Studies on the pathogenesis and treatment of fulminant hepatic failure

この論文をさがす

著者

    • 永木, 正仁 ナガキ, マサヒト

書誌事項

タイトル

Studies on the pathogenesis and treatment of fulminant hepatic failure

著者名

永木, 正仁

著者別名

ナガキ, マサヒト

学位授与大学

岐阜大学

取得学位

博士 (医学)

学位授与番号

甲第247号

学位授与年月日

1992-12-22

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文目録 / (0001.jp2)
  2. I)Effects of intraperitoneal transplantation of microcarrier-attached hepatocytes on D-galactosamine-induced acute liver failure in rats / p78 (0007.jp2)
  3. II)Significance of tumor necrosis factor (TNF) and interleukin-1(IL-1)in the pathogenesis of fulminant hepatitis:Possible involvement of serine protease in TNF-mediated liver injury / p448 (0015.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000099220
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000099450
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000263534
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ