地理情報システム(GIS)と知識ベース(KB)を統合した居住環境評価支援システムの開発と利用

この論文をさがす

著者

    • 厳, 網林, 1960- ゲン, モウリン

書誌事項

タイトル

地理情報システム(GIS)と知識ベース(KB)を統合した居住環境評価支援システムの開発と利用

著者名

厳, 網林, 1960-

著者別名

ゲン, モウリン

学位授与大学

東京大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

甲第9430号

学位授与年月日

1992-03-30

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文の内容の要旨 / p1 (0003.jp2)
  2. 目次 / (0008.jp2)
  3. 第1章 序 / p1 (0016.jp2)
  4. §1-1 研究の背景 / p1 (0016.jp2)
  5. §1-2 研究の目的 / p3 (0018.jp2)
  6. §1-3 本論文の構成 / p3 (0018.jp2)
  7. [参考文献] / p4 (0019.jp2)
  8. 第2章 居住環境評価支援システムのありかた / p5 (0020.jp2)
  9. §2-1 市街地整備計画における居住環境の評価問題 / p5 (0020.jp2)
  10. 1.1 市街地整備のプロセスと居住環境評価の位置づけ / p5 (0020.jp2)
  11. 1.2 居住環境評価における問題点 / p9 (0024.jp2)
  12. §2-2 計算機支援システムの導入 / p19 (0034.jp2)
  13. 2.1 計算機支援システムによる支援 / p19 (0034.jp2)
  14. 2.2 関連システムの開発状況 / p21 (0036.jp2)
  15. §2-3 支援システムのあり方 / p25 (0040.jp2)
  16. 3.1 居住環境評価の基本要素 / p25 (0040.jp2)
  17. 3.2 支援システムの支援視点 / p26 (0041.jp2)
  18. 3.3 支援システムの基本構成 / p27 (0042.jp2)
  19. §2-4 研究の課題と解決の方針 / p29 (0044.jp2)
  20. 4.1 居住環境指標の体系化 / p29 (0044.jp2)
  21. 4.2 GISにおける曖昧な環境情報の管理 / p29 (0044.jp2)
  22. 4.3 居住環境指標の総合化 / p30 (0045.jp2)
  23. 4.4 市街地整備への適用 / p30 (0045.jp2)
  24. [参考文献] / p31 (0046.jp2)
  25. 第3章 居住環境指標の体系化 / p34 (0049.jp2)
  26. §3-1 居住環境指標の体系化の視点 / p34 (0049.jp2)
  27. 1.1 様々な環境指標 / p34 (0049.jp2)
  28. 1.2 既存の指標体系の問題点と本研究の視点 / p35 (0050.jp2)
  29. 1.3 体系化の方法 / p38 (0053.jp2)
  30. §3-2 生活目標次元と評価規範の設定 / p39 (0054.jp2)
  31. 2.1 生活目標次元と生活行為 / p39 (0054.jp2)
  32. 2.2 居住環境の評価規範 / p40 (0055.jp2)
  33. 2.3 居住環境要素の展開と評価規範の定義域 / p41 (0056.jp2)
  34. §3-3 評価項目と入力指標 / p45 (0060.jp2)
  35. 3.1 評価項目 / p45 (0060.jp2)
  36. 3.2 入力指標 / p47 (0062.jp2)
  37. §3-4 居住環境指標体系の検討 / p52 (0067.jp2)
  38. 4.1 従来の指標体系との比較 / p52 (0067.jp2)
  39. 4.2 地価の評価構造との比較 / p53 (0068.jp2)
  40. [参考文献] / p60 (0075.jp2)
  41. 第4章 環境データベースの構築 / p61 (0076.jp2)
  42. §4-1 GISを用いた基礎情報の管理と加工 / p61 (0076.jp2)
  43. 1.1 GISによる入力指標の加工 / p61 (0076.jp2)
  44. 1.2 既存のGISのデータ管理と加工の限界 / p64 (0079.jp2)
  45. §4-2 曖昧な空間情報の表現 / p66 (0081.jp2)
  46. 2.1 曖昧な空間情報の形態 / p66 (0081.jp2)
  47. 2.2 曖昧な空間情報の表現 / p68 (0083.jp2)
  48. 2.3 メンバシップ関数 / p74 (0089.jp2)
  49. §4-3 GISにおける曖昧な空間情報の管理 / p79 (0094.jp2)
  50. 3.1 GISにおける曖昧な空間情報の記述 / p79 (0094.jp2)
  51. 3.2 ファジイGISの構成 / p79 (0094.jp2)
  52. 3.3 FGISにおける曖昧な空問情報の操作 / p82 (0097.jp2)
  53. §4-4 曖昧な環境情報の視覚化 / p84 (0099.jp2)
  54. 4.1メンバシップ関数の集約 / p84 (0099.jp2)
  55. 4.2 メンバシップ関数の視覚化 / p86 (0101.jp2)
  56. [参考文献] / p91 (0106.jp2)
  57. 第5章 居住環境指標の総合化 / p93 (0108.jp2)
  58. §5-1 総合評価の枠組みと本研究の視点 / p93 (0108.jp2)
  59. 1.1各種の評価手 / p93 (0108.jp2)
  60. 1.2 本研究における総合評価の視点 / p97 (0112.jp2)
  61. §5-2 混合統合則 / p99 (0114.jp2)
  62. 2.1総合評価における統合基準 / p99 (0114.jp2)
  63. 2.2 混合統合則-AND/OR/COMB / p101 (0116.jp2)
  64. §5-3 ファジィ・ルールによる知識の表現 / p104 (0119.jp2)
  65. 3.1 指標体系からファジイ・ルールへ / p104 (0119.jp2)
  66. 3.2ファジイ ・ルールの表現 / p105 (0120.jp2)
  67. §5-4 混合統合則によるファジィ推論 / p111 (0126.jp2)
  68. 4.1 ファジイ推論の一般的統合手法 / p111 (0126.jp2)
  69. 4.2 混合統合則によるファジイ推論 / p112 (0127.jp2)
  70. [参考文献] / p116 (0131.jp2)
  71. 第6章 システムの市街地整備への適用 / p117 (0132.jp2)
  72. §6-1 地区の居住環境評価 / p117 (0132.jp2)
  73. 1.1 対象地区及びデータの整備 / p117 (0132.jp2)
  74. 1.2 地域の環境特性 / p121 (0136.jp2)
  75. §6-2 整備計画代替案の評価 / p127 (0142.jp2)
  76. 2.1 整備方針の検討 / p127 (0142.jp2)
  77. 2.2 既存の整備計画案の評価 / p129 (0144.jp2)
  78. §6-3 居住環境評価における個人選好の感度分析 / p133 (0148.jp2)
  79. 3.1 居住環境評価における感度分析の内容 / p133 (0148.jp2)
  80. 3.2 感度分析とその結果の考察 / p134 (0149.jp2)
  81. §6-4 用途地域指定と居住環境水準 / p140 (0155.jp2)
  82. 4.1 既存の用途地域指定の評価 / p140 (0155.jp2)
  83. 4.2 用途地域指定の見直し / p143 (0158.jp2)
  84. 4.3 用途地域指定の見直しの居住環境への影響 / p146 (0161.jp2)
  85. [参考文献] / p148 (0163.jp2)
  86. 第7章 結論 / p149 (0164.jp2)
  87. §7-1 本研究の成果と今後の発展方向 / p149 (0164.jp2)
  88. §7一2 支援システムの途上国への適用の展望 / p153 (0168.jp2)
  89. 付録1 用途地域指定に関する知識構造 / p155 (0170.jp2)
  90. 付録2 居住環境評価支援システムの概要 / p159 (0174.jp2)
  91. あとがき / p166 (0181.jp2)
2アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000098546
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000965460
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000262860
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ