超強磁場における酸化物高温超伝導体の磁化と輸送現象

この論文をさがす

著者

    • 龍原, 潔 タツハラ, キヨシ

書誌事項

タイトル

超強磁場における酸化物高温超伝導体の磁化と輸送現象

著者名

龍原, 潔

著者別名

タツハラ, キヨシ

学位授与大学

東京大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

甲第9491号

学位授与年月日

1992-03-30

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 1.序論 / p1 (0004.jp2)
  2. 2.予備知識 / p5 (0008.jp2)
  3. 2.1.酸化物超伝導体の特徴 / p5 (0008.jp2)
  4. 2.2.磁束のピン止め / p9 (0012.jp2)
  5. 2.3.臨界状態モデル / p18 (0021.jp2)
  6. 2.4.熱的な磁束のクリープ / p20 (0023.jp2)
  7. 2.5.磁束格子の融解 / p32 (0035.jp2)
  8. 2.6.磁束の流れによる抵抗Bardeen-Stehenのモデル / p34 (0037.jp2)
  9. 2.7.YBa2Cu3O7-yとBaxKl-xBiO3の結晶構造 / p36 (0039.jp2)
  10. 3.パルス強磁場の発生とその中での測定技術 / p39 (0042.jp2)
  11. 3.1.磁場発生 / p39 (0042.jp2)
  12. 3.2.パルス磁場中の一般的な測定技術 / p45 (0048.jp2)
  13. 3.3.磁化測定 / p47 (0050.jp2)
  14. 3.4.磁気抵抗測定 / p56 (0059.jp2)
  15. 3.5.過去のパルス強磁場による測定の例 / p59 (0062.jp2)
  16. 4.MPMG法によるYBa2Cu3O7-yの臨界電流特性 / p63 (0066.jp2)
  17. 4.1.序論 / p63 (0066.jp2)
  18. 4.2.磁化の時間依存性 / p66 (0069.jp2)
  19. 4.3.結果 / p71 (0074.jp2)
  20. 4.4.まとめ / p91 (0094.jp2)
  21. 5.ド・ハース・ファン・アルフェン・効果の測定 / p92 (0095.jp2)
  22. 5.1.序論 / p92 (0095.jp2)
  23. 5.2.配向試料作製 / p95 (0098.jp2)
  24. 5.3.測定結果 / p98 (0101.jp2)
  25. 5.4.考察 / p111 (0114.jp2)
  26. 5.5.結論 / p112 (0115.jp2)
  27. 6.Ba0.6K0.4BiO3薄膜の磁気抵抗測定 / p113 (0116.jp2)
  28. 6.1.序論 / p113 (0116.jp2)
  29. 6.2.結果 / p114 (0117.jp2)
  30. 6.3.まとめ / p123 (0126.jp2)
  31. 7.結論 / p124 (0127.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000098607
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000098836
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000262921
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ