磁気軸受への繰り返し制御の応用に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 大塚, まなぶ オオツカ, マナブ

書誌事項

タイトル

磁気軸受への繰り返し制御の応用に関する研究

著者名

大塚, まなぶ

著者別名

オオツカ, マナブ

学位授与大学

東京大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

甲第9460号

学位授与年月日

1992-03-30

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p5 (0007.jp2)
  2. 序論 / p1 (0011.jp2)
  3. 1.直流制御形磁気軸受の特徴 / p1 (0011.jp2)
  4. 2.本研究の目的と論文構成 / p6 (0016.jp2)
  5. 第1章 5自由度制御形磁気軸受の基本モデル / p10 (0020.jp2)
  6. §1.1 緒言 / p10 (0020.jp2)
  7. §1.2 非干渉条件と状態方程式の導出 / p11 (0021.jp2)
  8. 1.2.1 回転体の運動方程式 / p11 (0021.jp2)
  9. 1.2.2 電磁石吸引力の平衡条件式及び磁気軸受の基本方程式 / p13 (0023.jp2)
  10. 1.2.3 電磁石のバイアス電流に関する非干渉条件の導出 / p16 (0026.jp2)
  11. 1.2.4 状態方程式の導出と電磁石の励磁電流変動分に関する非干渉条件 / p18 (0028.jp2)
  12. §1.3 レギュレータの構成 / p25 (0035.jp2)
  13. §1.4 集中形制御系と分散形制御系 / p29 (0039.jp2)
  14. §1.5 結言 / p31 (0041.jp2)
  15. 第2章 磁気軸受における不つり合い補償 / p32 (0042.jp2)
  16. §2.1 緒言 / p32 (0042.jp2)
  17. §2.2 不つり合い力を考慮した状態方程式 / p33 (0043.jp2)
  18. §2.3 不つり合い力に起因する磁気軸受制御系の振動問題 / p37 (0047.jp2)
  19. 2.3.1 回転体の振れ回り運動 / p37 (0047.jp2)
  20. 2.3.2 励磁電流の回転同期変動 / p38 (0048.jp2)
  21. 2.3.3 電磁石吸引力の回転同期変動 / p39 (0049.jp2)
  22. §2.4 磁気軸受の不つり合い補償法の最近の動向 / p41 (0051.jp2)
  23. 2.4.1 振れ回り運動の抑制 / p41 (0051.jp2)
  24. 2.4.2 慣性主軸周り回転の実現 / p42 (0052.jp2)
  25. 2.4.3 磁気軸受の不つり合い補償法のまとめ / p44 (0054.jp2)
  26. §2.5 結言 / p45 (0055.jp2)
  27. 第3章 逆伝達関数補償法を併用した繰り返し制御による不つり合い補償の理論 / p46 (0056.jp2)
  28. §3.1 緒言 / p46 (0056.jp2)
  29. §3.2 繰り返し制御の原理 / p47 (0057.jp2)
  30. §3.3 磁気軸受への繰り返し制御の適用 / p50 (0060.jp2)
  31. 3.3.1 逆伝達関数補償法を併用した繰り返し制御 / p50 (0060.jp2)
  32. 3.3.2 偏差の収束条件 / p55 (0065.jp2)
  33. 3.3.3 制御対象の入出力の選定 / p56 (0066.jp2)
  34. §3.4 繰り返し制御による軸変位零化制御 / p58 (0068.jp2)
  35. 3.4.1 励磁電流入力補正形軸変位零化制御 / p58 (0068.jp2)
  36. 3.4.2 センサ出力補正形軸変位零化制御 / p59 (0069.jp2)
  37. 3.4.3 繰り返し制御による軸変位零化制御の両方法の比較 / p60 (0070.jp2)
  38. §3.5 繰り返し制御による慣性主軸周り回転 / p62 (0072.jp2)
  39. 3.5.1 励磁電流入力補正形励磁電流変動零化制御 / p62 (0072.jp2)
  40. 3.5.2 センサ出力補正形励磁電流変動零化制御 / p63 (0073.jp2)
  41. 3.5.3 センサ出力補正形吸引力変動零化制御 / p64 (0074.jp2)
  42. 3.5.4 励磁電流入力補正形吸引力変動零化制御 / p65 (0075.jp2)
  43. 3.5.5 繰り返し制御による慣性主軸周り回転の諸方法の比較 / p66 (0076.jp2)
  44. §3.6 結言 / p71 (0081.jp2)
  45. 第4章 逆伝達関数補償法を併用した繰り返し制御における偏差の収束条件の解析と磁気軸受制御系試験装置による実験的検証 / p73 (0083.jp2)
  46. §4.1 緒言 / p73 (0083.jp2)
  47. §4.2 磁気軸受制御系試験装置の機構 / p74 (0084.jp2)
  48. 4.2.1 試験装置の概要 / p74 (0084.jp2)
  49. 4.2.2 試験装置の運動方程式と基本方程式 / p75 (0085.jp2)
  50. §4.3 磁気軸受制御系試験装置システムの構成 / p79 (0089.jp2)
  51. §4.4 収束条件の解析と実験条件 / p83 (0093.jp2)
  52. §4.5 励磁電流入力補正形軸変位零化制御における繰り返し制御の収束条件の解析と実験結果 / p86 (0096.jp2)
  53. 4.5.1 実験方法と軸変位零化制御実験結果 / p86 (0096.jp2)
  54. 4.5.2 収束条件の導出と解析・実験結果 / p89 (0099.jp2)
  55. §4.6 センサ出力補正形軸変位零化制御における繰り返し制御の収束条件の解析と実験結果 / p96 (0106.jp2)
  56. §4.7 励磁電流入力補正形励磁電流変動零化制御における繰り返し制御の収束条件の解析と実験結果 / p101 (0111.jp2)
  57. §4.8 センサ出力補正形励磁電流変動零化制御における繰り返し制御の収束条件の解析と実験結果 / p111 (0121.jp2)
  58. §4.9 結言 / p115 (0125.jp2)
  59. 第5章 集中形制御系を有する5自由度制御形磁気軸受における繰り返し制御による不つり合い補償の実験的検討 / p116 (0126.jp2)
  60. §5.1 緒言 / p116 (0126.jp2)
  61. §5.2 5自由度制御形磁気軸受の構造とシステム構成 / p117 (0127.jp2)
  62. §5.3 逆伝達関数補償法を併用した繰り返し制御の実現方法 / p121 (0131.jp2)
  63. §5.4 軸変位零化制御の実験結果 / p123 (0133.jp2)
  64. §5.5 励磁電流変動零化制御の実験結果 / p129 (0139.jp2)
  65. §5.6 結言 / p138 (0148.jp2)
  66. 第6章 分散形制御系を有する5自由度制御形磁気軸受における繰り返し制御を適用した不つり合い補償の実験的検討 / p139 (0149.jp2)
  67. §6.1 緒言 / p139 (0149.jp2)
  68. §6.2 ユニット形5自由度制御形磁気軸受の構造とシステム構成 / p140 (0150.jp2)
  69. §6.3 不つり合い補償実験結果 / p147 (0157.jp2)
  70. §6.4 結言 / p152 (0162.jp2)
  71. 第7章 磁気軸受を利用した非円形輪郭中ぐり加工への繰り返し制御の応用 / p153 (0163.jp2)
  72. §7.1 緒言 / p153 (0163.jp2)
  73. §7.2 磁気軸受を利用した非円形輪郭中ぐり加工 / p154 (0164.jp2)
  74. §7.3 目標工具刃先軌跡実現のために検討すべき二つの問題 / p159 (0169.jp2)
  75. 7.3.1 目標工具面上軸軌跡生成問題 / p159 (0169.jp2)
  76. 7.3.2 目標ロータ位置姿勢生成問題 / p161 (0171.jp2)
  77. §7.4 工具刃先位置決め制御実験結果 / p165 (0175.jp2)
  78. §7.5 結言 / p169 (0179.jp2)
  79. 第8章 DSPを用いた最小電力消費制御による回転損失低減の実験的検証 / p170 (0180.jp2)
  80. §8.1 緒言 / p170 (0180.jp2)
  81. §8.2 最小電力消費制御系と実験システムの構成 / p171 (0181.jp2)
  82. §8.3 回転体の速度減衰特性測定実験 / p173 (0183.jp2)
  83. 8.3.1 回転系の運動方程式と減衰特性 / p173 (0183.jp2)
  84. 8.3.2 回転速度減衰測定結果 / p174 (0184.jp2)
  85. 8.3.3 減衰係数同定のための解析 / p176 (0186.jp2)
  86. 8.3.4 磁気的損失に関する考察 / p180 (0190.jp2)
  87. §8.4 結言 / p185 (0195.jp2)
  88. 結論 / p186 (0196.jp2)
  89. 謝辞 / p191 (0201.jp2)
  90. 参考文献 / p193 (0203.jp2)
  91. 本論文に関連する公表文献 / p197 (0207.jp2)
  92. 付録A / p199 (0209.jp2)
  93. 付録B / p201 (0211.jp2)
3アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000098576
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000098805
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000262890
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ