アフィニティリガンドと水酸基を有する分離機能材料の開発と評価

この論文をさがす

著者

    • 金, 慜 キム, ミン

書誌事項

タイトル

アフィニティリガンドと水酸基を有する分離機能材料の開発と評価

著者名

金, 慜

著者別名

キム, ミン

学位授与大学

東京大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

甲第9535号

学位授与年月日

1992-03-30

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 本研究の背景と論文の構成 / p1 (0007.jp2)
  3. 本研究の目的 / p2 (0008.jp2)
  4. 第1章 緒論 / p4 (0010.jp2)
  5. 1-1 アフィニティ膜の必要性 / p4 (0010.jp2)
  6. 1-2 アフィニティ膜に関する既往の研究 / p6 (0012.jp2)
  7. 1-3 放射線グラフト重合法によるアフィニティ膜の機能化 / p7 (0013.jp2)
  8. 1-4 膜へ導入するリガンド / p8 (0014.jp2)
  9. 第1部 水酸基を導入した精密濾過膜 / (0025.jp2)
  10. 第2章 水酸基を導入した中空糸状精密濾過膜の透水性能 / p19 (0026.jp2)
  11. 2-1 緒言 / p19 (0026.jp2)
  12. 2-2 実験 / p20 (0027.jp2)
  13. 2-3 結果と考察 / p21 (0028.jp2)
  14. 2-4 まとめ / p24 (0031.jp2)
  15. Appendix グラフト率と透過流束との関係 / p27 (0034.jp2)
  16. 第3章 精密濾過膜へのジオール基の導入によるタンパク質の非選択的吸着量の低減 / p38 (0045.jp2)
  17. 3-1 緒言 / p38 (0045.jp2)
  18. 3-2 実験 / p38 (0045.jp2)
  19. 3-3 結果と考察 / p40 (0047.jp2)
  20. 3-4 まとめ / p41 (0048.jp2)
  21. 第2部 タンニン/ジオール基を導入した精密濾過膜 / (0057.jp2)
  22. 第4章 タンニン固定中空糸状精密濾過膜の開発 / p50 (0058.jp2)
  23. 4-1 緒言 / p50 (0058.jp2)
  24. 4-2 実験 / p51 (0059.jp2)
  25. 4-3 結果と考察 / p52 (0060.jp2)
  26. 4-4 まとめ / p55 (0063.jp2)
  27. 第5章 グラフト鎖上の隣接した水酸基への鉄の吸着 / p63 (0071.jp2)
  28. 5-1 緒言 / p63 (0071.jp2)
  29. 5-2 実験 / p63 (0071.jp2)
  30. 5-3 結果と考察 / p64 (0072.jp2)
  31. 5-4 まとめ / p66 (0074.jp2)
  32. 第3部 リガンドとして疎水性アミノ酸を導入した精密濾過膜 / (0083.jp2)
  33. 第6章 多孔性アフィニティ膜のタンパク質吸着容量 / p75 (0084.jp2)
  34. 6-1 緒言 / p75 (0084.jp2)
  35. 6-2 実験 / p75 (0084.jp2)
  36. 6-3 結果と考察 / p77 (0086.jp2)
  37. 6-4 まとめ / p80 (0089.jp2)
  38. 第7章 疎水性アミノ酸を有する多孔性アフィニティ膜のタンパク質の吸着および溶出挙動 / p87 (0096.jp2)
  39. 7-1 緒言 / p87 (0096.jp2)
  40. 7-2 実験 / p88 (0097.jp2)
  41. 7-3 結果と考察 / p90 (0099.jp2)
  42. 7-4 まとめ / p92 (0101.jp2)
  43. 第8章 擬生物特異的リガンドを有する多孔性アフィニティ膜によるタンパク質の分離 / p102 (0111.jp2)
  44. 8-1 緒言 / p102 (0111.jp2)
  45. 8-2 実験 / p103 (0112.jp2)
  46. 8-3 結果と考察 / p104 (0113.jp2)
  47. 8-4 まとめ / p107 (0116.jp2)
  48. 第9章 本研究の総括と展望 / p121 (0130.jp2)
  49. 9-1 各章の要約 / p121 (0130.jp2)
  50. 9-2 本研究の総括と今後の展望 / p123 (0132.jp2)
  51. 本論文で用いた使用記号および略号 / p126 (0135.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000098651
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000098880
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000262965
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ