球分散系ゲルの伝熱特性

この論文をさがす

著者

    • 崎山, 高明 サキヤマ, タカハル

書誌事項

タイトル

球分散系ゲルの伝熱特性

著者名

崎山, 高明

著者別名

サキヤマ, タカハル

学位授与大学

東京大学

取得学位

博士 (農学)

学位授与番号

乙第10526号

学位授与年月日

1992-02-10

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 序論 / p1 (0006.jp2)
  3. 第一章 熱伝導率および熱拡散率の測定法 / p6 (0011.jp2)
  4. 1-1.定常平板熱流計法による熱伝導率の測定 / p6 (0011.jp2)
  5. 1-2.非定常円柱法による熱拡散率の測定 / p21 (0026.jp2)
  6. 1-3.結論 / p26 (0031.jp2)
  7. 第二章 均質系ゲルの有効熱伝導率 / p27 (0032.jp2)
  8. 2-1.ゲル構成成分の固有熱伝導率推定法 / p28 (0033.jp2)
  9. 2-2.ゼラチンの固有熱伝導率 / p32 (0037.jp2)
  10. 2-3.澱粉の固有熱伝導率 / p41 (0046.jp2)
  11. 2-4.固有熱伝導率推定値を用いたゲル状試料の有効熱伝導率の予測 / p53 (0058.jp2)
  12. 2-5.結論 / p58 (0063.jp2)
  13. 第三章 二相球分散ゲルの有効熱伝導率 / p59 (0064.jp2)
  14. 3-1.二相球分散系の有効熱伝導率に関する既往の理論 / p59 (0064.jp2)
  15. 3-2.有限要素法による二相球分散系の有効熱伝導率解析─分散質粒径分布の影響 / p61 (0066.jp2)
  16. 3-3.二相球分散ゲルの有効熱伝導率の測定 / p69 (0074.jp2)
  17. 3-4.結論 / p76 (0081.jp2)
  18. 第四章 気泡分散ゲルの定常伝熱特性 / p77 (0082.jp2)
  19. 4-1.気泡分散ゲル内の伝熱機構とそのモデル化 / p77 (0082.jp2)
  20. 4-2.有効熱伝導率の水分含量依存性 / p83 (0088.jp2)
  21. 4-3.有効熱伝導率の温度依存性 / p93 (0098.jp2)
  22. 4-4.結論 / p99 (0104.jp2)
  23. 第五章 二相球分散ゲルの非定常伝熱特性 / p100 (0105.jp2)
  24. 5-1.二相球分散ゲルの有効熱拡散率推算法 / p101 (0106.jp2)
  25. 5-2.二相球分散ゲルの有効熱拡散率の測定 / p102 (0107.jp2)
  26. 5-3.結論 / p112 (0117.jp2)
  27. 第六章 多相球分散ゲルの有効熱伝導率 / p113 (0118.jp2)
  28. 6-1.多相球分散系に関する伝熱モデル / p113 (0118.jp2)
  29. 6-2.有限要素法による三相球分散系の有効熱伝導率解析 / p115 (0120.jp2)
  30. 6-3.三相球分散ゲルの有効熱伝導率の測定 / p120 (0125.jp2)
  31. 6-4.結論 / p125 (0130.jp2)
  32. 要約 / p126 (0131.jp2)
  33. 使用記号 / p129 (0134.jp2)
  34. 引用文献 / p132 (0137.jp2)
  35. 謝辞 / p139 (0144.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000098170
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000098399
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000262484
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ