色素性乾皮症C群細胞におけるDNA依存性ATPaseの異変

この論文をさがす

著者

    • 柳沢, 純 ヤナギサワ, ジュン

書誌事項

タイトル

色素性乾皮症C群細胞におけるDNA依存性ATPaseの異変

著者名

柳沢, 純

著者別名

ヤナギサワ, ジュン

学位授与大学

東京大学

取得学位

博士 (薬学)

学位授与番号

甲第9651号

学位授与年月日

1992-03-30

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文内容要旨 / (0003.jp2)
  2. もくじ / p1 (0009.jp2)
  3. I 序論 / p4 (0012.jp2)
  4. 1.紫外線によるDNA損傷とE.coliの損傷修復機構 / p5 (0013.jp2)
  5. 2.E.coliのヌクレオチド除去修復エンドヌクレアーゼ / p8 (0016.jp2)
  6. 3.ヒ卜細胞のヌクレオチド除去修復酵素 / p14 (0022.jp2)
  7. II 色素性乾皮症(XP)細胞中のDNA依存症ATPase / p20 (0028.jp2)
  8. 1.色素性乾皮症細胞中の変異DNA依存症ATPaseの検索 / p20 (0028.jp2)
  9. 2.XP-C群細胞中の異常なDNA依存症ATPase / p25 (0033.jp2)
  10. III HeLa細胞からのDNA依存症ATPase Q1,Q2の精製 / p30 (0038.jp2)
  11. 1.DNA依存性ATPase Q1,Q2の精製 / p30 (0038.jp2)
  12. 2.DNA依存性ATPase Q1とQ2の性状解析 / p39 (0047.jp2)
  13. IV XP-C群細胞ではDNA依存症ATPase Q1の溶出塩濃度が変化している / p51 (0059.jp2)
  14. 1.XP-C群細胞で挙動のおかしいのはDNA依存性ATPase Q1かQ2か? / p51 (0059.jp2)
  15. V HeLa細胞、XP-C群細胞からのDNA依存症ATPase Q1の精製 / p67 (0075.jp2)
  16. 1.DNA依存性ATPase Q1の細胞内局在 / p67 (0075.jp2)
  17. 2.DNA依存性ATPase Q1の精製 / p68 (0076.jp2)
  18. 3.HeLa細胞より精製したDNA依存性ATPase Q1とXP-C群細胞より精製したDNA依存性ATPase Q1の性状解析 / p77 (0085.jp2)
  19. 4.XP-C群細胞のATPase Q1は、HeLaのQ1よりも高塩濃度でMono Q columnより溶出する / p80 (0088.jp2)
  20. 5.最終精製標品にATPを加えた場合 / p87 (0095.jp2)
  21. VI まとめと考察 / p93 (0101.jp2)
  22. 1.まとめ / p93 (0101.jp2)
  23. 2.今後の展開 / p99 (0107.jp2)
  24. 3.ERCC遺伝子との関連 / p100 (0108.jp2)
  25. VII 材料と実験方法 / p104 (0112.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000098767
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000098996
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000263081
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ