Superoxide dismutase(SOD)機能モデルの開発 : 低分子Fe錯体のSuperoxideとの反応性と反応機構の解析

この論文をさがす

著者

    • 平野, 智久 ヒラノ, トモヒサ

書誌事項

タイトル

Superoxide dismutase(SOD)機能モデルの開発 : 低分子Fe錯体のSuperoxideとの反応性と反応機構の解析

著者名

平野, 智久

著者別名

ヒラノ, トモヒサ

学位授与大学

東京大学

取得学位

博士 (薬学)

学位授与番号

甲第9665号

学位授与年月日

1992-03-30

注記・抄録

博士論文

目次

  1. Index / (0004.jp2)
  2. Capter1 Introduction / p1 (0006.jp2)
  3. 1.1 酸素と活性酸素 / p1 (0006.jp2)
  4. 1.2 Superoxide Dismutaseとその役割 / p2 (0007.jp2)
  5. 1.3 SODの反応機構 / p4 (0009.jp2)
  6. 1.4 SOD活性を持つ金属錯体の開発とその重要性 / p4 (0009.jp2)
  7. 1.5 TPENとTPAA / p6 (0011.jp2)
  8. 1.6 [化学式]との反応をどう調べるか / p7 (0012.jp2)
  9. Chpter2 FeTPAA類のSOD活性 / p16 (0021.jp2)
  10. 2.1 TPAA類縁体を配位子とする金属錯体のSOD活性 / p16 (0021.jp2)
  11. 2.2 構造活性相関 / p21 (0026.jp2)
  12. 2.3 FeTPAAの反応機構 / p24 (0028.jp2)
  13. 2.4 Fe(II)TPAAの安定度定数 / p27 (0031.jp2)
  14. Chapter3 FeTPENの反応機構 / p28 (0032.jp2)
  15. 3.1 パルスラジオリシス法によるFe(II)TPENと[化学式]との反応機構の解析 / p28 (0032.jp2)
  16. 3.2 Cytc法におけるFeTPENの反応 / p36 (0040.jp2)
  17. 3.3 パルスラジオリシス法によるFe(II)TPENと[化学式]との反応機構の解析 / p43 (0047.jp2)
  18. Chapter4 FeTPENの錯生成 / p52 (0056.jp2)
  19. 4.1 pH滴定法による錯生成定数の決定と水溶液中のspecies distribution / p52 (0056.jp2)
  20. Capter5 Fe(II)TPENのX線結晶構造解析 / p59 (0063.jp2)
  21. 5.1 Fe(II)TPEN(ClO₄)₂の構造 / p59 (0063.jp2)
  22. 5.2 Fe(II)TPEN(PF₆)₂のX線結晶解析 / p61 (0065.jp2)
  23. 5.3 Fe(II)TPENS0₄のX線結晶解析 / p61 (0065.jp2)
  24. 5.4 溶液中のFe(II)TPENS0₄ / p76 (0080.jp2)
  25. 5.5 Fe(II)TPENのspin state / p78 (0082.jp2)
  26. Chapter6 Experimental / p83 (0087.jp2)
  27. Chapter7 References / p91 (0095.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000098781
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000099010
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000263095
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ