単層壁の音響透過機構の解析とSEA法の適用に関する実証的研究

この論文をさがす

著者

    • 黒木, 荘一郎 クロキ, ソウイチロウ

書誌事項

タイトル

単層壁の音響透過機構の解析とSEA法の適用に関する実証的研究

著者名

黒木, 荘一郎

著者別名

クロキ, ソウイチロウ

学位授与大学

東京大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

乙第10547号

学位授与年月日

1992-02-13

注記・抄録

博士論文

報告番号: 乙10547 ; 学位授与年月日: 1992-02-13 ; 学位の種別: 論文博士 ; 学位の種類: 博士(工学) ; 学位記番号: 第10547号 ; 研究科・専攻: 工学系研究科建築学専攻

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 第1章 序論 / p1 (0008.jp2)
  3. 1.1 研究の背景 / p2 (0009.jp2)
  4. 1.2 研究の目的 / p4 (0011.jp2)
  5. 1.3 論文の構成 / p5 (0012.jp2)
  6. 第2章 単層壁の音響透過特性に関する既往の波動解析理論 / p7 (0014.jp2)
  7. 2.1 まえがき / p8 (0015.jp2)
  8. 2.2 単板の解析理論の概要(小史) / p8 (0015.jp2)
  9. 2.3 無限大単板の解析理論 / p10 (0017.jp2)
  10. 2.4 有限寸法単板の音響透過特性 / p36 (0043.jp2)
  11. 2.5 総括 / p46 (0053.jp2)
  12. 第3章 統計的エネルギー解析(SEA)法による単層壁の音響透過損失 / p48 (0055.jp2)
  13. 3.1 まえがき / p49 (0056.jp2)
  14. 3.2 SEA法の概要と適用事例 / p49 (0056.jp2)
  15. 3.3 SEA法の原理 / p50 (0057.jp2)
  16. 3.4 SEA法を用いた壁体の音響透過損失の解析方法 / p53 (0060.jp2)
  17. 3.5 単層壁の透過損失への適用例と考察 / p58 (0065.jp2)
  18. 3.6 非共振透過に関する既往の理論式とその検討 / p59 (0066.jp2)
  19. 3.7 総括 / p62 (0069.jp2)
  20. 第4章 SEA法における非共振透過の修正 / p63 (0070.jp2)
  21. 4.1 まえがき / p64 (0071.jp2)
  22. 4.2 非共振透過の結合損失係数の修正 / p65 (0072.jp2)
  23. 4.3 修正されたSEA法の理論的考察 / p66 (0073.jp2)
  24. 4.4 総括 / p73 (0080.jp2)
  25. 第5章 音響透過損失の測定方法と測定精度 / p74 (0081.jp2)
  26. 5.1 まえがき / p75 (0082.jp2)
  27. 5.2 残響室‐残響室法音響透過損失測定法 / p75 (0082.jp2)
  28. 5.3 測定装置について / p78 (0085.jp2)
  29. 5.4 本研究における透過損失の規定 / p83 (0090.jp2)
  30. 5.5 測定精度に関する検討 / p83 (0090.jp2)
  31. 5.6 総括 / p87 (0094.jp2)
  32. 第6章 単層壁の音響透過特性とSEA法の適用に関する実験的検討 / p88 (0095.jp2)
  33. 6.1 まえがき / p89 (0096.jp2)
  34. 6.2 間柱をもつ単層壁の音響透過損失 / p90 (0097.jp2)
  35. 6.3 音波入射角度の制限による音響透過損失の変化 / p96 (0103.jp2)
  36. 6.4 周辺支持条件および内部損失係数に関する実験的検討 / p110 (0117.jp2)
  37. 6.5 低周波数領域におけるSEA法の適用に関する検討 / p119 (0126.jp2)
  38. 6.6 音響インテンシティによる音の流れの可視化と音響透過特性 / p126 (0133.jp2)
  39. 6.7 総括 / p134 (0141.jp2)
  40. 第7章 圧電振動板加振による損失係数の測定と内部損失係数の分離 / p136 (0143.jp2)
  41. 7.1 まえがき / p137 (0144.jp2)
  42. 7.2 総合損失係数の測定方法と支持条件の影響に関する検討 / p137 (0144.jp2)
  43. 7.3 SEA法の適用による結合損失係数の測定と内部損失係数の分離 / p146 (0153.jp2)
  44. 7.4 音響インテンシティによる放射特性の検証 / p153 (0160.jp2)
  45. 7.5 総括 / p161 (0168.jp2)
  46. 第8章 SEA法による単層壁の遮音解析および予測手法 / p162 (0169.jp2)
  47. 8.1 まえがき / p163 (0170.jp2)
  48. 8.2 遮音解析・予測のフロー / p163 (0170.jp2)
  49. 8.3 基本データの設定 / p163 (0170.jp2)
  50. 8.4 SEAパラメータの設定法 / p165 (0172.jp2)
  51. 8.5 遮音量の算出と低周波数領域の検討 / p169 (0176.jp2)
  52. 8.6 SEA法による透過損失推定例 / p170 (0177.jp2)
  53. 8.7 総括 / p172 (0179.jp2)
  54. 第9章 結語 / p173 (0180.jp2)
  55. 9.1 研究結果のまとめ / p174 (0181.jp2)
  56. 9.2 今後の研究課題 / p180 (0187.jp2)
  57. 付録-1 パーソナルコンピューターを利用した音響透過損失測定システム / p182 (0189.jp2)
  58. 1.1 音響信号処理ボードの作製 / p182 (0189.jp2)
  59. 1.2 測定結果および考察 / p187 (0194.jp2)
  60. 1.3 まとめ / p191 (0198.jp2)
  61. 参考文献 / p192 (0199.jp2)
  62. 謝辞 / p197 (0204.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000098191
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000098420
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000262505
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ