経験に基づく学習による仮説推論の高速化に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 牧野, 俊朗 マキノ, トシロウ

書誌事項

タイトル

経験に基づく学習による仮説推論の高速化に関する研究

著者名

牧野, 俊朗

著者別名

マキノ, トシロウ

学位授与大学

東京大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

甲第9479号

学位授与年月日

1992-03-30

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 第1章 序論 / p1 (0005.jp2)
  3. 第2章 仮説推論 / p6 (0010.jp2)
  4. 2.1 論理に基づく仮説推論とは / p6 (0010.jp2)
  5. 2.2 ホーン節における仮説推論 / p9 (0013.jp2)
  6. 2.3 非単調推論としての仮説推論 / p11 (0015.jp2)
  7. 2.4 診断・設計問題への応用 / p14 (0018.jp2)
  8. 2.5 制約条件を利用した仮説推論の高速化 / p16 (0020.jp2)
  9. 2.6 その他の仮説推論の高速化手法 / p25 (0029.jp2)
  10. 2.7 まとめ / p28 (0032.jp2)
  11. 3章 機械学習 / p30 (0034.jp2)
  12. 3.1 機械学習とは / p30 (0034.jp2)
  13. 3.2 類似点に基づく学習 / p31 (0035.jp2)
  14. 3.3 説明に基づく学習 / p37 (0041.jp2)
  15. 3.4 類似推論による学習 / p57 (0061.jp2)
  16. 3.5 各学習法の比較 / p60 (0064.jp2)
  17. 3.6 まとめ / p61 (0065.jp2)
  18. 4章 経験に基づく学習機能を持つ仮説推論システム / p63 (0067.jp2)
  19. 4.1 経験に基づく学習とは / p63 (0067.jp2)
  20. 4.2 仮説推論システムにおける経験 / p67 (0071.jp2)
  21. 4.3 システムの概要 / p68 (0072.jp2)
  22. 4.4 経験からの知識の獲得 / p71 (0075.jp2)
  23. 4.5 学習対象ゴールの決定手法 / p81 (0085.jp2)
  24. 4.6 テスト用知識ベースによる評価 / p88 (0092.jp2)
  25. 5章 学習知識の管理手法 / p90 (0094.jp2)
  26. 5.1 学習による知識の増加に伴う問題点 / p90 (0094.jp2)
  27. 5.2 知識のリフォーメーション / p91 (0095.jp2)
  28. 5.3 リフォーメーションによる効果 / p93 (0097.jp2)
  29. 5.4 リフォーメーションとPrologの処理系との関連 / p106 (0110.jp2)
  30. 5.5 テスト用知識ベースによる評価 / p113 (0117.jp2)
  31. 5.6 さらなる知識管理への考察 / p115 (0119.jp2)
  32. 6章 回路設計問題への適用 / p118 (0122.jp2)
  33. 6.1 本システムが対象とする設計問題 / p118 (0122.jp2)
  34. 6.2 仮説推論による回路設計 / p118 (0122.jp2)
  35. 6.3 ホーン節論理による設計用知識ベース / p120 (0124.jp2)
  36. 6.4 設計動作 / p125 (0129.jp2)
  37. 6.5 学習対象ゴール / p130 (0134.jp2)
  38. 6.6 設計問題における操作性規準 / p131 (0135.jp2)
  39. 6.7 学習によって得られる知識 / p132 (0136.jp2)
  40. 6.7 例による学習の効果の検証 / p136 (0140.jp2)
  41. 7章 結論 / p143 (0147.jp2)
  42. 謝辞 / p146 (0150.jp2)
  43. 参考文献 / p147 (0151.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000098595
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000098824
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000262909
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ