F特異大腸菌ファージの指標性に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 神子, 直之 カミコ, ナオユキ

書誌事項

タイトル

F特異大腸菌ファージの指標性に関する研究

著者名

神子, 直之

著者別名

カミコ, ナオユキ

学位授与大学

東京大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

甲第9448号

学位授与年月日

1992-03-30

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 第1章 序論 / p1 (0005.jp2)
  3. 1.1.研究の背景 / p1 (0005.jp2)
  4. 1.2.検討すべき課題 / p2 (0006.jp2)
  5. 1.3.論文の内容と構成 / p3 (0007.jp2)
  6. 第2章 既存の研究 / p7 (0011.jp2)
  7. 2.1.環境中の病原微生物 / p7 (0011.jp2)
  8. 2.2.病原ウイルス検出技術の進展と水系におけるウイルスの重要性 / p9 (0013.jp2)
  9. 2.3.大腸菌ファージの性質 / p11 (0015.jp2)
  10. 2.4.病原性微生物の指標 / p19 (0023.jp2)
  11. 2.5.病原ウイルスに対応する指標としての大腸菌ファージ / p22 (0026.jp2)
  12. 2.6.モデルウイルスとしての大腸菌ファージ / p26 (0030.jp2)
  13. 第3章 大腸菌ファージの増殖特性 / p27 (0031.jp2)
  14. 3.1.序 / p27 (0031.jp2)
  15. 3.2.既存の研究とその問題点 / p28 (0032.jp2)
  16. 3.3.実験方法 / p29 (0033.jp2)
  17. 3.4.実験結果 / p34 (0038.jp2)
  18. 3.5.考察 / p62 (0066.jp2)
  19. 第4章 環境中の野生大腸菌ファージの増殖の可能性 / p65 (0069.jp2)
  20. 4.1.序 / p65 (0069.jp2)
  21. 4.2.既存の研究とその問題点 / p65 (0069.jp2)
  22. 4.3.実験方法 / p66 (0070.jp2)
  23. 4.4.実験結果 / p68 (0072.jp2)
  24. 4.5.考察 / p73 (0077.jp2)
  25. 第5章 大腸菌ファージの河川及び感潮域での挙動 / p78 (0082.jp2)
  26. 5.1.序 / p78 (0082.jp2)
  27. 5.2.既存の研究とその問題点 / p79 (0083.jp2)
  28. 5.3.調査方法 / p80 (0084.jp2)
  29. 5.4.調査結果 / p86 (0090.jp2)
  30. 5.5.考察 / p106 (0110.jp2)
  31. 第6章 大腸菌ファージの指標性 / p109 (0113.jp2)
  32. 6.1.環境中のモデルウイルスとしての大腸菌ファージの利用 / p109 (0113.jp2)
  33. 6.2.大腸菌ファージを指標として用いる際の問題点 / p111 (0115.jp2)
  34. 6.3.F特異RNA大腸菌ファージの指標としての導入へ向けて / p113 (0117.jp2)
  35. 第7章 結論 / p114 (0118.jp2)
  36. 謝辞 / p116 (0120.jp2)
  37. 参考文献 / p118 (0122.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000098564
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000098793
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000262878
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ