気管平滑筋の収縮機構に対する第2メッセンジャーの作用に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 多治見, 政臣 タジミ, マサオミ

書誌事項

タイトル

気管平滑筋の収縮機構に対する第2メッセンジャーの作用に関する研究

著者名

多治見, 政臣

著者別名

タジミ, マサオミ

学位授与大学

東京大学

取得学位

博士 (農学)

学位授与番号

甲第9588号

学位授与年月日

1992-03-30

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 第1章 緒言 / p1 (0006.jp2)
  3. 1-1 気道の生理と病態について / p1 (0006.jp2)
  4. 1-2 平滑筋の収縮機構 / p2 (0007.jp2)
  5. 1-3 平滑筋収縮機構に関する問題点 / p4 (0009.jp2)
  6. 1-4 平滑筋収縮機構に対するcAMPの作用 / p6 (0011.jp2)
  7. 1-5 平滑筋収縮機構に対するcAMPの作用の問題点 / p8 (0013.jp2)
  8. 1-6 本研究の目的 / p9 (0014.jp2)
  9. 第2章 実験材料および実験方法 / p11 (0016.jp2)
  10. 2-1 張力測定実験 / p11 (0016.jp2)
  11. 2-2 細胞内Ca²⁺量測定実験 / p12 (0017.jp2)
  12. 2-3 スキンドファイバー標本を用いた張力測定実験 / p14 (0019.jp2)
  13. 2-4 ミオシン軽鎖の燐酸化量測定実験 / p14 (0019.jp2)
  14. 2-5 Cキナーゼ活性測定実験 / p15 (0020.jp2)
  15. 2-6 使用薬物 / p16 (0021.jp2)
  16. 2-7 統計処理法 / p17 (0022.jp2)
  17. 第3章 気管平滑筋の収縮機構 / p18 (0023.jp2)
  18. 3-1 高濃度K⁺および受容体作動薬の作用とその比較 / p18 (0023.jp2)
  19. 3-2 ホルボールエステルの作用 / p39 (0044.jp2)
  20. 3-3 考察 / p54 (0059.jp2)
  21. 3-4 小括 / p66 (0071.jp2)
  22. 第4章 気管平滑筋の収縮機構に対するcAMPの作用 / p68 (0073.jp2)
  23. 4-1 高濃度K⁺収縮に対する抑制作用 / p68 (0073.jp2)
  24. 4-2 カルバコール収縮に対する抑制作用 / p83 (0088.jp2)
  25. 4-3 ホルボールエステル収縮に対する抑制作用 / p96 (0101.jp2)
  26. 4-4 考察 / p100 (0105.jp2)
  27. 4-5 小括 / p108 (0113.jp2)
  28. 第5章 総合考察 / p110 (0115.jp2)
  29. 5-1 気管平滑筋の収縮機構におけるCa²⁺の役割 / p110 (0115.jp2)
  30. 5-2 気管平滑筋の収縮機構に対するジアシルグリセロールの作用 / p111 (0116.jp2)
  31. 5-3 気管平滑筋の収縮機構に対するcAMPの作用 / p112 (0117.jp2)
  32. 5-4 まとめ / p114 (0119.jp2)
  33. 第6章 要約 / p116 (0121.jp2)
  34. 6-1 気管平滑筋の収縮機構に対するジアシルグリセロールの作用 / p117 (0122.jp2)
  35. 6-2 気管平滑筋の収縮機構に対するcAMPの作用 / p118 (0123.jp2)
  36. 6-3 まとめ / p119 (0124.jp2)
  37. 第7章 引用文献 / p120 (0125.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000098704
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000098933
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000263018
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ