Mechanism of action of ginsenoside Rh[2] : uptake and metabolism of ginsenoside Rh[2] by cultured B16 melanoma cells ジンセノサイドRh[2]の作用機構 : 培養B16黒色腫細胞による取り込みと代謝

この論文をさがす

著者

    • 太田, 隆英 オオタ, タカヒデ

書誌事項

タイトル

Mechanism of action of ginsenoside Rh[2] : uptake and metabolism of ginsenoside Rh[2] by cultured B16 melanoma cells

タイトル別名

ジンセノサイドRh[2]の作用機構 : 培養B16黒色腫細胞による取り込みと代謝

著者名

太田, 隆英

著者別名

オオタ, タカヒデ

学位授与大学

金沢医科大学

取得学位

博士 (医学)

学位授与番号

乙第116号

学位授与年月日

1992-06-11

注記・抄録

博士論文

0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000099013
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000099243
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000263327
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ