中温性Clostridiumのセルラーゼに関する遺伝、生化学的研究

この論文をさがす

著者

    • 嶋, 盛吾 シマ, セイゴ

書誌事項

タイトル

中温性Clostridiumのセルラーゼに関する遺伝、生化学的研究

著者名

嶋, 盛吾

著者別名

シマ, セイゴ

学位授与大学

東京大学

取得学位

博士 (農学)

学位授与番号

乙第10467号

学位授与年月日

1991-12-24

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文の内容の要旨 / p114 (0001.jp2)
  2. 第1章 序論 / p1 (0012.jp2)
  3. 第2章 C.cellobioparumからのエンドグルカナーゼ遺伝子のクローニングと、E.coliで生産されたエンドグルカナーゼの菌体外放出 / p15 (0026.jp2)
  4. 第1節 序 / p15 (0026.jp2)
  5. 第2節 材料および方法 / p16 (0027.jp2)
  6. 第3節 結果および考察 / p21 (0032.jp2)
  7. (1)染色体DNA抽出のための培養条件 / p21 (0032.jp2)
  8. (2)染色体DNAの制限酵素分解条件 / p21 (0032.jp2)
  9. (3)クローニング実験結果 / p22 (0033.jp2)
  10. (4)エンドグルカナーゼ遺伝子の発現 / p25 (0036.jp2)
  11. (5)基質特異性 / p27 (0038.jp2)
  12. (6)E.coli HB101(pCMC1)におけるエンドグルカナーゼの局在性 / p27 (0038.jp2)
  13. (7)E.coli JM109(pCMC1)におけるエンドグルカナーゼの局在性 / p28 (0039.jp2)
  14. (8)E.coli JM109(pCMCl)の増殖時期とエンドグルカナーゼの放出 / p28 (0039.jp2)
  15. (9)縮小化プラスミドを導入したE.coli JM109での酵素の局在性 / p30 (0041.jp2)
  16. (10)E.coli JM109における酵素放出についての考察 / p30 (0041.jp2)
  17. 第3章 C.cellulolyticumからのエンドグルカナーゼとβ-グルコシダーゼ遺伝子のクローニング / p37 (0048.jp2)
  18. 第1節 序 / p37 (0048.jp2)
  19. 第2節 材料および方法 / p38 (0049.jp2)
  20. 第3節 結果および考察 / p41 (0052.jp2)
  21. (1)クローニング実験結果 / p41 (0052.jp2)
  22. (2)組換えプラスミド挿入断片の縮小化 / p44 (0055.jp2)
  23. (3)エンドグルカナーゼ遺伝子の発現 / p45 (0056.jp2)
  24. (4)組換えE.coliにおけるエンドグルカナーゼの局在性 / p47 (0058.jp2)
  25. (5)基質特異性 / p47 (0058.jp2)
  26. (6)2種エンドグルカナーゼの混合による基質分解 / p49 (0060.jp2)
  27. (7)サザンハイブリダイゼーション / p51 (0062.jp2)
  28. 第4章 C.cellulolyticumのエンドグルカナーゼ遺伝子,celCCDの塩基配列の決定とその解析 / p55 (0066.jp2)
  29. 第1節 序 / p55 (0066.jp2)
  30. 第2節 材料および方法 / p56 (0067.jp2)
  31. 第3節 結果および考察 / p57 (0068.jp2)
  32. (1)プラスミドpAS1挿入断片ののサブクローニング / p57 (0068.jp2)
  33. (2)celCCD遺伝子の解析 / p59 (0070.jp2)
  34. (3)エンドグルカナーゼEGCCDのシグナルペプチド / p63 (0074.jp2)
  35. (4)Pro+Thr-rich領域 / p67 (0078.jp2)
  36. (5)C-末端の繰り返し構造 / p69 (0080.jp2)
  37. (6)疎水性クラスター解析 / p69 (0080.jp2)
  38. (7)C.thermocellumエンドグルカナーゼとの相同性 / p72 (0083.jp2)
  39. (8)DNAの縮小化による活性部位の解析 / p75 (0086.jp2)
  40. (9)celCCDの5'側に存在する逆向きオープンリーディングフレーム / p75 (0086.jp2)
  41. 第5章 E.coliで生産されたcelCCD由来のエンドグルカナーゼ,EGCCDの精製とその性質 / p78 (0089.jp2)
  42. 第1節 序 / p78 (0089.jp2)
  43. 第2節 材料および方法 / p79 (0090.jp2)
  44. 第3節 結果および考察 / p83 (0094.jp2)
  45. (1)SDS-PAGE-エンドグルカナーゼ活性染色による解析 / p83 (0094.jp2)
  46. (2)エンドグルカナーゼ活性を有する分子量56,000(D56)および38,000(D38)のポリペプチドの精製 / p83 (0094.jp2)
  47. (3)E.coliのプロテアーゼ欠損株でのEGCCDタンパク質の生産 / p87 (0098.jp2)
  48. (4)D56およびD38のN-末端アミノ酸配列とそれらの推定構造 / p92 (0103.jp2)
  49. (5)最適温度ならびに熱安定性 / p95 (0106.jp2)
  50. (6)最適pH / p97 (0108.jp2)
  51. (7)セロオリゴ糖の分解パターン / p97 (0108.jp2)
  52. (8)CMCの分解による粘度低下と還元糖生成の関係 / p100 (0111.jp2)
  53. (9)CMC以外の基質の分解能力 / p103 (0114.jp2)
  54. (10)セルロースへの吸着能力 / p103 (0114.jp2)
  55. (11)D56とD38の比較 / p103 (0114.jp2)
  56. 第6章 総括と展望 / p106 (0117.jp2)
  57. 論文の内容の要旨 / p114 (0001.jp2)
  58. 参考文献 / p120 (0131.jp2)
  59. 謝辞 / p131 (0142.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000098111
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000098340
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000262425
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ