疲労き裂進展過程の確率論的解析とその信頼性設計への応用

この論文をさがす

著者

    • 佐々木, 哲也 ササキ, テツヤ

書誌事項

タイトル

疲労き裂進展過程の確率論的解析とその信頼性設計への応用

著者名

佐々木, 哲也

著者別名

ササキ, テツヤ

学位授与大学

東京大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

甲第9456号

学位授与年月日

1992-03-30

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p2 (0003.jp2)
  2. 1 序論 / p12 (0013.jp2)
  3. 1.1 本研究の背景および目的 / p12 (0013.jp2)
  4. 1.2 従来の研究とその問題点 / p14 (0015.jp2)
  5. 1.3 本研究の方針 / p21 (0022.jp2)
  6. 1.4 本論文の構成 / p22 (0023.jp2)
  7. 2 信頼性工学的研究を指向した疲労き裂進展実験システムの開発 / p25 (0026.jp2)
  8. 2.1 概要 / p25 (0026.jp2)
  9. 2.2 疲労き裂進展実験システムに関する従来の研究とその問題点 / p26 (0027.jp2)
  10. 2.3 リアルタイム・マルチタスク処理導入の意義 / p29 (0030.jp2)
  11. 2.4 開発した疲労き裂進展実験システムの特徴 / p33 (0034.jp2)
  12. 2.5 開発した疲労き裂進展実験システムのハードウェア / p34 (0035.jp2)
  13. 2.6 開発した疲労き裂進展実験システムのソフトウェア / p39 (0040.jp2)
  14. 2.7 開発したシステム疲労き裂進展実験システムの評価 / p55 (0056.jp2)
  15. 2.8 分散処理による材料強度試験システム / p64 (0065.jp2)
  16. 2.9 結論 / p70 (0071.jp2)
  17. 3 疲労き裂進展過程の確率特性の解明とその確率モデル化 / p71 (0072.jp2)
  18. 3.1 概要 / p71 (0072.jp2)
  19. 3.2 不規則進展抵抗係数による疲労き裂進展則のランダム化 / p72 (0073.jp2)
  20. 3.3 不規則進展抵抗係数の確率特性の解析法 / p76 (0077.jp2)
  21. 3.4 実験方法 / p80 (0081.jp2)
  22. 3.5 実験結果の解析 / p84 (0085.jp2)
  23. 3.6 疲労き裂進展過程の確率モデルの構築 / p98 (0099.jp2)
  24. 3.7 結論 / p102 (0103.jp2)
  25. 4 数値シミュレーションによる提案モデルの妥当性の検討 / p103 (0104.jp2)
  26. 4.1 概要 / p103 (0104.jp2)
  27. 4.2 数値シミュレーションの方法 / p104 (0105.jp2)
  28. 4.3 定荷重振幅条件下での疲労き裂進展シミュレーション(I) / p106 (0107.jp2)
  29. 4.4 定荷重振幅条件下での疲労き裂進展シミュレーション(II) / p115 (0116.jp2)
  30. 4.5 結論 / p120 (0121.jp2)
  31. 5 疲労き裂進展寿命のばらつきの簡易推定法とその応用 / p121 (0122.jp2)
  32. 5.1 概要 / p121 (0122.jp2)
  33. 5.2 不規則進展抵抗係数の相関距離 / p122 (0123.jp2)
  34. 5.3 疲労き裂進展寿命のばらつきの簡易推定法 / p127 (0128.jp2)
  35. 5.4 σ〔数式〕と疲労き裂進展寿命の標準偏差との関係 / p130 (0131.jp2)
  36. 5.5 数値シミュレーションによる提案法の検討 / p135 (0136.jp2)
  37. 5.6 提案法の応用 / p141 (0142.jp2)
  38. 5.7 結論 / p147 (0148.jp2)
  39. 6 試験片板厚が疲労き裂進展抵抗に及ぼす影響 / p148 (0149.jp2)
  40. 6.1 概要 / p148 (0149.jp2)
  41. 6.2 実験方法 / p149 (0150.jp2)
  42. 6.3 実験結果の解析(I)─不規則進展抵抗係数に及ぼす板厚の影響 / p151 (0152.jp2)
  43. 6.4 実験結果の解析(II)─疲労き裂進展速度の平均値に及ぼす板厚の影響 / p156 (0157.jp2)
  44. 6.5 実験結果の解析(III)─疲労き裂進展寿命のばらつき / p160 (0161.jp2)
  45. 6.6 結論 / p164 (0165.jp2)
  46. 7 拡散過程論によるき裂進展過程の確率モデルの定式化とその数値解析 / p165 (0166.jp2)
  47. 7.1 概要 / p165 (0166.jp2)
  48. 7.2 疲労き裂進展過程の確率モデル / p166 (0167.jp2)
  49. 7.3 疲労き裂進展過程の確率モデルの定式化 / p167 (0168.jp2)
  50. 7.4 定式化した疲労き裂進展過程の確率モデルの解析法 / p171 (0172.jp2)
  51. 7.5 定式化した疲労き裂進展過程の確率モデルの数値解析例 / p175 (0176.jp2)
  52. 7.6 結論 / p178 (0179.jp2)
  53. 8 疲労き裂進展寿命のばらつきを考慮した信頼性設計手法 / p179 (0180.jp2)
  54. 8.1 概要 / p179 (0180.jp2)
  55. 8.2 安全寿命設計における信頼性概念の導入法 / p180 (0181.jp2)
  56. 8.3 損傷許容設計における信頼性概念の導入法 / p183 (0184.jp2)
  57. 8.4 供用中検査を行なう場合の破壊確率 / p186 (0187.jp2)
  58. 8.5 結論 / p187 (0188.jp2)
  59. 9 総括 / p188 (0189.jp2)
  60. A リアルタイム・マルチタスク処理の概念とその実現法 / p191 (0192.jp2)
  61. A.1 リアルタイム・マルチタスク処理とは / p191 (0192.jp2)
  62. A.2 リアルタイム・マルチタスク処理の実現法 / p192 (0193.jp2)
  63. B 確率過程の基礎理論 / p200 (0201.jp2)
  64. B.1 確率過程とは / p200 (0201.jp2)
  65. B.2 アンサンブル平均と自己相関関数 / p201 (0202.jp2)
  66. B.3 定常性とエルゴード性 / p202 (0203.jp2)
  67. B.4 パワースペクトル密度 / p203 (0204.jp2)
  68. B.5 データ処理の手法 / p204 (0205.jp2)
  69. C 拡散過程の基礎理論 / p207 (0208.jp2)
  70. C.1 条件付き確率とMarkov過程 / p207 (0208.jp2)
  71. C.2 拡散過程とKolmogorovの方程式 / p209 (0210.jp2)
  72. C.3 確率微分方程式と拡散過程 / p211 (0212.jp2)
  73. D 疲労き裂進展実験システムのハードウェア仕様 / p213 (0214.jp2)
  74. 参考文献 / p221 (0222.jp2)
  75. 研究業績 / p231 (0232.jp2)
  76. 謝辞 / p233 (0234.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000098572
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000098801
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000262886
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ