幼児の日常的生物学

この論文をさがす

著者

    • 稲垣, 佳世子, 1944- イナガキ, カヨコ

書誌事項

タイトル

幼児の日常的生物学

著者名

稲垣, 佳世子, 1944-

著者別名

イナガキ, カヨコ

学位授与大学

お茶の水女子大学

取得学位

博士 (人文科学)

学位授与番号

乙第26号

学位授与年月日

1993-03-19

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 第1章 問題 / p1 (0005.jp2)
  3. 第2章 生物-無生物の区別 / p15 (0019.jp2)
  4. 実験2-1:生物学的属性付与の判断ルールに関する縦断的研究 / p22 (0026.jp2)
  5. 実験2-2:植物と無生物の区別 / p29 (0033.jp2)
  6. 結論 / p41 (0045.jp2)
  7. 第3章 人間との類推 / p42 (0046.jp2)
  8. 実験3-1:擬人化による類推の存在とその効用 / p45 (0049.jp2)
  9. 実験3-2:擬人化による類推の抑制 / p55 (0059.jp2)
  10. 実験3-3:擬人化による類推の効用と限界 / p63 (0067.jp2)
  11. 一般的討論 / p72 (0076.jp2)
  12. 第4章 飼育動物との類推 / p78 (0082.jp2)
  13. 実験4-1:飼育動物との類推 / p81 (0085.jp2)
  14. 実験4-2:飼育動物との類推と人間との類推の併用の効果 / p97 (0101.jp2)
  15. 結論 / p106 (0110.jp2)
  16. 第5章 非意図的な因果的説明:生物学的現象と心理的現象の区別 / p108 (0112.jp2)
  17. 実験5-1:修正・制御可能性における心と体の働きの区別 / p114 (0118.jp2)
  18. 実験5-2:身体機能の説明の発達 / p122 (0126.jp2)
  19. 実験5-3:幼児における生気論的因果による説明への選好 / p130 (0134.jp2)
  20. 実験5-4:生物学的現象と心理的現象に対する因果的説明の弁別的適用 / p140 (0144.jp2)
  21. 結論 / p146 (0150.jp2)
  22. 第6章 人間との類似性に基づく推論様式の発達的変化:幼児期以降の発達 / p147 (0151.jp2)
  23. 実験6-1:推論様式の発達的変化-集団データの分析を通して / p153 (0157.jp2)
  24. 実験6-2:推論様式の発達的変化-個人データの分析を通して / p171 (0175.jp2)
  25. 実験6-3:類似性の基づく推論vs.非カテゴリに基づく推論 / p179 (0183.jp2)
  26. 実験6-4:大人における類似性に基づく推論の存在-反応時間を用いた実験 / p184 (0188.jp2)
  27. 結論 / p193 (0197.jp2)
  28. 第7章 結論 / p195 (0199.jp2)
  29. 実験結果の要約 / p195 (0199.jp2)
  30. 幼児の日常的生物学の特徴:利点と限界 / p200 (0204.jp2)
  31. 教育への示唆 / p204 (0208.jp2)
  32. 引用文献 / p213 (0217.jp2)
  33. 謝辞 / p220 (0224.jp2)
3アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000099069
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000965495
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000263383
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ