材の曲げ性状に関する研究 / p12 (0013.jp2)
  8. 2.4 低引張鉄筋比の鉄筋コンクリート部材の曲げ性状に関する研究 / p17 (0015.jp2)
  9. 2.5 繊維補強コンクリートの特性に関する研究 / p19 (0016.jp2)
  10. 2.6 引張側のコンクリートが鉄筋コンクリート部材の剛性に及ぼす影響に関する研究 / p24 (0019.jp2)
  11. 第3章 実験の概要 / p29 (0021.jp2)
  12. 3.1 実験の目的 / p29 (0021.jp2)
  13. 3.2 使用材料 / p30 (0022.jp2)
  14. 3.3 供試体の製造方法 / p33 (0023.jp2)
  15. 3.4 鉄筋ポリマー含浸コンクリート部材の製造工程において生じる変形と初期応力に関する実験 / p34 (0024.jp2)
  16. 3.5 鉄筋ポリマー含浸コンクリート部材の曲げ性状に関する実験 / p48 (0031.jp2)
  17. 3.6 切欠きを有する無筋コンクリートはりの3点曲げ載荷試験 / p49 (0031.jp2)
  18. 第4章 製造工程において生じる変形と初期応力 / p51 (0032.jp2)
  19. 4.1 概説 / p51 (0032.jp2)
  20. 4.2 部材の変形性状に影響を及ぼす要因 / p52 (0033.jp2)
  21. 4.3 養生工程における膨張性状 / p56 (0035.jp2)
  22. 4.4 乾燥工程における収縮性状 / p70 (0042.jp2)
  23. 4.5 脱気、含浸、重合の各工程における変形性状 / p90 (0052.jp2)
  24. 4.6 初期応力の算定 / p107 (0060.jp2)
  25. 4.7 まとめ / p109 (0061.jp2)
  26. 第5章 曲げ性状の算定方法 / p114 (0064.jp2)
  27. 5.1 概説 / p114 (0064.jp2)
  28. 5.2 既往の解析モデルの適用性と問題点 / p116 (0065.jp2)
  29. 5.3 コンクリートの引張応力―ひずみ関係の算定方法の提案 / p119 (0066.jp2)
  30. 5.4 荷重―たわみ関係の算定方法の概要 / p123 (0068.jp2)
  31. 5.5 ひびわれ間隔の算定方法の提案と今後の検討課題 / p130 (0072.jp2)
  32. 第6章 曲げ性状の算定方法に対する評価 / p138 (0076.jp2)
  33. 6.1 概説 / p138 (0076.jp2)
  34. 6.2 鉄筋コンクリートはりの荷重―たわみ関係 / p139 (0076.jp2)
  35. 6.3 初期応力がひびわれ発生荷重ならびに荷重―たわみ関係に及ぼす影響 / p155 (0084.jp2)
  36. 6.4 荷重―たわみ関係の算定方法の適用性 / p159 (0086.jp2)
  37. 6.5 ひびわれ間隔の算定方法の適用性 / p169 (0091.jp2)
  38. 6.6 まとめ / p182 (0098.jp2)
  39. 第7章 結論 / p186 (0100.jp2)
  40. 参考文献 / p195 (0104.jp2)
  41. 記号 / p206 (0110.jp2)
  42. 付録の資料 / p209 (0111.jp2)
  43. 資料-1 ひびわれ間隔を考慮した有限要素法による曲げ解析方法 / p210 (0112.jp2)
  44. 資料-2 養生工程における骨材、コンクリート角柱および無筋膨張コンクリートはり供試体の重量変化 / p223 (0118.jp2)
  45. 資料-3 乾燥工程における骨材の重量変化 / p225 (0119.jp2)
  46. 資料-4 鉄筋コンクリートはりについて得られた荷重と引張鉄筋のひずみとの関係 / p227 (0120.jp2)
  47. 資料-5 切欠きを有する無筋コンクリートはりについて得られた荷重と開口変位との関係 / p228 (0121.jp2)
  48. 謝辞 / p230 (0122.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000098081
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000098310
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000262395
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ