腎髄質における尿濃縮機構の数値シミュレーションによる解析

この論文をさがす

著者

    • 濱田, 泰一 ハマダ, ヤスカズ

書誌事項

タイトル

腎髄質における尿濃縮機構の数値シミュレーションによる解析

著者名

濱田, 泰一

著者別名

ハマダ, ヤスカズ

学位授与大学

東京大学

取得学位

博士 (医学)

学位授与番号

甲第9609号

学位授与年月日

1992-03-30

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 1 はじめに / p3 (0005.jp2)
  3. 2 腎の解剖と生理 / p6 (0008.jp2)
  4. 2.1 ネフロン / p6 (0008.jp2)
  5. 2.2 血管 / p11 (0013.jp2)
  6. 3 尿の生成機序 / p13 (0015.jp2)
  7. 3.1 研究初期における概念 / p13 (0015.jp2)
  8. 3.2 尿生成機序の概説 / p13 (0015.jp2)
  9. 3.3 対向流系(Counter-current system) / p15 (0017.jp2)
  10. 4 モデル1-濃度勾配形成のシミュレーション / p19 (0021.jp2)
  11. 4.1 3コンパートメントモデルの概念 / p19 (0021.jp2)
  12. 4.2 方程式の導出 / p21 (0023.jp2)
  13. 4.3 パラメータ / p37 (0039.jp2)
  14. 4.4 計算の実行及びその他のパラメータ / p39 (0041.jp2)
  15. 4.5 結果 / p42 (0044.jp2)
  16. 4.6 考察 / p52 (0054.jp2)
  17. 5 モデル2-髄質集合管を構成する細胞の不均一性 / p58 (0060.jp2)
  18. 5.1 集合管を構成する細胞の不均一性について / p58 (0060.jp2)
  19. 5.2 モンテカルロシミュレーションのモデル / p59 (0061.jp2)
  20. 5.3 分布関数を設定したモデル / p77 (0079.jp2)
  21. 5.4 考察 / p89 (0091.jp2)
  22. 6 あとがき / p94 (0096.jp2)
  23. 7 Appendix-尿素に対する反発係数測定法の検討 / p97 (0099.jp2)
  24. 7.1 Zero Volume Flux法 / p97 (0099.jp2)
  25. 7.2 モデル / p98 (0100.jp2)
  26. 7.3 結果及び考察 / p100 (0102.jp2)
6アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000098725
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000098954
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000263039
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ