中国文学における「情」と「恋愛」 : その比較文化史的研究

この論文をさがす

著者

    • 張, 競, 1953- チョウ, キョウ

書誌事項

タイトル

中国文学における「情」と「恋愛」 : その比較文化史的研究

著者名

張, 競, 1953-

著者別名

チョウ, キョウ

学位授与大学

東京大学

取得学位

博士 (学術)

学位授与番号

甲第9271号

学位授与年月日

1991-12-20

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 序論 / p1 (0008.jp2)
  3. 問題提起-西洋的恋愛の発見と衝撃-伝統の恋-恋愛の受容-研究目的-先行研究-論考の方法 / p1 (0008.jp2)
  4. 第一部 「情」の展開 / p8 (0015.jp2)
  5. 第一章 「情」という概念の変遷 / p9 (0016.jp2)
  6. 一 先秦時代の「情」の文化的意味について-『礼記』の記述を中心に / p9 (0016.jp2)
  7. 二 情と欲との接点-『筍子』の中の「情」について / p31 (0038.jp2)
  8. 第二章 恋の抒情の表現原型 / p42 (0049.jp2)
  9. 一 恋の情緒としての「情」 / p43 (0050.jp2)
  10. 二 恋の抒情の原型-思慕に集約された感情 / p48 (0055.jp2)
  11. 三 「恋」とされた夫婦の情 / p53 (0060.jp2)
  12. 四 漢代と六朝時代での継承 / p56 (0064.jp2)
  13. 五 情の指向性-女から男への情 / p61 (0069.jp2)
  14. 六 「怨情」-漢代の発見 / p65 (0073.jp2)
  15. 七 宮怨-自己へ向ける哀婉の「情」 / p70 (0078.jp2)
  16. 第三章 天上の「情」から地上の「情」へ-人神の恋と人怪の恋をめぐって / p79 (0087.jp2)
  17. 一 文化現象としての恋 / p79 (0087.jp2)
  18. 二 『遊仙窟』にみる女性への恋の情熱 / p84 (0092.jp2)
  19. 三 恋と神権の加護 / p90 (0098.jp2)
  20. 四 人神の恋の流れ / p95 (0103.jp2)
  21. 五 「情」の表現の迷彩 / p101 (0109.jp2)
  22. 六 人間と妖怪の間の恋情 / p107 (0116.jp2)
  23. 七 人間存在への視線 / p111 (0120.jp2)
  24. 第四章 三つの恋 / p117 (0126.jp2)
  25. 一 未婚男女のあいだの恋-『鶯鶯伝』の「恋」をめぐって / p118 (0127.jp2)
  26. 二 遊里の恋-「霍小玉伝」をめぐって / p131 (0140.jp2)
  27. 三 結婚の後の「恋」-「柳氏伝」をめぐって / p142 (0151.jp2)
  28. 第五章 姦通の系譜-「情」と関係をめぐって / p153 (0162.jp2)
  29. 一 史実としての姦通 / p153 (0162.jp2)
  30. 二 崇高な恋-『非煙伝』に見られる姦通 / p160 (0169.jp2)
  31. 三 才子から道化へ-宋代の文言小説 / p168 (0177.jp2)
  32. 四 堕落、宿命、因果応報-話本の場合 / p174 (0183.jp2)
  33. 五 女の罪-姦通の責任 / p179 (0188.jp2)
  34. 六 市井の色事-西門慶と潘金蓮 / p181 (0190.jp2)
  35. 七 主従の密通の種種相 / p186 (0195.jp2)
  36. 八 貴婦人との火遊び / p190 (0199.jp2)
  37. 九 姦通と恋とその他 / p194 (0203.jp2)
  38. 第六章 辺境文化と新しい恋-『紅楼夢』をめぐって / p199 (0208.jp2)
  39. 一 恋人像の変容 / p200 (0209.jp2)
  40. 二 第三者のいない恋 / p204 (0213.jp2)
  41. 三 戯れ、嫉妬、誤解-新しい恋の表現法 / p208 (0217.jp2)
  42. 四 満族文化の南下 / p214 (0223.jp2)
  43. 五 「真心」と先行小説 / p221 (0230.jp2)
  44. 六 元、明の戯曲の影響 / p226 (0235.jp2)
  45. 七 「純粋」になった「情」 / p230 (0239.jp2)
  46. 第二部 恋愛の発見 / p236 (0245.jp2)
  47. 第七章 交錯する視線-西洋的恋愛発見の序幕 / p237 (0247.jp2)
  48. 一 一八七〇年代の欧州で見た舞踏会の男女たち / p237 (0247.jp2)
  49. 二 窓から見た風景-辛亥革命前後の西洋恋愛観 / p254 (0264.jp2)
  50. 第八章 『椿姫』の衝撃 / p263 (0273.jp2)
  51. 一 翻訳の前夜 / p263 (0273.jp2)
  52. 二 東西の接点-類似する娼婦像の作用 / p267 (0277.jp2)
  53. 三 「恋愛」との出会い-新たな「情」の発見 / p271 (0281.jp2)
  54. 四 『巴黎茶花女遺事』の波紋 / p278 (0288.jp2)
  55. 第九章 東の「西洋」からの風-与謝野晶子の貞操論をめぐって / p286 (0296.jp2)
  56. 一 受容と文化基盤 / p287 (0297.jp2)
  57. 二 恋愛観と文化時差 / p291 (0301.jp2)
  58. 三 与謝野晶子の「貞操論」の前後 / p294 (0304.jp2)
  59. 四 なぜ「貞操論」なのか-翻訳の理由 / p297 (0307.jp2)
  60. 五 自由恋愛をめぐる攻防-「貞操論」発表後 / p301 (0311.jp2)
  61. 六 「貞操論」と恋愛観の変容 / p307 (0317.jp2)
  62. 第十章 『人形の家』の波紋-「家」と恋愛の対立構図 / p311 (0321.jp2)
  63. 一 『人形の家』の翻訳 / p311 (0321.jp2)
  64. 二 胡適の意識的な「誤解」 / p315 (0325.jp2)
  65. 三 旧い家を出る-「恋愛」との接点 / p319 (0329.jp2)
  66. 四 中国化したロマンティックな恋愛 / p324 (0334.jp2)
  67. 五 平行する課題-恋愛と自我の目覚め / p329 (0339.jp2)
  68. 六 魯迅の見た『人形の家』 / p333 (0343.jp2)
  69. 七 戯画化された恋愛 / p338 (0348.jp2)
  70. 第十一章 模倣の苦しい歴程 / p344 (0354.jp2)
  71. 一 表層的な模倣-張資平の恋愛描写について / p344 (0354.jp2)
  72. 二 「恋愛」の挫折と「世紀末」への逃避-郁達夫の「片恋」と「失恋」 / p372 (0382.jp2)
  73. 第十ニ章 排斥と吸収の両極 / p403 (0413.jp2)
  74. 一 ウェルテル式の情熱の行方-郭沫若の「カルメラ売り娘」をめぐって / p404 (0414.jp2)
  75. 二 近代的恋愛の雛型-馮沅君の「旅行」 / p423 (0433.jp2)
  76. 結論 / p436 (0446.jp2)
  77. 解明された問題-論じられていないことについての説明-テクストの選択の基準-残された問題-今後の課題と展望 / p436 (0446.jp2)
  78. 別冊 注、参考文献 / p1 (0456.jp2)
20アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000098387
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000953199
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000262701
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ