3次元視覚化表示のソフトウェア工学への応用 3次元視覚化表示のソフトウェア工学への応用

この論文をさがす

著者

    • 小池, 英樹, 1961- コイケ, ヒデキ

書誌事項

タイトル

3次元視覚化表示のソフトウェア工学への応用

タイトル別名

3次元視覚化表示のソフトウェア工学への応用

著者名

小池, 英樹, 1961-

著者別名

コイケ, ヒデキ

学位授与大学

東京大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

甲第9200号

学位授与年月日

1991-05-30

注記・抄録

博士論文

報告番号: 甲09200 ; 学位授与年月日: 1991-05-30 ; 学位の種別: 課程博士 ; 学位の種類: 博士(工学) ; 学位記番号: 博工第2727号 ; 研究科・専攻: 工学系研究科情報工学専攻

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 1 序論 / p1 (0010.jp2)
  3. 1.1 本研究の背景と目的 / p1 (0010.jp2)
  4. 1.2 本研究の立場 / p3 (0012.jp2)
  5. 1.3 本論文の構成 / p5 (0014.jp2)
  6. 2 図形言語とソフトウェア視覚化 / p7 (0017.jp2)
  7. 2.1 緒言 / p7 (0017.jp2)
  8. 2.2 図形言語 / p8 (0018.jp2)
  9. 2.3 ソフトウェア視覚化 / p18 (0028.jp2)
  10. 2.4 ソフトウェア視覚化システム概観 / p20 (0030.jp2)
  11. 2.5 図形言語とソフトウェア視覚化に関する考察 / p26 (0036.jp2)
  12. 3 ソフトウェアの3次元視覚化 / p30 (0041.jp2)
  13. 3.1 緒言 / p30 (0041.jp2)
  14. 3.2 3次元CGの他分野での利用法 / p32 (0043.jp2)
  15. 3.3 ソフトウェア視覚化における3次元の利用法 / p34 (0045.jp2)
  16. 3.4 3次元視覚化ツールを実現する上で考慮すべき点 / p48 (0059.jp2)
  17. 4 表示情報量制御に関する考察‐Generalized Fractal Views の開発‐ / p51 (0063.jp2)
  18. 4.1 緒言 / p51 (0063.jp2)
  19. 4.2 表示情報量制御に関する従来の研究 / p52 (0064.jp2)
  20. 4.3 Generalized Fractal Views / p58 (0070.jp2)
  21. 5 試作システムVOGUE / p69 (0082.jp2)
  22. 5.1 緒言 / p69 (0082.jp2)
  23. 5.2 VOGUEの設計指針 / p71 (0084.jp2)
  24. 5.3 システム構成 / p74 (0087.jp2)
  25. 5.4 オブジェクト指向データベース / p82 (0095.jp2)
  26. 5.5 3次元Grapher / p97 (0110.jp2)
  27. 5.6 拡張機能の実現 / p119 (0132.jp2)
  28. 5.7 データペースとの結合 / p131 (0144.jp2)
  29. 5.8 本章のまとめ / p135 (0148.jp2)
  30. 6 適用例1:電力制御用ソフトウェア / p136 (0150.jp2)
  31. 6.1 緒言 / p136 (0150.jp2)
  32. 6.2 電力制御用ソフトウェアとタスク間通信 / p138 (0152.jp2)
  33. 6.3 VOGUEによるタスク間通信の視覚化 / p143 (0157.jp2)
  34. 6.4 表示情報量の制御 / p148 (0162.jp2)
  35. 6.5 時間軸の導入によるプロセス・モニタの実現 / p166 (0180.jp2)
  36. 6.6 電力制御用システム障害時の実例の視覚化 / p172 (0186.jp2)
  37. 6.7 分散マニピュレータにおけるメッセージ送信の視覚化 / p186 (0200.jp2)
  38. 6.8 本章のまとめ / p198 (0212.jp2)
  39. 7 適用例2:オブジェクト指向言語のクラス・ライブラリ / p200 (0215.jp2)
  40. 7.1 緒言 / p200 (0215.jp2)
  41. 7.2 メソッド探索における2視点 / p201 (0216.jp2)
  42. 7.3 VOGUEによるクラス・ライブラリの視覚化 / p206 (0221.jp2)
  43. 7.4 被験者実験による有効性の検証 / p212 (0227.jp2)
  44. 7.5 より複雑な例での実験-Flavorへの対応- / p223 (0238.jp2)
  45. 7.6 大規模データへの対応 / p231 (0246.jp2)
  46. 7.7 本章のまとめ / p240 (0255.jp2)
  47. 8 考察および展望 / p242 (0258.jp2)
  48. 8.1 演繹オブジェクト指向データベースとの関連 / p242 (0258.jp2)
  49. 8.2 人工現実感との融合‐VOGUE-AR‐ / p244 (0260.jp2)
  50. 8.3 Generalized Fractal Views の応用 / p251 (0267.jp2)
  51. 8.4 情報、制約条件、形 / p263 (0279.jp2)
  52. 9 結論 / p267 (0284.jp2)
  53. 謝辞 / p271 (0289.jp2)
  54. 参考文献 / p273 (0292.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000098316
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000953191
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000262630
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ