ファインセラミックス粉末の流動圧縮成形法に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 張, 黎紅 チャン, リホン

書誌事項

タイトル

ファインセラミックス粉末の流動圧縮成形法に関する研究

著者名

張, 黎紅

著者別名

チャン, リホン

学位授与大学

東京大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

甲第9458号

学位授与年月日

1992-03-30

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0006.jp2)
  2. 序論 / (0008.jp2)
  3. 1 緒言 / p1 (0009.jp2)
  4. 2 研究概要 / p3 (0010.jp2)
  5. 2.1 研究背景 / p3 (0010.jp2)
  6. 2.2 研究経緯 / p4 (0011.jp2)
  7. 2.3 研究目的 / p7 (0012.jp2)
  8. 2.4 研究課題 / p8 (0013.jp2)
  9. 3 ファインセラミックス粉末の既存成形加工技術 / p10 (0014.jp2)
  10. 3.1 プレス成形法 / p10 (0014.jp2)
  11. 3.2 流動成形法 / p13 (0015.jp2)
  12. 4 ファインセラミックス原料粉末および成形助剤 / p20 (0019.jp2)
  13. 4.1 一般ファインセラミックス粉末 / p20 (0019.jp2)
  14. 4.2 ファインセラミックス超電導材料 / p25 (0021.jp2)
  15. 4.3 ファインセラミックス粉末成形用バインダ / p30 (0024.jp2)
  16. 4.4 粉体のレオロジー / p44 (0031.jp2)
  17. 5 まとめ / p47 (0032.jp2)
  18. 参考文献 / p49 (0033.jp2)
  19. 第І部 ファインセラミックスの金型圧縮成形 / (0034.jp2)
  20. 第1章 水バインダを用いた凍結圧縮成形 / (0035.jp2)
  21. 1.1 緒言 / p51 (0036.jp2)
  22. 1.2 水バインダ凍結圧縮成形法 / p52 (0036.jp2)
  23. 1.3 流動性確認実験 / p53 (0037.jp2)
  24. 1.4 凍結真空乾燥実験 / p60 (0040.jp2)
  25. 1.5 凍結圧縮成形実験 / p63 (0042.jp2)
  26. 1.6 結言 / p67 (0044.jp2)
  27. 参考文献 / p72 (0046.jp2)
  28. 第2章 PVA水溶液バインダを用いた圧縮成形 / (0047.jp2)
  29. 2.1 緒言 / p74 (0048.jp2)
  30. 2.2 流動圧縮成形プロセス / p74 (0048.jp2)
  31. 2.3 成形実験方法 / p77 (0049.jp2)
  32. 2.4 圧粉成形性 / p82 (0052.jp2)
  33. 2.5 カップ成形実験 / p85 (0053.jp2)
  34. 2.6 圧縮流動性に対する考察 / p89 (0055.jp2)
  35. 2.7 振動重畳の効果 / p92 (0057.jp2)
  36. 2.8 結言 / p99 (0060.jp2)
  37. 参考文献 / p101 (0061.jp2)
  38. 第ІІ部 ファインセラミックスの押出し / (0062.jp2)
  39. 第3章 押出し成形における粉体の流動特性 / (0063.jp2)
  40. 3.1 緒言 / p103 (0064.jp2)
  41. 3.2 実験方法 / p104 (0064.jp2)
  42. 3.3 実験結果 / p106 (0065.jp2)
  43. 3.4 結言 / p123 (0074.jp2)
  44. 参考文献 / p126 (0075.jp2)
  45. 第4章 二重線材の押出し成形 / (0076.jp2)
  46. 4.1 緒言 / p127 (0076.jp2)
  47. 4.2 二重線材の押出し成形法 / p127 (0076.jp2)
  48. 4.3 実験方法 / p131 (0078.jp2)
  49. 4.4 実験結果と考察 / p134 (0080.jp2)
  50. 4.5 結言 / p149 (0087.jp2)
  51. 参考文献 / p150 (0088.jp2)
  52. 第5章 押出し成形による繊維の製造 / (0088.jp2)
  53. 5.1 緒言 / p151 (0089.jp2)
  54. 5.2 実験方法 / p153 (0090.jp2)
  55. 5.3 実験結果および考察 / p157 (0092.jp2)
  56. 5.4 結言 / p166 (0096.jp2)
  57. 参考文献 / p169 (0098.jp2)
  58. 第ІІІ部 押出し成形法に関する応用研究 / (0098.jp2)
  59. 第6章 圧縮成形法によるMgO坩堝の製造 / (0099.jp2)
  60. 6.1 緒言 / p170 (0100.jp2)
  61. 6.2 実験装置と供試原料 / p170 (0100.jp2)
  62. 6.3 MgO坩堝の圧縮成形プロセス / p171 (0100.jp2)
  63. 6.4 実験結果 / p171 (0100.jp2)
  64. 6.5 結言 / p179 (0104.jp2)
  65. 参考文献 / p183 (0106.jp2)
  66. 第7章 押出し成形によるZrO₂ピンゲージの製造 / (0107.jp2)
  67. 7.1 緒言 / p184 (0107.jp2)
  68. 7.2 実験方法 / p185 (0108.jp2)
  69. 7.3 実験結果 / p190 (0110.jp2)
  70. 7.4 結言 / p199 (0115.jp2)
  71. 第8章 Ag被覆YBCO系超電導二重線材の製造 / (0117.jp2)
  72. 8.1 緒言 / p204 (0118.jp2)
  73. 8.2 実験方法 / p206 (0119.jp2)
  74. 8.3 実験結果 / p213 (0122.jp2)
  75. 8.4 結言 / p228 (0130.jp2)
  76. 参考文献 / p231 (0131.jp2)
  77. 総括 / (0132.jp2)
  78. 1 第І部 ファインセラミックスの金型圧縮成形 / p233 (0133.jp2)
  79. 1.1 研究概要 / p233 (0133.jp2)
  80. 1.2 結論 / p234 (0133.jp2)
  81. 2 第II部 ファインセラミックスの押出し成形 / p235 (0134.jp2)
  82. 2.1 研究概要 / p235 (0134.jp2)
  83. 2.2 結論 / p235 (0134.jp2)
  84. 3 第ІІІ部 ファインセラミックスの流動圧縮成形法の応用 / p236 (0134.jp2)
  85. 3.1 研究概要 / p236 (0134.jp2)
  86. 3.2 結論 / p237 (0135.jp2)
  87. 4 流動圧縮成形プロセスの特徴 / p238 (0135.jp2)
  88. 5 バインダの選択 / p240 (0136.jp2)
  89. 6 最適バインダ添加量 / p242 (0137.jp2)
  90. 6.1 最適バインダ添加量存在の理由 / p242 (0137.jp2)
  91. 6.2 所要バインダ添加量の計算 / p246 (0139.jp2)
  92. 7 結言 / p248 (0140.jp2)
  93. 参考文献 / p249 (0141.jp2)
  94. 本論文に関する公表文献 / p250 (0141.jp2)
  95. 謝辞 / p253 (0143.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000098574
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000098803
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000262888
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ