基本法と会派 : ドイツにおける「会派議会」を巡る憲法上の諸問題

この論文をさがす

著者

    • 苗村, 辰弥, 1963- ナエムラ, タツヤ

書誌事項

タイトル

基本法と会派 : ドイツにおける「会派議会」を巡る憲法上の諸問題

著者名

苗村, 辰弥, 1963-

著者別名

ナエムラ, タツヤ

学位授与大学

九州大学

取得学位

博士 (法学)

学位授与番号

甲第3181号

学位授与年月日

1993-06-29

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 問題の所在 / p4 (0006.jp2)
  3. 第一章「会派議会」の構造 / p16 (0018.jp2)
  4. 第一節「会派議会」としての連邦議会 / p17 (0019.jp2)
  5. (一)憲法上の規定 / p18 (0020.jp2)
  6. (二)連邦議会議事規則上の規定 / p20 (0022.jp2)
  7. (三)「会派議会」の現実 / p32 (0034.jp2)
  8. 第二節「会派議会」の歴史的展開 / p36 (0038.jp2)
  9. (一)「会派議会」の生成と発展 / p36 (0038.jp2)
  10. (二)議事規則による承認 / p42 (0044.jp2)
  11. (三)戦後ドイツにおける「会派議会」の展開 / p45 (0047.jp2)
  12. 第三節「会派議会」の憲法的根拠 / p51 (0053.jp2)
  13. (一)個々の議員の自由 / p52 (0054.jp2)
  14. (二)議事規則制定権 / p57 (0059.jp2)
  15. (三)政党との結び付き / p63 (0065.jp2)
  16. (四)会派の機能と法的性格の多面性 / p68 (0070.jp2)
  17. 第四節 小括 / p74 (0076.jp2)
  18. 第二章「会派議会」の意義 その1-議会の活動能力確保と「会派議会」 / p91 (0093.jp2)
  19. 第一節 連邦議会の任務とその活動能力確保 / p93 (0095.jp2)
  20. (一)連邦議会の憲法上の地位・任務 / p93 (0095.jp2)
  21. (二)連邦議会の活動能力確保 / p96 (0098.jp2)
  22. 第二節 個々の議員の統合主体としての会派 / p109 (0111.jp2)
  23. (一)個々の議員の憲法上の地位・権利 / p110 (0112.jp2)
  24. (二)個々の議員の拘束と陪臣化 / p121 (0123.jp2)
  25. (三)議会の活動能力と「統合の命令」 / p131 (0133.jp2)
  26. 第三節 分業体制の中における会派 / p136 (0138.jp2)
  27. (一)議会の構成原理としての全体会議原則と分業 / p137 (0139.jp2)
  28. (二)委員会制度と会派 / p140 (0142.jp2)
  29. (三)会派内分業 / p149 (0151.jp2)
  30. (四)「会派議会」と「委員会議会」 / p153 (0155.jp2)
  31. 第四節 小括 / p157 (0159.jp2)
  32. 第三章「会派議会」の意義 その2-議会内「少数派」・「反対派」と「会派議会」 / p185 (0187.jp2)
  33. 第一節 議会内「少数派」の地位・権利保障の多義性 / p187 (0189.jp2)
  34. (一)議会内「少数派」の意義 / p187 (0189.jp2)
  35. (二)議会内「少数派」の多義性 / p196 (0198.jp2)
  36. (三)議会内「少数派」の地位・権利保障への視角 / p203 (0205.jp2)
  37. 第二節 議会内「少数派」の地位・権利保障としての「会派議会」 / p207 (0209.jp2)
  38. (一)議会に代表される政治勢力としての会派 / p208 (0210.jp2)
  39. (二)同一政治主義の議員の結合体としての会派 / p213 (0215.jp2)
  40. (三)会派の自立性=機会均等 / p216 (0218.jp2)
  41. 第三節「反対派」と会派 / p228 (0230.jp2)
  42. (一)新たな権力分立論-「政府=与党」対「反対派」 / p230 (0232.jp2)
  43. (二)「反対派」としての会派 / p236 (0238.jp2)
  44. (三)与党会派と野党会派 / p246 (0248.jp2)
  45. 第四節 小括 / p248 (0250.jp2)
  46. 第四章「会派議会」への「挑戦」 / p271 (0273.jp2)
  47. 第一節 ポスト「政党国家論」的状況 / p273 (0275.jp2)
  48. (一)「政党国家論」と「会派議会」 / p274 (0276.jp2)
  49. (二)「政党国家論」批判 / p284 (0286.jp2)
  50. 第二節 基本法三八条一項二文による「会派議会」への「挑戦」 / p293 (0295.jp2)
  51. (一)基本法三八条一項二文の「復権」 / p293 (0295.jp2)
  52. (二)議員・会派の対政党独立性と議員の対会派独立性 / p297 (0299.jp2)
  53. (三)「会派内民主制」か「議会内民主制」か? / p307 (0309.jp2)
  54. (四)会派無所属議員 / p316 (0318.jp2)
  55. (五)連邦議会議事規則一〇条四項における「議員グループ」 / p322 (0324.jp2)
  56. 第三節 小括 / p329 (0331.jp2)
  57. 総括と展望 / p364 (0366.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000098899
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000965489
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000263213
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ