金属ポルフィリン誘導体を用いた可視光による光化学的電子伝達反応

この論文をさがす

著者

    • 岡本, 隆伸 オカモト, タカノブ

書誌事項

タイトル

金属ポルフィリン誘導体を用いた可視光による光化学的電子伝達反応

著者名

岡本, 隆伸

著者別名

オカモト, タカノブ

学位授与大学

東京都立大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

甲第302号

学位授与年月日

1993-03-18

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0005.jp2)
  2. 1.緒論 / p1 (0009.jp2)
  3. 1.1.植物の行う光合成 / p1 (0009.jp2)
  4. 1.2.人工光合成構築の試み / p4 (0012.jp2)
  5. 1.3.本研究と他分野との関連―オレフィンの酸化反応について― / p13 (0021.jp2)
  6. 1.4.本研究の目的及び方針 / p16 (0024.jp2)
  7. 2.アンチモン(V)テトラフェニルポルフィリンを増感剤に用いた光電子伝達反応 / p19 (0027.jp2)
  8. 2.1.はじめに / p19 (0027.jp2)
  9. 2.2.実験 / p19 (0027.jp2)
  10. 2.3.アンチモン(V)テトラフェニルポルフィリンの構造確認 / p22 (0030.jp2)
  11. 2.4.オレフィン類を組み込んだ光電子伝達反応 / p32 (0040.jp2)
  12. 2.5.軸配位子の効果 / p38 (0046.jp2)
  13. 2.6.結論 / p42 (0050.jp2)
  14. 3.反応機構の検討一反応性向上の試み / p43 (0051.jp2)
  15. 3.1.はじめに / p43 (0051.jp2)
  16. 3.2.実験 / p44 (0052.jp2)
  17. 3.3.金属オキソ錯体の失括に関する検討 / p47 (0055.jp2)
  18. 3.4.光還元型電子伝達反応の検討 / p49 (0057.jp2)
  19. 3.5.ルチジン添加系における光反応 / p55 (0063.jp2)
  20. 3.6.励起状態におけるSb(V)TPPの挙動 / p57 (0065.jp2)
  21. 3.7.結論 / p64 (0072.jp2)
  22. 4.光還元型電子伝達反応の合成化学的利用―トリフェニルホスフィン添加系における光反応 / p65 (0073.jp2)
  23. 4.1.はじめに / p65 (0073.jp2)
  24. 4.2.実験 / p65 (0073.jp2)
  25. 4.3.シクロヘキセン酸化生成物のの検討一反応性及び生成物分布の変化 / p67 (0075.jp2)
  26. 4.4.酸素源の確認―H₂¹⁸Oを用いた光反応 / p71 (0079.jp2)
  27. 4.5.反応機構の推定―シクロヘキセンートリフェニルホスフイン付加物の合成と反応性の検討 / p74 (0082.jp2)
  28. 4.6.結論 / p77 (0085.jp2)
  29. 5.リン(V)テトラフェニルポルフィリンを増感剤に用いた光電子伝達反応 / p78 (0086.jp2)
  30. 5.1.はじめに / p78 (0086.jp2)
  31. 5.2.実験 / p78 (0086.jp2)
  32. 5.3.リン(V)テトラフェニルポルフィリンの構造確認 / p82 (0090.jp2)
  33. 5.4.オレフィン類を組み込んだ光電子伝達反応―Sb(V)TPPとの比較 / p87 (0095.jp2)
  34. 5.5.光還元型電子伝達反応の検討 / p90 (0098.jp2)
  35. 5.6.励起状態におけるP(V)TPPの挙動 / p93 (0101.jp2)
  36. 5.7.結論 / p104 (0112.jp2)
  37. 6.結論 / p105 (0113.jp2)
  38. 7.総括 / p108 (0116.jp2)
  39. 8.参考文献 / p109 (0117.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000098832
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000099061
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000263146
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ