「認知的複雑性」と「社会的知覚システムの『進化』」に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 坂元, 章, 1963- サカモト, アキラ

書誌事項

タイトル

「認知的複雑性」と「社会的知覚システムの『進化』」に関する研究

著者名

坂元, 章, 1963-

著者別名

サカモト, アキラ

学位授与大学

東京大学

取得学位

博士 (社会学)

学位授与番号

乙第10540号

学位授与年月日

1992-02-12

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 序章 序論と目的 / p1 (0006.jp2)
  3. 1.本論文の表題 / p2 (0007.jp2)
  4. 2.本論文の目的 / p3 (0008.jp2)
  5. 3.本論文の構成 / p6 (0011.jp2)
  6. 第1部「認知的複雑性」と「社会的知覚システムの『進化』」に関する「理論志向的」研究 / p7 (0012.jp2)
  7. 第1章「認知的複雑性」研究に関する歴史的経緯と混乱 / p8 (0013.jp2)
  8. 第1-1節 Kellyの構成システムの概念 / p11 (0016.jp2)
  9. 第1-2節 Kellyの構成システムの測定 / p16 (0021.jp2)
  10. 第1-3節 Bieri系の分化性の測定と知見 / p18 (0023.jp2)
  11. 第1-4節 Crockett系の分化性の測定と知見 / p24 (0029.jp2)
  12. 第1-5節 Bannister系の統合性の測定と知見 / p26 (0031.jp2)
  13. 第1-6節 研究系統間の指標と知見に関する混乱 / p27 (0032.jp2)
  14. 第1-7節 Repテストによる各々の指標に関する実証的検討 / p30 (0035.jp2)
  15. 第1-8節 要約 / p40 (0045.jp2)
  16. 第2章「認知的複雑性」研究間の混乱の解消 / p42 (0047.jp2)
  17. 第2-1節 表象過程と判断過程 / p44 (0049.jp2)
  18. 第2-2節 反応の多次元性と相互作用 / p47 (0052.jp2)
  19. 第2-3節 要約 / p59 (0064.jp2)
  20. 第3章 評定対象の熟知性・好意性と反応の多次元性との関連性に関する研究 / p60 (0065.jp2)
  21. 第3-1節 問題 / p62 (0067.jp2)
  22. 第3-2節 調査1 / p68 (0073.jp2)
  23. 第3-3節 調査2 / p76 (0081.jp2)
  24. 第3-4節 結論と補足 / p81 (0086.jp2)
  25. 第3-5節 要約 / p83 (0088.jp2)
  26. 第4章 評定時間・評定負担が反応の多次元性に及ぼす効果に関する研究 / p84 (0089.jp2)
  27. 第4-1節 最初の「評定時間効果」研究(実験1) / p87 (0092.jp2)
  28. 第4-2節「評定時間効果」研究の混乱(実験2・実験3) / p96 (0101.jp2)
  29. 第4-3節「情報処理量によるU字形変化」仮説 / p102 (0107.jp2)
  30. 第4-4節「情報処理量によるU字形変化」仮説の実験的検討(実験4) / p107 (0112.jp2)
  31. 第4-5節 結論 / p117 (0122.jp2)
  32. 第4-6節 要約 / p119 (0124.jp2)
  33. 第5章 活性化が反応の多次元性に及ぼす効果に関する研究 / p121 (0126.jp2)
  34. 第5-1節 最初の「活性化」実験(実験1) / p124 (0129.jp2)
  35. 第5-2節「活性化による促進」仮説と「多情報による評価的処理」仮説 / p142 (0147.jp2)
  36. 第5-3節「評価的処理」仮説と「活性化」仮説の実験的検討(実験2) / p145 (0150.jp2)
  37. 第5-4節「活性化」仮説の実験的検討(実験3) / p155 (0160.jp2)
  38. 第5-5節 結論 / p160 (0165.jp2)
  39. 第5-6節 要約 / p162 (0167.jp2)
  40. 第6章 社会的知覚システムの『進化』に関するモデルの作成の試み / p164 (0169.jp2)
  41. 第6-1節 表象過程の『進化』 / p166 (0171.jp2)
  42. 第6-2節 判断過程の『進化』 / p170 (0175.jp2)
  43. 第6-3節 社会的知覚システムの『進化』に関するモデル / p178 (0183.jp2)
  44. 第6-4節 要約 / p181 (0186.jp2)
  45. 第2部「認知的複雑性」と「社会的知覚システムの『進化』」 に関する「問題志向的」研究 / p183 (0188.jp2)
  46. 第7章 多次元性の指標による社会問題に関する研究 / p184 (0189.jp2)
  47. 第7-1節 多次元性の指標の応用的有効性 / p186 (0191.jp2)
  48. 第7-2節 ソウル・オリンピックによる外国イメージの変化 / p188 (0193.jp2)
  49. 第7-3節「血液型性格学」現象と知覚の歪み / p204 (0209.jp2)
  50. 第7-4節 要約 / p212 (0217.jp2)
  51. 第8章 Crockettの指標による社会問題に関する研究 / p214 (0219.jp2)
  52. 第8-1節 Crockettの指標の応用的有効性 / p216 (0221.jp2)
  53. 第8-2節 テレビゲーム使用と子供の社会的適応 / p218 (0223.jp2)
  54. 第8-3節 コンピューター使用と子供の社会的適応 / p233 (0238.jp2)
  55. 第8-4節 要約 / p244 (0249.jp2)
  56. 終章 結論と意義 / p246 (0251.jp2)
  57. 1.結論と今後の研究 / p247 (0252.jp2)
  58. 2.本論文の意義 / p252 (0257.jp2)
  59. 要約 / p255 (0260.jp2)
  60. 引用文献 / p263 (0268.jp2)
  61. 付録 / p276 (0281.jp2)
  62. 謝辞 / p297 (0302.jp2)
8アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000098184
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000965431
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000262498
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ