統計理論に基づくK-ε乱流モデルとその応用に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 山川, 正剛 ヤマカワ, マサノリ

書誌事項

タイトル

統計理論に基づくK-ε乱流モデルとその応用に関する研究

著者名

山川, 正剛

著者別名

ヤマカワ, マサノリ

学位授与大学

東京大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

乙第10496号

学位授与年月日

1992-01-23

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 第1章 緒言 / p1 (0007.jp2)
  3. 1.1 研究の背景 / p1 (0007.jp2)
  4. 1.2 従来の研究 / p1 (0007.jp2)
  5. 1.3 本研究の目的 / p11 (0012.jp2)
  6. 1.4 本論文の構成 / p12 (0013.jp2)
  7. 第2章 低レイノルズ数効果を考慮したK-εモデル / p14 (0015.jp2)
  8. 2.1 緒言 / p14 (0015.jp2)
  9. 2.2 統計理論的に基づく乱流モデル / p14 (0015.jp2)
  10. 2.3 提唱モデルの検討 / p29 (0023.jp2)
  11. 2.4 結言 / p36 (0026.jp2)
  12. 第3章 浮力場のエネルギースペクトル / p55 (0037.jp2)
  13. 3.1 緒言 / p55 (0037.jp2)
  14. 3.2 エネルギースペクトルに関する分析 / p55 (0037.jp2)
  15. 3.3 実験方法 / p63 (0041.jp2)
  16. 3.4 実験結果 / p67 (0043.jp2)
  17. 3.5 結果の検討 / p70 (0045.jp2)
  18. 3.6 結言 / p76 (0048.jp2)
  19. 第4章 浮力と低レイノルズ数効果を考慮したK-εモデル / p100 (0061.jp2)
  20. 4.1 緒言 / p100 (0061.jp2)
  21. 4.2 統計理論に基づく乱流モデル / p100 (0061.jp2)
  22. 4.3 結果の検討 / p110 (0066.jp2)
  23. 4.4 結言 / p116 (0069.jp2)
  24. 第5章 安定成層剪断乱流の解析 / p122 (0073.jp2)
  25. 5.1 緒言 / p122 (0073.jp2)
  26. 5.2 解析対象 / p122 (0073.jp2)
  27. 5.3 支配方程式 / p123 (0074.jp2)
  28. 5.4 数値解析の方法 / p125 (0075.jp2)
  29. 5.5 解析結果とその検討 / p130 (0077.jp2)
  30. 5.6 結言 / p137 (0081.jp2)
  31. 第6章 結論 / p155 (0091.jp2)
  32. 6.1 結論 / p155 (0091.jp2)
  33. 6.2 今後の課題 / p156 (0092.jp2)
  34. 謝辞 / p157 (0093.jp2)
  35. 参考丈献 / p158 (0095.jp2)
  36. 付録-A 浮力場のエネルギースペクトルの導出 / p164 (0099.jp2)
  37. 付録-B 低レイノルズ数効果を考慮した乱流モデルの導出 / p170 (0102.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000098140
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000098369
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000262454
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ