反応を伴うウラン同位体分離ユニットの理論と分離技術への応用

この論文をさがす

著者

    • 小花和, 平一郎 オバナワ, ヘイイチロウ

書誌事項

タイトル

反応を伴うウラン同位体分離ユニットの理論と分離技術への応用

著者名

小花和, 平一郎

著者別名

オバナワ, ヘイイチロウ

学位授与大学

東京大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

乙第10503号

学位授与年月日

1992-01-23

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 第1章 序論 / p3 (0005.jp2)
  3. 第1節 序言 / p3 (0005.jp2)
  4. 第2節 本研究の領域 / p6 (0008.jp2)
  5. 2-1 分離ユニットおよびその組合せ / p6 (0008.jp2)
  6. 2-2 吸着分離ユニットと反応を伴う吸着分離ユニットおよびその特徴 / p22 (0024.jp2)
  7. 2-3 吸着分離ユニットを利用した分離プロセスと本研究の関係 / p28 (0030.jp2)
  8. 第3節 本研究の目的と構成 / p32 (0034.jp2)
  9. 第2章 分離ユニットの平衡段高さ / p36 (0038.jp2)
  10. 第1節 平衡段高さの定義 / p36 (0038.jp2)
  11. 第2節 平衡段高さの構成 / p43 (0045.jp2)
  12. 第3節 平衡段高さの測定法 / p48 (0050.jp2)
  13. 第3章 化学反応を伴う吸着分離ユニットの平衡段高さ / p54 (0056.jp2)
  14. 第1節 ウラン同位体分離ユニット内における電子交換反応 / p54 (0056.jp2)
  15. 1-1 ウラン同位体分離実験 / p54 (0056.jp2)
  16. 1-2 U⁴⁺,UO₂²⁺間電子交換反応速度の測定 / p58 (0060.jp2)
  17. 1-3 電子交換反応に基づく平衡段高さ / p66 (0068.jp2)
  18. 第2節 金属イオンによる電子交換速度の加速 / p71 (0073.jp2)
  19. 2-1 メカニズムの考察 / p71 (0073.jp2)
  20. 2-2 金属イオン添加における電子交換速度 / p79 (0081.jp2)
  21. 第3節 電子交換速度の加速と平衡段高さ / p89 (0091.jp2)
  22. 3-1 金属イオンによる平衡段高さの改良 / p89 (0091.jp2)
  23. 3-2 イオン交換体内の電子交換反応場 / p96 (0098.jp2)
  24. 第4章 化学反応を伴う吸着分離ユニットにおける化学平衡 / p103 (0105.jp2)
  25. 第1節 複合反応系の化学平衡論 / p103 (0105.jp2)
  26. 第2節 イオン交換反応のポテンシャル強度 / p108 (0110.jp2)
  27. 第3節 ウラン同位体分離ユニット内の種々の反応のポテンシャル強度 / p126 (0128.jp2)
  28. 第5章 化学反応を伴う吸着分離ユニットを用いた多段分離プロセス / p137 (0139.jp2)
  29. 第1節 界面形成の理論 / p137 (0139.jp2)
  30. 第2節 イオン交換反応による酸化還元反応の可逆化 / p149 (0151.jp2)
  31. 第6章 同位体分離プロセスへの適用 / p167 (0169.jp2)
  32. 第1節 ウラン同位体分離 / p167 (0169.jp2)
  33. 1-1 速度的要因の総括 / p167 (0169.jp2)
  34. 1-2 酸化還元反応の可逆化と分離エネルギー / p173 (0175.jp2)
  35. 第2節 炭素同位体分離 / p190 (0192.jp2)
  36. 2-1 概要 / p190 (0192.jp2)
  37. 2-2 分離系および速度的解析 / p192 (0194.jp2)
  38. 第7章 総括 / p209 (0211.jp2)
  39. 謝辞 / p214 (0216.jp2)
  40. APPENDIX / p217 (0219.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000098147
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000098376
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000262461
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ