四塩化炭素誘発肝障害に対するグリチルレチン酸誘導体の研究

この論文をさがす

著者

    • 黄, 文讚 ホアン, ウンツァン

書誌事項

タイトル

四塩化炭素誘発肝障害に対するグリチルレチン酸誘導体の研究

著者名

黄, 文讚

著者別名

ホアン, ウンツァン

学位授与大学

東京大学

取得学位

博士 (薬学)

学位授与番号

甲第9202号

学位授与年月日

1991-06-12

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 第一章 序論 / p1 (0004.jp2)
  3. 第二章 グリチルレチン酸誘導体の四塩化炭素誘発肝障害に対する研究in vivo / p5 (0008.jp2)
  4. 第一節 マウスのCCl₄誘発肝障害に対するグリチルレチン酸誘導体の効果 / p6 (0009.jp2)
  5. 第二節 ラットのCCl₄誘発肝障害に対するグリチルレチン酸誘導体の効果 / p12 (0015.jp2)
  6. 第三節 ラットのβ-D-galactosamine誘発肝障害に対するグリチルレチン酸誘導体の効果 / p19 (0022.jp2)
  7. 第三章 ラット単離肝細胞のCCl₄誘発肝障害に対するグリチルレチン酸誘導体の効果in vitro / p26 (0029.jp2)
  8. 第四章 マウスのCCl₄誘発肝障害に対するolean-9(ll),12-diene-3β,30-diol 3β,O-hemisuccinate Na Salt(Ⅲb)の作用 / p37 (0040.jp2)
  9. 第五章 18β-olean-12-ene-3β,30-diol(deoxoglycyrrhetol)3β-monohe misuccinate(IIb)の抗アレルギー作用 / p44 (0047.jp2)
  10. 第一節 第I型アレルギー(Passive cutaneous anaphylaxis)に対するIIbの作用 / p45 (0048.jp2)
  11. 第二節 第II型アレルギー(馬杉腎炎)に対するIIbの作用 / p50 (0053.jp2)
  12. 第三節 第Ⅲ型アレルギー(アルサス現象)に対するIIbの作用 / p56 (0059.jp2)
  13. 第四節 第IV型アレルギー(遅延型皮膚アレルギー)に対するIIbの作用 / p60 (0063.jp2)
  14. 第六章 結論 / p69 (0072.jp2)
  15. 謝辞 / p73 (0076.jp2)
  16. 文献 / p71 (0074.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000098318
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000098547
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000262632
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ