軸力と水平力を受ける鉄骨系柱材の弾塑性挙動に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 津田, 惠吾 ツダ, ケイゴ

書誌事項

タイトル

軸力と水平力を受ける鉄骨系柱材の弾塑性挙動に関する研究

著者名

津田, 惠吾

著者別名

ツダ, ケイゴ

学位授与大学

九州大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

乙第5426号

学位授与年月日

1993-05-26

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 第1章 序論 / p1 (0006.jp2)
  3. §1.1 研究目的 / p2 (0007.jp2)
  4. §1.2 論文概要 / p4 (0009.jp2)
  5. 第1章の参考文献 / p6 (0011.jp2)
  6. 第2章 一定軸力と任意方向水平力を受けるH形鋼柱材の弾塑性挙動 / p7 (0012.jp2)
  7. §2.1 序 / p8 (0013.jp2)
  8. §2.2 実験 / p9 (0014.jp2)
  9. 2.2.1 実験計画 / p9 (0014.jp2)
  10. 2.2.2 試験体 / p9 (0014.jp2)
  11. 2.2.3 加力装置および加力方法 / p11 (0016.jp2)
  12. 2.2.4 測定方法 / p13 (0018.jp2)
  13. 2.2.5 実験結果 / p13 (0018.jp2)
  14. §2.3 解析 / p17 (0022.jp2)
  15. 2.3.1 剛塑性解析 / p17 (0022.jp2)
  16. 2.3.2 柱材の設計式 / p17 (0022.jp2)
  17. §2.4 考察 / p20 (0025.jp2)
  18. 2.4.1 弾塑性挙動 / p20 (0025.jp2)
  19. 2.4.2 最大耐力 / p21 (0026.jp2)
  20. §2.5 結論 / p25 (0030.jp2)
  21. 第2章の参考文献 / p25 (0030.jp2)
  22. 第3章 一定軸力と変動水平力を受ける円形鋼管柱の弾塑性挙動 / p27 (0032.jp2)
  23. §3.1 序 / p28 (0033.jp2)
  24. §3.2 実験 / p30 (0035.jp2)
  25. 3.2.1 実験計画 / p30 (0035.jp2)
  26. 3.2.2 試験体 / p30 (0035.jp2)
  27. 3.2.3 加力装置および加力方法 / p32 (0037.jp2)
  28. 3.2.4 測定方法 / p33 (0038.jp2)
  29. 3.2.5 実験結果 / p34 (0039.jp2)
  30. §3.3 考察 / p38 (0043.jp2)
  31. 3.3.1 弾塑性挙動 / p38 (0043.jp2)
  32. 3.3.2 局部座屈発生時のひずみ / p43 (0048.jp2)
  33. 3.3.3 耐力 / p43 (0048.jp2)
  34. 3.3.4 変形能力 / p49 (0054.jp2)
  35. §3.4 結論 / p51 (0056.jp2)
  36. 第3章の参考文献 / p52 (0057.jp2)
  37. 第4章 一定軸力と変動水平力を受ける角形鋼管柱の弾塑性挙動 / p54 (0059.jp2)
  38. §4.1 序 / p55 (0060.jp2)
  39. §4.2 実験 / p56 (0061.jp2)
  40. 4.2.1 実験計画 / p56 (0061.jp2)
  41. 4.2.2 試験体 / p58 (0063.jp2)
  42. 4.2.3 加力装置および加力方法 / p59 (0064.jp2)
  43. 4.2.4 測定方法 / p59 (0064.jp2)
  44. 4.2.5 実験結果 / p60 (0065.jp2)
  45. §4.3 局部座屈後挙動の解析 / p64 (0069.jp2)
  46. 4.3.1 解析モデルと解析仮定 / p64 (0069.jp2)
  47. 4.3.2 解析方法 / p65 (0070.jp2)
  48. §4.4 考察 / p76 (0081.jp2)
  49. 4.4.1 弾塑性挙動 / p76 (0081.jp2)
  50. 4.4.2 座屈発生時のひずみ度 / p82 (0087.jp2)
  51. 4.4.3 耐力 / p83 (0088.jp2)
  52. 4.4.4 変形能力 / p91 (0096.jp2)
  53. 4.4.5 解析結果の考察 / p93 (0098.jp2)
  54. §4.5 結論 / p97 (0102.jp2)
  55. 付録 1層1スパン骨組の局部座屈後挙動解析 / p98 (0103.jp2)
  56. 第4章の参考文献 / p103 (0108.jp2)
  57. 第5章 一定軸力と変動水平力を受けるコンクリート充填角形鋼管柱の弾塑性挙動 / p106 (0111.jp2)
  58. §5.1 序 / p107 (0112.jp2)
  59. §5.2 実験 / p109 (0114.jp2)
  60. 5.2.1 実験計画 / p109 (0114.jp2)
  61. 5.2.2 試験体 / p110 (0115.jp2)
  62. 5.2.3 加力装置および加力方法 / p112 (0117.jp2)
  63. 5.2.4 測定方法 / p112 (0117.jp2)
  64. 5.2.5 実験結果 / p113 (0118.jp2)
  65. §5.3 考察 / p116 (0121.jp2)
  66. 5.3.1 弾塑性挙動 / p116 (0121.jp2)
  67. 5.3.2 ひずみ挙動 / p121 (0126.jp2)
  68. 5.3.3 曲げ耐力 / p124 (0129.jp2)
  69. 5.3.4 変形能力 / p128 (0133.jp2)
  70. 5.3.5 コンクリート充填鋼管に対する幅厚比の制限値 / p129 (0134.jp2)
  71. §5.4 結論 / p129 (0134.jp2)
  72. 第5章の参考文献 / p130 (0135.jp2)
  73. 第6章 角形鋼管柱,円形鋼管柱およびコンクリート充填角形鋼管柱の変形性能 / p132 (0137.jp2)
  74. §6.1 序 / p133 (0138.jp2)
  75. §6.2 各種規準,指針の検討 / p134 (0139.jp2)
  76. 6.2.1 構造計算指針・同解説 / p134 (0139.jp2)
  77. 6.2.2 建築耐震設計における保有耐力と変形性能(1990) / p139 (0144.jp2)
  78. 6.2.3 鋼構造限界状態設計規準(案)・同解説 / p141 (0146.jp2)
  79. §6.3 結論 / p142 (0147.jp2)
  80. 第6章の参考文献 / p142 (0147.jp2)
  81. 第7章 一定軸力と繰返し曲げを受ける鋼・コンクリート合成断面の終局状態 / p143 (0148.jp2)
  82. §7.1 序 / p144 (0149.jp2)
  83. §7.2 解析 / p145 (0150.jp2)
  84. 7.2.1 問題の設定および解析仮定 / p145 (0150.jp2)
  85. 7.2.2 解析方法 / p146 (0151.jp2)
  86. §7.3 解析結果と考察 / p150 (0155.jp2)
  87. 7.3.1 解析パラメータ / p150 (0155.jp2)
  88. 7.3.2 結果と考察 / p150 (0155.jp2)
  89. §7.4 結論 / p159 (0164.jp2)
  90. 第7章の参考文献 / p159 (0164.jp2)
  91. 第8章 総括 / p161 (0166.jp2)
  92. 謝辞 / p166 (0171.jp2)
4アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000098924
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000099154
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000263238
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ