インヒビンによるラットのFSH分泌調節機構に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 渡辺, 元 ワタナベ, ゲン

書誌事項

タイトル

インヒビンによるラットのFSH分泌調節機構に関する研究

著者名

渡辺, 元

著者別名

ワタナベ, ゲン

学位授与大学

東京大学

取得学位

博士 (農学)

学位授与番号

乙第10528号

学位授与年月日

1992-02-10

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 第1章 緒論 / p1 (0010.jp2)
  3. 1.1 2つの性腺刺激ホルモン / p2 (0011.jp2)
  4. 1.2 インヒビン仮説の誕生 / p3 (0012.jp2)
  5. 1.3 雌における発育卵胞数の情報伝達物質としてのインヒビン / p5 (0014.jp2)
  6. 1.4 雄におけるインヒビンの役割 / p5 (0014.jp2)
  7. 第2章 実験材料および方法 / p7 (0016.jp2)
  8. 2.1 実験動物 / p7 (0016.jp2)
  9. 2.2 ラット卵巣ホモジネートの調製 / p7 (0016.jp2)
  10. 2.3 ウシ卵胞液(bFF)およびブタ卵胞液(pFF) / p7 (0016.jp2)
  11. 2.4 インヒビンの生物活性測定法 / p8 (0017.jp2)
  12. 2.5 抗ブタ・インヒビン血清の作製 / p11 (0020.jp2)
  13. 2.6 下垂体ホモジネートの作製 / p11 (0020.jp2)
  14. 2.7 性腺刺激ホルモンのRIA / p13 (0022.jp2)
  15. 2.8 ステロイドホルモンのRIA / p13 (0022.jp2)
  16. 2.9 抗LH放出ホルモン(LHRH)血清 / p13 (0022.jp2)
  17. 2.10 統計処理 / p14 (0023.jp2)
  18. 第3章 ラット・インヒビンのラジオイムノアッセイ(RIA)法の確立 / p15 (0024.jp2)
  19. 3.1 実験材料および方法 / p16 (0025.jp2)
  20. 3.2 結果 / p21 (0030.jp2)
  21. 3.3 考察 / p31 (0040.jp2)
  22. 第4章 インヒビンによる雌ラットのFSH分泌調節機序 / p38 (0047.jp2)
  23. 4.1 雌ラットの発育に伴う末梢血液中FSH、LHおよびインヒビン濃度と下垂体中FSH、LH含有量の変化(性成熟まで) / p38 (0047.jp2)
  24. 4.2 成熟雌ラットの発情周期に伴う末梢血液中インヒビン濃度の変化 / p42 (0051.jp2)
  25. 4.3 FSHの大量放出(サージ)とインヒビン分泌 / p51 (0060.jp2)
  26. 4.4 抗インヒビン血清投与による過排卵誘起 / p73 (0082.jp2)
  27. 4.5 考察 / p84 (0093.jp2)
  28. 第5章 インヒビンによる雄ラットのFSH調節機序 / p99 (0108.jp2)
  29. 5.1 実験材料および方法 / p99 (0108.jp2)
  30. 5.2 結果 / p101 (0110.jp2)
  31. 5.3 考察 / p111 (0120.jp2)
  32. 第6章 総括 / p121 (0130.jp2)
  33. 謝辞 / p125 (0134.jp2)
  34. 参考文献 / p126 (0135.jp2)
4アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000098172
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000098401
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000262486
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ