レチノイン酸受容体(RAR)とレチノイドの相互作用-合成レチノイドのRARサブタイプ選択性とRARリガント結合領域の大量調整

この論文をさがす

著者

    • 深沢, 弘志 フカサワ, ヒロシ

書誌事項

タイトル

レチノイン酸受容体(RAR)とレチノイドの相互作用-合成レチノイドのRARサブタイプ選択性とRARリガント結合領域の大量調整

著者名

深沢, 弘志

著者別名

フカサワ, ヒロシ

学位授与大学

東京大学

取得学位

博士 (薬学)

学位授与番号

甲第9648号

学位授与年月日

1992-03-30

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 1章 序 / p1 (0005.jp2)
  3. 1-1 今日のビタミンA研究の背景 / p1 (0005.jp2)
  4. 1-2 レチノイン酸の生理作用 / p3 (0007.jp2)
  5. 1-3 レチノイドの定義 / p4 (0008.jp2)
  6. 1-4 レチノ安息香酸 / p6 (0010.jp2)
  7. 1-5 レチノイド特異的受容体 / p9 (0013.jp2)
  8. 2章 レチノ安息香酸のサブタイプ結合選択性 / p16 (0020.jp2)
  9. 2-1 目的 / p16 (0020.jp2)
  10. 2-2 材料・方法 / p17 (0021.jp2)
  11. 2-3 RAR各サブタイプに対するレチノイドの結合序列 / p22 (0026.jp2)
  12. 2-4 Am80のサブタイプ結合選択性 / p26 (0030.jp2)
  13. 2-5 アミドシリーズ・レチノ安息香酸のRARβに対する結合序列 / p27 (0031.jp2)
  14. 2-6 レチノイドのRAR結合性・選択性に関する考察 / p29 (0033.jp2)
  15. 3章 RARレチノイド結合領域の大腸菌での発現 / p34 (0038.jp2)
  16. 3-1 目的 / p34 (0038.jp2)
  17. 3-2 組み換え蛋白のデザイン-リガンド結合領域での発現- / p36 (0040.jp2)
  18. 3-3 材料・方法 / p39 (0043.jp2)
  19. 3-4 RAR遺伝子組み換え体の発現確認 / p44 (0048.jp2)
  20. 3-5 組み換え体RARのレチノイン酸に対する結合 / p47 (0051.jp2)
  21. 3-6 組み換え体RARに対するレチノイドの結合序列 / p49 (0053.jp2)
  22. 4章 まとめと今後の展望 / p51 (0055.jp2)
  23. 参考文献 / p56 (0060.jp2)
6アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000098764
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000098993
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000263078
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ