薄鋼板の温度依存性と成形技術に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 大上, 哲郎 オオウエ, テツロウ

書誌事項

タイトル

薄鋼板の温度依存性と成形技術に関する研究

著者名

大上, 哲郎

著者別名

オオウエ, テツロウ

学位授与大学

東京大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

乙第10559号

学位授与年月日

1992-02-13

注記・抄録

博士論文

報告番号: 乙10559 ; 学位授与年月日: 1992-02-13 ; 学位の種別: 論文博士 ; 学位の種類: 博士(工学) ; 学位記番号: 第10559号 ; 研究科・専攻: 工学系研究科精密機械工学専攻

目次

  1. 目次 / 目次1 / (0019.jp2)
  2. 第1章 序論 / p1 (0024.jp2)
  3. 1・1 緒言 / p1 (0024.jp2)
  4. 1・2 薄鋼板の温度を利用した成形研究の経緯と本論文の狙い / p2 (0025.jp2)
  5. 1・3 樹脂複合鋼板の成形性に関する研究の経緯と本論文の狙い / p9 (0032.jp2)
  6. -第I部 薄鋼板の温度と成形性- / p19 (0042.jp2)
  7. 第2章 薄鋼板の機械的特性の温度依存性 / p20 (0043.jp2)
  8. 2・1 緒言 / p20 (0043.jp2)
  9. 2・2 実験方法 / p21 (0044.jp2)
  10. 2・3 実験結果 / p26 (0049.jp2)
  11. 2・4 結言 / p43 (0066.jp2)
  12. 第3章 薄鋼板の深絞り成形性 / p46 (0069.jp2)
  13. 3・1 緒言 / p46 (0069.jp2)
  14. 3・2 実験方法 / p47 (0070.jp2)
  15. 3・3 実験結果とその解析 / p53 (0076.jp2)
  16. 3・4 結言 / p89 (0112.jp2)
  17. 第4章 薄鋼板の張出成形性 / p92 (0115.jp2)
  18. 4・1 緒言 / p92 (0115.jp2)
  19. 4・2 実験方法 / p93 (0116.jp2)
  20. 4・3 実験結果 / p98 (0121.jp2)
  21. 4・4 結言 / p98 (0121.jp2)
  22. 第5章 薄鋼板の曲げ成形性 / p100 (0123.jp2)
  23. 5・1 緒言 / p100 (0123.jp2)
  24. 5・2 実験方法 / p101 (0124.jp2)
  25. 5・3 実験結果と考察 / p105 (0128.jp2)
  26. 5・4 結言 / p113 (0136.jp2)
  27. 第6章 第I部の総括 / p117 (0140.jp2)
  28. 6・1 薄鋼板の機械的特性の温度依存性 / p117 (0140.jp2)
  29. 6・2 薄鋼板の深絞り成形性の温度依存性 / p119 (0142.jp2)
  30. 6・3 薄鋼板の張出成形性の温度依存性 / p122 (0145.jp2)
  31. 6・4 薄鋼板の曲げ成形性の温度依存性 / p123 (0146.jp2)
  32. 6・5 結言 / p124 (0147.jp2)
  33. -第II部 樹脂複合鋼板の温度と成形性- / p128 (0151.jp2)
  34. 第7章 樹脂複合鋼板の機械的特性の温度依存性 / p129 (0152.jp2)
  35. 7・1 緒言 / p129 (0152.jp2)
  36. 7・2 樹脂複合鋼板の分類 / p130 (0153.jp2)
  37. 7・3 実験方法 / p131 (0154.jp2)
  38. 7・4 実験結果及び考察 / p138 (0161.jp2)
  39. 7・5 結言 / p156 (0179.jp2)
  40. 第8章 樹脂複合鋼板の深絞り成形性 / p160 (0183.jp2)
  41. 8・1 緒言 / p160 (0183.jp2)
  42. 8・2 予備的実験 / p161 (0184.jp2)
  43. 8・3 温度可変金型による低温及び温間深絞り成形実験方法 / p167 (0190.jp2)
  44. 8・4 温度可変金型による低温及び温間深絞り成形実験結果 / p169 (0192.jp2)
  45. 8・5 考察 / p175 (0198.jp2)
  46. 8・6 結言 / p183 (0206.jp2)
  47. 第9章 樹脂複合鋼板の張出成形性 / p184 (0207.jp2)
  48. 9・1 緒言 / p184 (0207.jp2)
  49. 9・2 実験方法 / p185 (0208.jp2)
  50. 9・3 実験結果 / p188 (0211.jp2)
  51. 9・4 考察 / p192 (0215.jp2)
  52. 9・5 結言 / p195 (0218.jp2)
  53. 第10章 樹脂複合鋼板の曲げ成形性 / p197 (0220.jp2)
  54. 10・1 緒言 / p197 (0220.jp2)
  55. 10・2 実験方法 / p198 (0221.jp2)
  56. 10・3 実験結果 / p204 (0227.jp2)
  57. 10・4 V曲げ成形の有限要素法によるシミュレーション / p204 (0227.jp2)
  58. 10・5 結言 / p212 (0235.jp2)
  59. 第11章 第II部の総括 / p214 (0237.jp2)
  60. 11・1 樹脂複合鋼板の機械的特性の温度依存性 / p214 (0237.jp2)
  61. 11・2 樹脂複合鋼板の深絞り成形性の温度依存性 / p215 (0238.jp2)
  62. 11・3 樹脂複合鋼板の張出成形性の温度依存性 / p217 (0240.jp2)
  63. 11・4 樹脂複合鋼板の曲げ成形性の温度依存性 / p218 (0241.jp2)
  64. 11・5 結言 / p219 (0242.jp2)
  65. 第12章 結論 / p223 (0246.jp2)
  66. 12・1 薄鋼板と樹脂複合鋼板の成形性を支配する材料特性 / p223 (0246.jp2)
  67. 12・2 薄鋼板と樹脂複合鋼板の最適成形温度 / p225 (0248.jp2)
  68. 謝辞 / p229 (0252.jp2)
  69. 提出論文一覧 / p230 (0253.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000098203
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000098432
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000262517
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ