「発話者としての<私>」の生成の場 : 心理療法における転移

この論文をさがす

著者

    • 伊藤, 良子, 1945- イトウ, ヨシコ

書誌事項

タイトル

「発話者としての<私>」の生成の場 : 心理療法における転移

著者名

伊藤, 良子, 1945-

著者別名

イトウ, ヨシコ

学位授与大学

京都大学

取得学位

博士 (教育学)

学位授与番号

乙第8257号

学位授与年月日

1993-07-23

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0005.jp2)
  2. はじめに / p1 (0010.jp2)
  3. 序論 / p10 (0019.jp2)
  4. 第I部 転移について / p27 (0036.jp2)
  5. 第1章 Freud,S.における転移と死の欲動 / p28 (0037.jp2)
  6. 第2章 Klein,Mにおける転移 / p39 (0048.jp2)
  7. §1.転移の源 / p39 (0048.jp2)
  8. §2.Kleinの「幻想論」とJung,C.Gの「普遍的無意識」 / p45 (0054.jp2)
  9. 第3章 Winnicott,D.W.における転移 / p54 (0063.jp2)
  10. §1.過去の現存としての転移 / p54 (0063.jp2)
  11. §2.Winnicottの分析場面の“setting”とJungの「無意識的同一化」 / p61 (0070.jp2)
  12. 第4章 Jung,C.G.における転移 / p68 (0077.jp2)
  13. §1.「無意識的同一化」における転移 / p68 (0077.jp2)
  14. §2.JungとFreudの転移の相異点 / p77 (0086.jp2)
  15. 第5章 La can, J.における転移 / p88 (0097.jp2)
  16. §1.転移と言葉 / p88 (0097.jp2)
  17. §2.転移と無意識,反復,欲動 / p92 (0101.jp2)
  18. 第6章 転移:治療関係における<相互性>と<非対称性> / p112 (0121.jp2)
  19. 第II部 臨床例による考察 / p129 (0138.jp2)
  20. 第7章 転移と<見ること>-自閉症児の転移- / p130 (0139.jp2)
  21. §1.はじめに / p130 (0139.jp2)
  22. §2.現象論:自閉症児における「自閉」-<見ること>との関わりにおいて(事例.A.B.C) / p133 (0142.jp2)
  23. §3.本質論:乳児における<私>の発見と「自閉」-身体像との関わりにおいて / p147 (0156.jp2)
  24. §4.治療論:治療上の主要な観点 / p153 (0162.jp2)
  25. §5.治療例(事例D.E.F.) / p156 (0165.jp2)
  26. §6.自閉症児の転移と<見ること> / p181 (0190.jp2)
  27. 第8章 転移における「父」と「母」-言語発達遅滞児の治療例- / p195 (0204.jp2)
  28. §1.はじめに / p195 (0204.jp2)
  29. §2.事例の概要(事例G.) / p198 (0207.jp2)
  30. §3.治療経過 / p200 (0209.jp2)
  31. §4.外的状況からの患児の内的世界の検討 / p225 (0234.jp2)
  32. §5.治療技法と治療過程の考察 / p232 (0241.jp2)
  33. §6.発活者としての<私>の生成-横軸の転移から継転の転移へ- / p240 (0249.jp2)
  34. 第9章 子どもの言葉に現れた母親の無意識-登校拒否児の母親面識による治療例- / p250 (0259.jp2)
  35. §1.はじめに / p250 (0259.jp2)
  36. §2.母親の無意識と子どもの言葉 / p251 (0260.jp2)
  37. §3.事例の概要(事例H.I.J) / p255 (0264.jp2)
  38. §4.母と子の想像的関係と子どもの言葉 / p275 (0284.jp2)
  39. §5.言葉の受関 / p292 (0301.jp2)
  40. §6.転移の場に生じる言葉 / p295 (0304.jp2)
  41. 第10章 転移と「死の欲動」 / p303 (0312.jp2)
  42. §1.はじめに / p303 (0312.jp2)
  43. §2.Freudの「死の欲動」論 / p305 (0314.jp2)
  44. §3.「死の欲動」概念の導入の契機 / p310 (0319.jp2)
  45. §4.Freudの「死の恐怖」とその超克 / p312 (0321.jp2)
  46. §5.「死の欲動」論に内包された治療的意味(事例K.L.M.) / p325 (0334.jp2)
  47. §6.「死の欲動」と発活者としての<私> / p347 (0356.jp2)
  48. 第11章 箱庭表現の深さと<私>の生成-「眠れる少年」の治療例- / p357 (0366.jp2)
  49. §1.はじめに / p357 (0366.jp2)
  50. §2.事例の概要(事例N) / p359 (0368.jp2)
  51. §3.治療過程とその検討 / p361 (0370.jp2)
  52. §4.箱庭表現の潔さ / p396 (0405.jp2)
  53. §5.転移の場における<私>の生成 / p404 (0413.jp2)
  54. 結論 / p415 (0424.jp2)
  55. 参考文献 / p432 (0441.jp2)
  56. あとがき / p458 (0467.jp2)
4アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000099363
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000965512
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000263677
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ