新都市建設にかかわる開発方式の研究 : 協調・誘導型新都市開発方式の必要性とその適用性

この論文をさがす

著者

    • 椎名, 彪 シイナ, タケシ

書誌事項

タイトル

新都市建設にかかわる開発方式の研究 : 協調・誘導型新都市開発方式の必要性とその適用性

著者名

椎名, 彪

著者別名

シイナ, タケシ

学位授与大学

東京大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

乙第10548号

学位授与年月日

1992-02-13

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 第1章 序論 / p1 (0008.jp2)
  3. 1-1 本研究の目的と背景 / p1 (0008.jp2)
  4. 1-2 本論文の内容と構成 / p5 (0012.jp2)
  5. 第2章 新都市開発の位置付けと開発方式の沿革 / p9 (0017.jp2)
  6. 2-1 戦前の新都市開発 / p9 (0017.jp2)
  7. 2-2 戦後経済復興期から高度経済成長期の新都市開発 / p18 (0026.jp2)
  8. 2-3 高度径済成長期から安定成長期の新都市開発 / p25 (0033.jp2)
  9. 2-4 現代の新都市開発 / p53 (0061.jp2)
  10. 2-5 結語 / p57 (0065.jp2)
  11. 第3章 新都市開発推進上の基本的課題 / p61 (0070.jp2)
  12. 3-1 新しい「新都市開発」を求める背景 / p61 (0070.jp2)
  13. 3-2 既往の新都市開発方式の問題点 / p72 (0081.jp2)
  14. 3-3 新しい「新都市開発方式」を受け入れる周辺条件の変化 / p85 (0094.jp2)
  15. 3-4 結語 / p88 (0097.jp2)
  16. 第4章 新たな新都市開発方式の展望 / p93 (0103.jp2)
  17. 4-1 新しい時代の新都市開発の各段階における基本的要件 / p94 (0104.jp2)
  18. 4-2 新都市開発のための開発方式―協調・誘導型開発方式の必要性 / p101 (0111.jp2)
  19. 4-3 新都市開発における開発者負担の必要性 / p106 (0116.jp2)
  20. 4-4 結語 / p115 (0125.jp2)
  21. 第5章 協調・誘導型新都市開発方式の適用 / p119 (0130.jp2)
  22. 5-1 開発の場とその特性 / p120 (0131.jp2)
  23. 5-2 開発計画―広島市西部丘陵都市開発計画 / p125 (0136.jp2)
  24. 5-3 開発方式の選択 / p134 (0145.jp2)
  25. 5-4 協調・誘導型新都市開発方式のシステム設計 / p140 (0151.jp2)
  26. 5-5 開発計画調整の実際 / p148 (0159.jp2)
  27. 5-6 開発負担調整の実際的手法の構築 / p161 (0172.jp2)
  28. 5-7 開発利益還元手法の技術的要点 / p171 (0182.jp2)
  29. 5-8 結語 / p192 (0203.jp2)
  30. 第6章 協調・誘導型新都市開発方式実効化のための要件 / p197 (0209.jp2)
  31. 6-1 協調・誘導型開発方式の特徴 / p197 (0209.jp2)
  32. 6-2 本方式の適用性とその拡充のための留意点 / p207 (0219.jp2)
  33. 6-3 結語 / p209 (0221.jp2)
  34. 第7章 結論 / p213 (0226.jp2)
  35. 7-1 協調・誘導型新都市開発方式の必要性とその適用性 / p213 (0226.jp2)
  36. 7-2 今後の展望 / p222 (0235.jp2)
2アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000098192
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000098421
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000262506
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ