契約規範の構造と展開

この論文をさがす

著者

    • 潮見, 佳男, 1959- シオミ, ヨシオ

書誌事項

タイトル

契約規範の構造と展開

著者名

潮見, 佳男, 1959-

著者別名

シオミ, ヨシオ

学位授与大学

京都大学

取得学位

博士 (法学)

学位授与番号

乙第8258号

学位授与年月日

1993-07-23

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p7 (0008.jp2)
  2. まえがき(著者解題) / p1 (0005.jp2)
  3. 第一部 債務履行過程の基本構造 / (0014.jp2)
  4. 第一章 履行義務論の現況と問題性 / p2 (0015.jp2)
  5. 一 緒論 / p2 (0015.jp2)
  6. 二 給付義務・付随義務概念の混線 / p3 (0015.jp2)
  7. 三 納付義務・付随義務概念の中間的概念としての有用性 / p3 (0015.jp2)
  8. 四 債務発生原因から遮断された義務構造論の問題性 / p5 (0016.jp2)
  9. 五 給付義務・付随義務アプローチ(義務構造論)の進路 / p6 (0017.jp2)
  10. 六 規範「構造論」の民法解釈方法論上への位置付け / p7 (0017.jp2)
  11. 第二章 債務関係における給付と給付義務 / p12 (0020.jp2)
  12. I 給付義務をめぐる我国の学説の現況 / p12 (0020.jp2)
  13. II 納付義務をめぐるドイツ民法理論 / p18 (0023.jp2)
  14. III 給付行為・納付結果に対する給付義務の関係 / p43 (0035.jp2)
  15. 第三章 履行過程における付随義務 / p52 (0040.jp2)
  16. I 付随義務をめぐる我国の学説の現況 / p52 (0040.jp2)
  17. II 付随義務をめぐるドイツ民法理論 / p57 (0042.jp2)
  18. III 債務履行過程における付随義務 / p73 (0050.jp2)
  19. IV 結びに代えて-主たる給付義務・従たる給付義務・具体的行為義務相互の関係- / p82 (0055.jp2)
  20. 第四章 債務履行過程における完全性利益の保護構造 / p85 (0056.jp2)
  21. I 問題の所在 / p85 (0056.jp2)
  22. II ドイツにおける完全性利益の契約的保護の系譜 / p89 (0058.jp2)
  23. III 履行過程における完全性利益保護構造の分析視角 / p130 (0079.jp2)
  24. IV 履行過程における完全性利益の保護構造 / p140 (0084.jp2)
  25. V 結びに代えて-安全配慮義務論への示唆- / p156 (0092.jp2)
  26. 第五章 履行義務論と債務発生原因論との接続 / p162 (0095.jp2)
  27. 第二部 瑕疵担保・積極的債権侵害論への反省と展望 / (0099.jp2)
  28. 第一章 特定物売買での質的瑕疵と「特定物ドグマ」論 / p172 (0100.jp2)
  29. I 問題の所在 / p172 (0100.jp2)
  30. II 特定物の質的瑕疵に関する売主の担保責任の法的性質論 / p173 (0100.jp2)
  31. III 神戸地裁昭和六一年九月三日判決の概要 / p178 (0103.jp2)
  32. IV 建売住宅の瑕疵と「瑕疵のない特定物を給付する義務」-担保責任本質論との関連で‐ / p181 (0104.jp2)
  33. V 神戸地裁昭和六一年判決へのフィード・バック / p191 (0109.jp2)
  34. VI 結びに代えて-特定物ドグマ論争と瑕疵担保責任の内容 / p193 (0110.jp2)
  35. 第二章 特定物売買における数量不足の法的処理-最高裁昭和四三年判決と昭和五七年判決との関係- / p198 (0113.jp2)
  36. I 問題の所在 / p198 (0113.jp2)
  37. II 数量不足の担保責任に関する学説史 / p201 (0114.jp2)
  38. III 裁判例における数量指示売買 / p216 (0122.jp2)
  39. IV 数量不足の場合の売主の責任 / p224 (0126.jp2)
  40. V 結びに代えて-他の問題領域との接合- / p232 (0130.jp2)
  41. 第三章 請負の瑕疵担保責任の法的性質と損害賠償 / p235 (0131.jp2)
  42. I 問題の所在 / p235 (0131.jp2)
  43. II 請負の瑕疵担保責任に関する民法典制定当時の理解 / p236 (0132.jp2)
  44. III 学説継受と通説的見解の確立-売買と請負の瑕疵担保責任の質的区別と連続性 / p238 (0133.jp2)
  45. IV 通説的見解への反省-瑕疵担保責任の要件・効果の再構成 / p240 (0134.jp2)
  46. V 判例実務における請負の瑕疵担保責任と損害賠償 / p243 (0135.jp2)
  47. VI 請負の瑕疵担保責任の法的性質 / p246 (0137.jp2)
  48. 第四章 安全配慮義務の縮減理論(要件論) / p254 (0141.jp2)
  49. I 分析の視角 / p254 (0141.jp2)
  50. II 後藤判事の見解と最高裁判例 / p256 (0142.jp2)
  51. III 安全配慮義務の履行補助者(その1)-履行補助者責任の構造論- / p260 (0144.jp2)
  52. IV 安全配慮義務の具体的内容 / p263 (0145.jp2)
  53. V 安全配慮義務の履行補助者(その2)‐履行補助者の具体的確定- / p268 (0148.jp2)
  54. VI 安全配慮義務違反の要件事実 / p272 (0150.jp2)
  55. VII 結びに代えて / p278 (0153.jp2)
  56. 第五章 主たる給付義務違反により生じた拡大損害の帰責理論-第二次的完全性利益侵害の法的処理- / p282 (0155.jp2)
  57. I 問題の所在 / p282 (0155.jp2)
  58. II 最高裁昭和五九年二月十六日判決の概要 / p284 (0156.jp2)
  59. III 第二次的完全性利益侵害の法的処理 / p288 (0158.jp2)
  60. 索引 / p1 (0170.jp2)
9アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000099364
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000965513
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000263678
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ